7月 8月

暑中見舞いと残暑見舞いはいつからいつまで?【挨拶状の書き方と文例もご紹介】

 

暑中見舞いと残暑見舞いの時期とハガキの書き方・文例

✓暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?
✓暑中見舞いと残所見舞いはいつ?
✓はがきの書き方は?

こんな疑問を解消します。

 

「暑中見舞い」と「残暑見舞い」は、夏の暑い時期に知人やお世話になってる方に出す季節の便り。相手の健康の気遣いと近況報告などを兼ねたあいさつ状です。

しかし、いざ出そうとするといつ出せばいいのか分からなかったり、挨拶状をどう書けばいいのか分からず困ってる方も多いかもしれません。

 

この記事では、暑中見舞いと残暑見舞いの意味と時期、挨拶状の書き方と文例をご紹介します。

『暑中見舞い』と『残暑見舞い』とは

日本では古くから、季節の変わり目に知人やお世話になった相手に季節の挨拶状を出す風習がありました。夏の便りとして出すのが暑中見舞いと残暑見舞いです。

 

ハガキを出すのが一般的。時候・季節の挨拶、安否伺い、近況報告をするのが目的です。

暑中見舞いも残暑見舞いも内容自体に違いはありません。それ故、2つを混同されてる方もいらっしゃるかもしれませんが、両者は明確に異なるものです。

POINT

  • 「暑中」とは1年で最も暑さが厳しい時期
  • 「残暑」とは立秋を過ぎても暑さが残る頃

この時期というのが、両者を明確に分ける大事なポイントになります。

 

暑中見舞いが生まれた経緯

暑中見舞いの風習が始まったのは江戸時代。お盆のご先祖様へのお供え物が変化したものだと言われています。

昔はお盆に里帰りをする際、ご先祖様にお供え物を持参していました。次第にお世話になっている人にも贈るようになり、贈り物も夏バテを防ぐ食べ物へと変わり、現在の「お中元」として受け継がれています。

 

このお中元が簡略化されて、手紙・ハガキで挨拶をやり取りする形になったのが暑中見舞いと残暑見舞い。

ちなみに、お中元の時期が遅れてしまった場合には、表書きを「暑中見舞い」「残暑見舞い」と記すのがマナーです。

 

お中元の詳細はこちらの記事をご覧ください▼

お中元はいつからいつまで?贈るのを忘れた時は?【お中元基礎知識とマナーを解説】

 

暑中見舞いと残暑見舞いを出す期間はいつからいつまで?

一般的な期間はこちら▼

  • 梅雨明けから8月初旬までが「暑中見舞い」
  • 立秋から8月末までが「残暑見舞い」

以降でそれぞれの日付と期間をもう少し具体的に見ていきましょう。

 

暑中見舞いの期間

二十四節気における「小暑(7月7日頃)」から、「立秋前日(8月6日頃)」までに送ります。

気を付けるポイントは、暑中見舞いは梅雨が明けてから送るのが一般的なところ。ここでいう梅雨明けとは、自分の地域ではなく送る相手の地域を指します。梅雨明けの時期は地域差があるので、暑中見舞いを出す際は気を付けましょう。

また、立秋は年によって1日前後するのでカレンダーで確認するようにしてください。

MEMO

暑中見舞いの具体的な日付は7月7日~8月6日頃まで。

 

残暑見舞いの期間

立秋の前日までが暑中期間となるので、残暑見舞いは「立秋(8月7日頃)」から8月の末までに送ります。

8月末に出せばいいというわけではありません。8月末までに相手の元へ届くように送ってください。近年は9月、10月に入っても暑い日は続きますが、それでも残暑見舞いは8月中に送るのがマナーです。

MEMO

残暑見舞いの具体的な日付は8月7日頃~8月31日まで。

 

したがって、暑中見舞いから残暑見舞いに切り替わるポイントは「立秋(8月7日頃)」となります。

立秋が過ぎてもまだまだ暑い日々は続いており、8月が過ぎても各地で連日猛暑日が観測されています。「暑中見舞い」と「残暑見舞い」の時期はくれぐれも間違えないように注意してください。

 

二十四節気の詳細はこちらの記事をご覧ください▼

季節の便り「二十四節気」の意味と一覧【七十二候との関係も簡単に解説】

 

暑中見舞いと残暑見舞いの書き方&文例

決まった形式は特にありませんが、基本的な文の構成は暑中見舞いも残暑見舞いも同じです。

暑中見舞いと残暑見舞いの書き方と文例

POINT

  1. 季節の挨拶
  2. 時候の挨拶や先方の安否を気遣う言葉
  3. 近況報告・お礼文・結びの挨拶
  4. 日付

この4つのブロックで構成されています。

 

<①季節のあいさつ>

  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お伺い申し上げます
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • 残暑お伺い申し上げます

<②時候のあいさつ、先方の安否を気遣う言葉>

■暑中見舞い

  • 猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 梅雨が明けて本格的な夏がやってまいりましたが、ご壮健にお暮らしでいらっしゃいますか。
  • 大暑の候、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。

■残暑見舞い

  • 立秋とは名ばかりの暑い日が続く毎日ですが、皆様お変わりございませんか。どうぞお元気で過ごされますよう。
  • 夏の疲れが出やすい頃ですが、お元気にお過ごしでしょうか。
  • 残暑の候、ご無沙汰しております。熱帯夜が続く異常な暑さでしたが、ご体調はいかがでしょうか。

<③近況報告・お礼・結びのあいさつ>

ご自身やご家族の近況報告、お礼の言葉。

 

結びのあいさつは、相手の健康を気遣い、無事を祈る一言。

■結びのあいさつ:暑中見舞い

  • 暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
  • 暑さはこれからが本格的です。水分と栄養をしっかりと補給し、この夏を乗り切ってください。

■結びのあいさつ:残暑見舞い

  • 秋はまだ遠く感じられるこの頃、ご無理はなさらず、お身大切にお願い申し上げます。
  • これからも暑い日が続きますので、お身体を大切に、くれぐれもご自愛ください。

<④日付>

正確な日付を記すのではなく、下記のような書き方をします。

暑中見舞い・・・「令和○○年成夏」

残暑見舞い・・・「令和○○年晩夏」「令和○○年立秋」「令和○○年葉月」

 

暑中見舞いや残暑見舞いでは「拝啓」や「敬具」は使用しません。

 

今年の夏は「暑中見舞い」や「残暑見舞い」を書いて送ってみよう!

共に夏の挨拶である「暑中見舞い」と「残暑見舞い」。混同されることも多い2つですが、出す時期や書く内容を把握して正しく送るのが大人のマナーです。

 

ただ、年賀状や他の季節の便りに比べて、それなりに自由な表現を許されているコミュニケーションツール。

冒頭の「暑中(残暑)お見舞い申し上げます」と時候の挨拶を守りさえすれば、後はそこまでガチガチに形式にこだわらなくてもいいので、あなたの近況報告を記すなどプライベート感を強くしても大丈夫です。

 

電話やメール、SNSで簡単に挨拶や安否確認ができる時代。だからこそ手間をかけた季節の挨拶状というのは、相手に良い印象を与えやすくなります。

古くから伝わる日本の良き風習です。ぜひ今年の夏は暑中見舞いや残暑見舞いを送ってみてはいかがでしょうか。

-7月, 8月
-,

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5