ストレス 健康・メンタル

「泣く」のストレス解消効果は絶大!涙活を実践して心をスッキリさせよう!

こんにちは、馬の出産映像を見てたら涙が出てきたワチイツキです。

みなさんが最後に泣いたのはいつですか?

最近?それともずっと泣いてない?

大人になると泣くことを我慢するようになってくるんですが、近年、巷では「涙活(るいかつ)=涙を流す活動」への注目が高まっています。

その訳は、現代人の大きな悩みであるストレスの解消効果が絶大だから。

私も心が参っていた頃にワイフワークに取り入れて実践してみたところ、確かに泣けた後って不思議と気分がスッキリしていました。

そこで今回は、ストレス解消法を探してる人向けに、心を感動の涙で洗い流す「涙活」について紹介します。

涙活ってなに?

「涙活(るいかつ)」というのは、読んで字の如く「涙を流す活動」のこと。

実業家の寺井広樹(てらい ひろき)さんが提唱した活動で、能動的に涙を流すことでストレス解消を図る目的があります。

近年その注目が高まってきたことから、泣ける映画を鑑賞したり朗読を聞くという、意識的に泣くための涙活イベントまで多く開催されるようになりました。

涙活を一緒に実践した仲間を「涙友」と呼ぶそうですよ。

 

「泣く」となぜストレスを解消できるのか

人間の身体というのは自律神経の働きで調節されています。この自律神経には、活動中や緊張してるとき活発になる「交感神経」と、リラックスできてるときに活発になる「副交感神経」の2種類あります。

しかし、ストレスが高まると相反する神経に乱れが生じ、交感神経が優位に立つことによってストレスホルモンが分泌されやすくなるんです。そうなると、緊張状態が続くことで脈拍や血圧が急上昇してしまいます。

この交感神経の緊張をゆるめてストレス解消するには、副交感神経を優位に働かせてリラックスさせる必要があるんです。

これには「眠る」ことが一番の方法なのですが、実はそれと同じ効果が「泣く」「涙を流す」でも発揮されることが分かったんです。

交感神経が優位に働いてる状態で涙を流すことで、副交感神経へとスイッチを切り替えることができます。

ストレス社会に生まれた現代人は交感神経が活発な人が非常に多いんです。そのため、発散できないままストレスを過剰に溜め込み、鬱や不眠に悩まされることになり、脳も常に疲労状態。

だからこそ、泣くという「涙活」で副交感神経を優位に働かせて、脳をリラックスさせてあげることが大切なんです。

 

「笑い」よりもストレス解消効果は高い

以前、「笑い」にはスゴイ効果がたくさんあるよ、ということを書いた記事を投稿しました。

知ってた?11月17日は将棋の日【由来・イベント・楽しみ方を紹介】

✓将棋の日って?どのように生まれたの? ✓将棋の日はいつ? ✓どんな楽しみ方がある? こんな疑問を解消します。   みなさんは将棋を指して遊んだことありますか?最近は、将棋界に旋風を巻き起こ ...

続きを見る

笑うことは免疫力アップ、血行促進、脳の活性化など健康を高めてくれるのですが、ことストレス解消に関しては泣くことのほうが高い効果を得られます。

意外ですよね。

私もこれを知ったときにはちょっと驚きました。でも、よくよく思い返してみると、確かに笑ったときより泣けた後の方が気持ちはスッキリしてたかなと。

また、効果の持続時間も泣いたときの方が長いようで、涙を1滴流すだけでもストレス解消効果は1週間も続くと言われています。

 

効果が“ある”涙と“ない”涙がある

ただし、どんな涙でも効果があるわけではないようです。

例えば、目にゴミが入ったせいで涙が出たり、ドライアイに冷たい風が当たって涙が出ることもありますが、この涙を流したところでストレスが解消されることはありません。

まあ、当然ですよね。

では、ストレス解消に効果があるのはどんな種類の涙かというと、それはずばり「感情の涙」。

感情のこもっていない涙とは違い、感情を激しく揺さぶられたときに流した涙なら、たとえ涙を浮かべたり一滴流しただけでもストレス軽減につながります。

 

泣くことが苦手な人はどうすればいいの?

とは言っても、すぐ泣けるのならいいのですが、誰も彼もが簡単に泣けるわけではありませんよね。泣くことが苦手な人だってたくさんいます。

大人は泣くことを我慢する

子供は感情に素直だからよく泣きますが、大人になるとなかなか泣けなくなります。泣きそうになってもグッと堪えて涙が流れるのを我慢しようとします。

子供のころに比べて感情表現が乏しくなっていると感じてる人も少なくないでしょう。ストレスにしろ泣くことにしろ、それらを我慢することが大人として正しい対応だと思ってしまうんですよね。

そのため、成長するにつれ自分のためには泣けなくなってきます。

その反面、大人になると涙もろくなるとも言います。あれは自分のストレスによる涙ではなく、誰かや何かに共感したときに流す涙であることが多いです。

大人になると「共感」による涙は流しやすくなるんです。逆に子供は共感では流しにくかったりします。

涙もろくなると自分は老けたなと言う人いますけど、あれは決して老化ではありませんからね。多くの経験や様々な苦労を重ねてきたことによって、他者に気持ちを通わせる共感力が身に付いてるんです。

涙もろくなるのはその証。

この共感による涙は人間しか流せない涙。せっかくの能力なんだから上手く活かしてストレスを解消してしまいましょう。

 

男性は泣くことが恥ずかしい

また、男性は女性と比べるとよく泣く人は少ないですよね。

大人の男性というのは泣くことが「情けない」「恥ずかしい」と思ってしまう傾向が強いようで、より泣くことを我慢してしまうようです。

そのため、男性はストレスをひたすら自分の中に溜め込んでしまう傾向があるとのこと。

でもですね、涙を流す人を心が弱いと感じる人よりも、優しくて人間味のある人だと感じる人の方が多いんですよ。

男が泣くなんて情けない・恥ずかしいと思ってる人も多いかもしれませんが、涙を流すことは決して悪いことではありませんし、マイナスイメージは意外と弱いということを知っておいてください。

一人で泣くこともいいですけど、たまには恋人や友人や家族で涙を流せる時間を作ってみて、一緒に泣いてみるのもいいかもしれませんよ。

ストレスを解消できるだけではなく、感情を共有することによって絆はより深まるかと。

 

それでも泣けない場合はどうすれば?

でもやっぱり泣けない・・・。

そういう時もありますわな。

涙活はセロトニンという脳内物質を活性化させて癒やしを作り出すことが目的。つまり、それさえできるのならば、泣いたときと同じ効果を得られるということ。

気になるその方法というのは、お手軽なところでは人の肌の温もりを感じられるマッサージやエステ。

私みたいにマッサージが苦手だという人なら、ペットなど動物と触れ合うことでもリラックス・癒やい効果を期待できます。

相手が人間でも動物でも、誰かと直接顔を合わせて言葉を交わしたり触れ合ったりすることでも、脳のストレスは軽減されるそうです。

 

それから、泣くのを苦手としてる人でも、ライフワークとして泣ける時間と環境をつくってみることはおすすめです。

それを続けることによって、泣くことへのマイナスイメージを和らげることができ、「泣いてもいいんだ」と意識を変えることで泣きやすくなることもあります。

涙活では、とにかく「涙を堪える」「泣くことを我慢する」はご法度。泣きたいときには我慢せずおもいっきり泣くことが大切です。

 

まとめ

ストレス解消には泣くことが効果的。

辛い気持ちは涙にして全て洗い流してしまうつもりで、たまにはおもいっきり泣いてみましょう。

週に一回でも実践してみることで、心をスッキリさせることができます。

現代人はストレスを感じやすい環境で生きてるので、早いうちにケアしておくことが大切です。

おわり。

-ストレス, 健康・メンタル

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5