7月 8月

お盆のお供えにピッタリな”花”の種類と選び方【気を付けるべきマナーも解説】

お盆に備える花の種類・選び方・飾る際のマナーを解説

✓お盆にお供えする花は?
✓お盆花の選び方ってあるの?
✓お盆でお花を供えるときのマナーは?

こんな疑問を解消します。

 

お盆はご先祖様や故人の魂を供養する行事。あの世から帰って来たご先祖様が現世の家族や子孫たちと一緒に過ごします。ご先祖様をお迎えするにあたって欠かせないのが”お供え用の花”。

お盆に仏壇やお墓にお供えする花はどんな種類がいいのでしょうか?避けるべき花やお供えする際のマナーも気になります。

 

この記事では、お盆に供える花の種類と選び方、そしてお供え時のマナーについてご紹介します。

お盆に仏壇やお墓にお供えする花の選び方は?

お盆のお供えとして飾る花の選び方

まずは、お盆に飾る花の選び方について解説します。

色は三色(白・黄・紫)か五色(白・黄・紫・赤・ピンク)が基本

仏事にお供えする花の色に厳格の決まりはありませんが、落ち着いた色合いでまとめるのが良いとされています。

  • 「白・黄色・紫」がメインの三色構成がオーソドックス
  • 差し色として「赤・ピンク」を加えた五色構成

五色にした方が明るく見栄えもよくなり、バランス的にもまとまりがよくなります。

 

ただし、初盆の場合は白を基調とした淡い色の花でまとめるのが一般的です。

 

飾った際のバランスも考慮して選ぶ

お墓の前には花瓶の代わりとなる供えた花をたてておく「花立」があり、通常は左右に1つずつ用意されています。

花立には正面から見て花が”左右対称”になるように飾ります。なので、飾った際の花のバランスも考えて選ぶことが大切です。

 

また、花立はあまり大きくないので、花を飾れないほどたくさん用意しないように気を付けてください。

 

亡くなった方が好きだった花や好きな色の花を選ぼう

お盆の花には定番やマナーが少なからずあります。しかし、お盆はあくまでご先祖様や故人を偲び供養することが目的。最低限のマナーさえ守れば、必ずしも定番やルールにこだわる必要はありません。

 

故人が生前好きだった花、好きな色をご存知の場合は、仏壇やお墓にその花を飾るのも良いでしょう。

もちろん周りのお墓に迷惑が掛かるような花や飾り方はNGですが、なるべく故人が飾ってもらえたら嬉しい花をお供えしてあげてください。

 

お盆のお供え用に最適な花の種類

お盆花にピッタリの花の種類

まず、基本的にお供えの花の種類に決まりはありません。しかし、仏事に選ばれやすい定番の花、あまり相応しくない花はあるので確認していきましょう。

キク(菊)

お盆をはじめとしたお供え用の花の定番といえばキク。弔事全般でよく用いられる花なので、迷ったときはキクを選んでおけば間違いありません。

 

お供えの花にキクが選ばれる理由▼

  • 花が枯れやすい夏場でも花持ちが良い
  • 枯れる際も花びらが散りにくく周囲を汚しにくい
  • 昔から邪気を祓う力があると信じられてきた

また、菊の花はカラーバリエーションも豊かです。仏花に最適とされる白や黄色。アクセントになる赤やピンク。爽やかなブルーなどさまざま。

このような理由から日本では伝統的に菊が仏花に選ばれてきました。お盆のお供え用としては非常に選びやすい花なのです。

 

リンドウ(竜胆)

古くから日本で親しまれてきたリンドウも仏花に人気の花です。青や青紫のリンドウが一般的ですが、他にもお供え用に入れやすい白やピンクの種類もあります。

花言葉は「あなたの悲しみに寄り添う」。

お盆の時期に咲く季節の花として、昔からお供えに用いられてきました。派手過ぎずしとやかな美しさを持つところも選ばれている理由。

 

ミソハギ(禊萩)

紫色の小さな花を穂状に咲かせる可憐な花。別名「精霊花」「仏様花」とも呼ばれており、お盆に飾られる代表的な花のひとつです。

 

ミソハギはちょうどお盆のころに開花する季節の花。耐暑性・耐寒性ともに優れる非常に丈夫な花です。

さらに、「ミソハギについた露をお盆に帰ってくる仏様が好む」「仏様は水がほしくてもミソハギについた露でなければ口にされない」など、お盆に供える花にぴったりの言い伝えも残っています。

 

ユリ(百合)

優雅で凛とした姿が目を引くユリも、キクと同じく仏教行事では人気の花。結婚式の花束にもよく用いられています。

 

おすすめの品種は、白色の大輪を咲かせるユリの女王「カサブランカ」。

華やかでかつ気品があり、キクと同じで日持ちするからお仏壇やお墓を飾るのにぴったりです。ユリを中心として他の花を合わせるのが良さそう。

その他にも、黄色やピンクなどユリは様々な種類があります。

 

カーネーション

母の日の象徴でもあるカーネーションも、お供えによく選ばれている花の一つ。日本では赤色のカーネーションが有名ですが、他にも、ピンク、黄色、オレンジ、紫があります。

 

黄色や紫でも良いのですが、お供え用としてならやはり白色のカネーションがおすすめ。

白カーネーションの花言葉は「私の愛情は生きている」。込められた意味もお盆という行事性にマッチしています。供養の気持ちと故人に対する愛情を同時に表してるかのような花です。

 

その他のお盆に相応しい花

ここまでご紹介した花以外にも、お盆花として相応しい花はたくさんあります。例えば……

  • 紫の花が咲き、お盆の頃に最盛期となる「桔梗」
  • 黄色やオレンジなど温か味のある色の花をつける「キンセンカ」
  • 青紫の優雅な花で、「よい便り」という花言葉を持つ「アイリス」
  • 大ぶりで華やかさのある白やピンクの花が咲く「グラジオラス」

これらもお盆花としてよく選ばれている人気の花です。

 

お盆花には向かないとされている花

一方で、お盆のお供えにはあまり向かないとされているNGの花もあります。注意すべきポイントは以下の3つ。

POINT

  1. トゲのある花(バラ、アザミなど)
  2. 毒のある花(水仙、ヒガンバナなど)
  3. 香りが強烈な花(ヤマユリなど)

怪我や死など不吉なことを連想させたり、周囲に迷惑を掛けてしまうものは、お墓参りに限らず仏事全般で避けられる傾向にあります。

 

また、上記の3要素には当てはまりませんが、「椿」も避けた方がいいかもしれません。花がポトリと散る様子が「首が落ちる」様子を連想させてしまうからです。

ただし、故人が好きだった花なら、迷惑にならないように配慮さえすればお供えしても構いません。例えば、バラであればトゲは全て落としてからお供えしましょう。

 

花をお供えするときに気を付けたいマナー

お盆花を供える際の気を付けたいマナー

続いて飾る際のマナーやルールについてお話します。

花の本数

お盆など仏事にお供えする花の本数は、3本、5本、7本など”奇数”にするのが良いとされています。

その理由は、日本には「偶数→陰数、奇数陽数」とする風習があるから。偶数は「割り切れる数字」であり、それが「故人と縁が切れる」と連想されるので偶数は控えましょう。

 

花は左右にお供えするので、2束で1対として用意します。

お墓の花立はさほど大きくないので、花は多すぎても入りません。花はだいたい3~7本くらいの本数が丁度良いでしょう。

 

飾るときの花の向き

飾る際の花の向きにもポイントがあります。

POINT

  1. 向下相 ⇨ 供養する人の方を向くように飾る
  2. 向上相 ⇨ 仏様の方を向くように飾る
  3. 向中相 ⇨ 四方八方に向くように飾る

3つの内どれが正しいのかと言うと、これは地域や宗派、ご家庭によって異なります。

 

一般的には①の供養する側に花を向ける向下相の地域が多いです。

故人の魂を供養するためなので向上相が正しいように思えるでしょうが、仏花は仏様の慈悲の心を表したものだと考えられています。

仏様の慈悲をいただくという意味で供養する側に向けて飾られるようです。また、供養する人の心を清めるという意味もあります。

 

生花ではなく造花を供えても良いの?

造花はマナー違反のように思われるかもしれませんが、お盆花は造花でも一応問題ありません。地域によっては昔から造花をお供えしているケースもあります。

 

お盆に備える花として大事なポイントは「長持ちする(花持ちが良い)」こと。

枯れた花を飾るのは気分の良いものではありませんし、周囲からの印象も悪く、片付けの手間も増えます。特に夏場は暑さで花が枯れやすいため、枯れる心配がない造花を飾るのは合理的と言えます。

 

もちろん生花には造花にない生きた美しさがあり、枯れる姿にも命の尊さを感じられるという良い点があります。

また、造花は「死に花」とも呼ばれるため、相応しくないという意見も。どちらを選んでも間違いではないので、ご家庭の都合や考え方を考慮して選んでください。

 

お盆に帰ってくる故人の魂が喜ぶ花を選ぼう

お盆に仏壇やお墓にお供えする花には、実は絶対の正解はありません。最低限のマナーを守り、周りの迷惑にならない花であれば、どんな花でも大丈夫です。

それでも、地域や宗派のしきたりや風習は一応確認しておいた方がいいでしょう。

 

難しく考えずに故人が生前好きだった花や色にするのも一つの選択肢です。どうしても決められない場合は、菊やミソハギ、リンドウのような定番の花がおすすめ。

何より大切なのは故人を偲び供養する想いと感謝の気持ち。それさえ心掛けておけば大丈夫です。お盆には想いを込めた花をお供えして、ご先祖様の魂をお迎えしてください。

 

お盆の関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

お盆の関連記事まとめ

-7月, 8月
-

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5