ストレス

思いやりの心を持つとストレスが緩和され、幸福度と共感力が増幅する

こんにちは、ワチイツキです。

何かをきっかけにストレスを感じた際、楽しいことや癒されることに触れて気持ちを整えてる人は多いと思います。

正直なところ、そのような時は自分ことでいっぱいっぱい。誰かを気遣う余裕すらないのかもしれません。

しかし、他者を”思いやる”という行為には、ストレスを和らげ、幸せな気分を増幅する作用が秘められているのです。

それも、相手の幸せを祈る、感謝するくらいの事で十分。

この記事では、「誰かへの思いやりがなぜストレスを和らげる事に繋がるのか」についてお話していきます。

誰かを思いやると自分のストレスが緩和される

他者のためを思っての行動をした後は、不思議と朗らかな気持ちになりませんか?

別に綺麗ごとを言ってるのではなく、どうやらこれは思いやりの精神が身体と心にもたらす健康効果なのだそうです。

アメリカの心理学者が行った研究によると、他人への思いやりに時間を費やした人は、そうでない人に比べて死亡リスクが低下しました。思いやりがストレスからの回復力を高めることに繋がったんです。

いったい何が影響を及ぼしたのでしょうか?

 

誰かを思いやりとオキシトシンが分泌される

思いやりがもたらしたモノは、近年では幸福ホルモンとも呼ばれている『オキシトシン』。

ストレスや健康に加えて、美容&ダイエットにも効くことから広く注目されています。

オキシトシンとは

実はこのオキシトシンというのはストレスホルモン。しかし、分泌されると精神と身体に良い影響を与え、イライラを抑制して沈んだ気持ちを明るくしたり、ストレスでダメージを負った心臓の細胞を再生する働きもあると言われています。

で、どうやら他者を思いやることに時間を費やすと、オキシトシンの分泌がされるそうなんです。

ちなみに、このオキシトシンは好きな人とハグしたり、ペットと触れ合うだけでも増加します。そのため、「抱擁ホルモン」なんて呼ばれ方をすこともありますね。

 

相手の幸せを心で考えると幸福度が高まる

さらに、アイオワ州立大学の心理学教授、ダグラス・ジェンタイル氏が主導した大学生496人を対象にした研究でも、思いやりは良い精神状態に繋がることを報告しています。

すれ違う人の幸福を心の中で望んだグループは、相手を見下したグループよりも、不安感が減少して精神状態が良くなり、他者との繋がりを強めたことで思いやる気持ちが増加したとのことです。

しかも、この結果は対象者の性別による違い、個人の性格による違いの影響はなかったというのだから驚き。

つまり、誰かを思いやることに時間を使えると、

  • ストレスが和らぐ
  • 人間関係の状態を良くする
  • 自分自身も幸せな気分になれる

このような効果を得やすくなるかもしれません。

直接触れ合うわけではなくても、人と人とのつながり、心と心のつながりが健康や幸福の鍵とも言えます。他人への愛情が幸福度を高めるというのの素敵ですね。

では、具体的に自分たちは何をすればいいのでしょうか?

 

相手の心と行動に目を向ける

大切なことは、単純に”相手を想う”でしょうね。

ストレス状態のときは自分のことで精一杯でしょうが、相手の心に寄り添う気持ちを持ち、言動や行動に目を向けるように意識する。

ポイントは以下の通り▼

  • 相手の心に自分の心を傾け、相手の行動に目を向ける
  • 誰かの幸せを祈り、その姿をイメージする
  • 些細なことにも感謝の気持ちを持つ
  • 自分の為ではなく、誰かの為の行動をする
  • 人と触れ合い、コミュニケーションを交わす

など

誰かを思いやったり、誰かに感謝するだけでも、オキシトシンの分泌は促されることは既に研究で判明しています。

また、人と触れ合うことでも同様にオキシトシンは分泌されるので、知人や友人とコミュニケーションを交わしたり、家族とスキンシップをとることでも、幸福度や共感度は増幅しますよ。

お互いに助け合えることができたなら、オキシトシンの分泌量はさらに増えそうですね。

その結果、不安感とストレスを和らげ、精神と身体の健康促進に繋がり、共感力を高め、幸福度が増幅。

この仕組みと効果は本当に素晴らしいことだと思います。

 

ストレス対処の鍵は”思いやり”

今回は、誰かのための思いやりがストレス緩和に繋がり、幸せな気分になれる理由についてお話しました。

この記事のポイントは以下の通り▼

  • 誰かへの思いやりがストレスを緩和し、死亡リスクを下げる
  • 思いやりに時間を費やすと幸福ホルモン「オキシトシン」が分泌する
  • 思いやりの精神と感謝の気持ちが大切

ただ、人間関係そのものがストレスに感じる人がいるのも確か。

無理して他者と触れ合おうとしてもストレスを高めてしまう可能性があるので、別の対処法を試した方が健康的でしょう。

人とのふれ合いに幸せを感じてる人はたくさんいると思います。事実、その行為には幸福ホルモンを分泌する作用があり、誰かを思いやることに時間を使うと自身のストレスを減らすことができます。

自分のことでいっぱいいっぱいかもしれませんが、気が向いた時でもいいので誰かの幸福を祈ってみてはいかがでしょうか。

ココがポイント

 

-ストレス

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5