7月

七夕の願いを叶える短冊の書き方と5つのおまじない【短冊は色によって意味が違う】

✓七夕のパワーにあやかりたい!
✓願いが叶うおまじないは?
✓短冊って何色でもいいの?

このような七夕の願い事についてお応えします。

 

七夕といえば「短冊」。つまり願い事。誰しも一度は短冊に願い事を書いたことがあるのではないでしょうか?

「織姫」と「彦星」が1年に1度の逢瀬を交わす日ともあって、何だか本当に願いが叶うような気がしてきます。そんな七夕の神秘パワーにあやかりたいと、強い想いを抱いてる方もおられるのでは?

 

そこで今回は、七夕の願い事をグっと引き寄せる短冊の書き方、短冊以外の”おまじない”をご紹介します。

七夕の願いが届く短冊の書き方

願いが叶う短冊の書き方5つのコツ

短冊に願い事を書く際のポイントをまとめましたので参考にしてください。

 

#1 短冊は願い事の種類に合う色を選ぶ

七夕の短冊は、基本的に「青(緑)・赤・黄・白・黒」の”五色”。ただし、黒は縁起が良くないという考えもあるため、黒の代わりに「紫」を用いるのが一般的。

 

短冊が五色なのは古代中国の思想「陰陽五行説」の影響を受けているからです。「木・火・土・金・水」の5つの要素があり、それぞれ「木=青、火=赤、 土=黄、金=白、水=黒(紫)」となります。

さらに、五行には”孔子”が説いた「五徳(仁・礼・信・義・智)」が結びついているのも特徴。

 

つまり、色と結びついている”徳に合う願い事”を書くのが良いというわけです。

五色 五徳 意味
青(緑) 自分の成長、人間力の向上、周囲への感謝に関すること
両親や先祖、目上の人への感謝に関すること
人間関係に関すること
規則を守る、達成すると決心した事に関すること
黒(紫) 学業成就に関すること

まずは、あなたの願い事に合う短冊の色選びから始めましょう。

 

#2 願い事は「~になる!」と断言(宣言)する

次に、七夕に限らず願い事全般に言えるポイントとして、「断言する」「言い切る」ことが大切。

 

願い事を書くと「~になりますように」とか「〇〇したい」というように、クリスマス的な言い回しになりがちではないでしょうか。この願い方は七夕的にはあまりよろしくありません。

七夕の短冊に書く内容というのは、願い事であると同時に自らの努力で達成したい目標であることも多いからです。

POINT

「〇〇になる!」「〇〇をする!」

このように断言したり宣言したりハッキリ意思表明する書き方が吉。

ふわっとした願いを書くより、断定的な願い方のほうが叶いやすくなる(達成しやすくなる)と言われています。

 

#3 否定的・マイナスな言葉は使わない

今のの苦しい状況から抜け出したいときにも神様にお祈りしたくなりますよね。そのため、「苦しい」「辛い」「お金がない」みたいに、ネガティブな気持ちも出してしまうことも多いのでは?

しかし、願いを叶えたいならマイナス・否定的な言葉は使わないように心掛けた方がいいです。

 

肥満の悩みを例とするなら、以下のように書くと良いでしょう▼

✖ 「健康に悪い肥満体型を治したい」

〇 「スッキリしたスタイルを手に入れる!」「健康な体になる!」

このように、七夕の願い事はできるだけ気持ちが前向きになるように、ポジティブに書く方がいいですよ。

 

#4 イメージしやすいように内容は具体的に書く

次は、イメージの力を活用する方法。これは前述した「断言する」にも繋がる話となります。

 

願いもしくは夢が叶った姿を明確にイメージして、潜在意識に刷り込むことでその現象を引き寄せるというものです。

野球のイチローやサッカーの本田圭祐など、世界的に活躍しているスポーツ選手が実践しているという話をよく聞きます。

 

POINT

リアルなイメージを作れるように、なるべく短冊の願い事も具体的に書くのがポイント。

✖ 「願いが叶いますように」「志望校に合格しますように」

このように抽象的な表現ではなくもっと具体的にしましょう。

〇 「〇〇大学に合格する」「プロのサッカー選手になる」

願いを具体的にして明確なイメージを作れると、成就までの道がみえやすくなり、さらなるステップアップに繋がりやすくなります。

注意点は、上述したようにネガティブな感情まで書き出してしまうと、その実現性まで高めかねないという点。

 

#5 油性ペンを使う

神秘性の欠片もないポイントになりますが、願い事はなるべく「油性ペン」を使って書くようにしましょう。

 

というのも、現在の一般的な七夕の時期は「7月7日」。梅雨真っ只中であることも多いため、せっかく書いた願い事が雨に濡れて消えてしまう可能性もなくはないからです。

「願いが消える」というのは非常に縁起が悪いので、水に濡れても消えない油性ペンで書くことをおすすめします。

 

短冊以外の簡単にできる「七夕のおまじない」

七夕の短冊以外のおまじない

七夕のおまじない1:星映し

「星映し」という七夕ならではのおまじないをご存知でしょうか?これは、星空を見ることができる晴れた七夕の夜にしか出来ないおまじないです。

POINT

水を張った器を持って外に出て、器の中を覗きます。水に七夕の2つの星「織姫と彦星」が映っていれば願い事が成就するという、とてもロマンチックなおまじない。

願い事の内容に決まりはありませんが、恋愛成就や縁結びにピッタリのおまじないですね。

 

ただこのおまじないには大きな問題が一つあります。七夕の7月7日といえばまさに梅雨真っ盛りの時期。めったに晴れることはなく、残念ながら星が出ない可能性は高いといえます。

それだけに達成困難なレアなおまじないなので、もし七夕が晴れて星空が見えたならぜひ試してみてください。

 

七夕のおまじない2:クモの巣を使ったおまじない

これは蜘蛛の巣を使った”好きな人からプロポーズ・告白される”という恋愛成就のおまじない。ただし、蜘蛛を捕まえる必要があるため、蜘蛛・虫が苦手な人には厳しいおまじないでもあります。

 

必要なのは「蜘蛛」と「箱」だけ。

POINT

七夕の朝に蜘蛛を捕まえ(巣を張ってる蜘蛛が良い)、その蜘蛛を箱の中に入れて1日放置。

翌朝、箱の中で巣を作っていれば成功(巣が大きければ大きいほど良い)。

おまじないに強力してもらった蜘蛛はちゃんと逃がしてあげましょう。

 

七夕のおまじない3:金銀の短冊のおまじない

金銀の短冊を使った”両想いになれる”おまじないです。

 

用意するのは「金色・銀色の折り紙」と「ペン」と「笹」。

金銀の短冊を使ったおまじない手順

  1. 折り紙を短冊の形に切る
  2. 金色の短冊の裏側に好きな人の名前を書く
  3. 銀色の短冊の裏側に自分の名前を書く
  4. 2つの短冊の名前を書いた側をノリでくっつけて1つの短冊にする
  5. 笹に飾って完成

とても簡単にできる恋愛のおまじないなので、片思いを成就させたい方は試してみてはいかがでしょうか。

 

七夕のおまじない4:7度のおまじない

次に紹介するのは「7度のおまじない」という方法。

POINT

七夕当日、朝起きてから寝るまでの間に同じことを7回繰り返すと願いが叶う。

例えば「7回拍手する」「7回筋トレする」「7回歌う」など。

繰り返す内容は何でもいいです。

 

とにかく同じことを「7回」繰り返すことが重要。7回同じことを繰り返してるとき、心の中で叶えたい願いをイメージしながら実践してください。

とても取り組みやすいおまじないなので是非試してみてください。

 

七夕のおまじない5:五色の短冊を用いた復縁のおまじない

最後に、5色の短冊を使った”究極”と噂されている「復縁」のおまじないをご紹介します。

 

用意するのは「五色(青、赤、黄、白、黒)の短冊」と「油性ペン」と「笹」。

五色の短冊を使ったおまじない手順

  1. 青の短冊|別れた理由
  2. 赤の短冊|付き合ってた時に相手に感謝した事
  3. 黄の短冊|決して相手を悲しませないという誓い、約束
  4. 白の短冊|復縁が成功した際に相手にしてあげたい事
  5. 黒(紫)の短冊|あなたと相手の名前
  6. 七夕当日、1~5を番号順に心で願いを込めながら笹に飾る
  7. 翌日、短冊と笹を回収して処分したら完了

短冊と笹はゴミとして処分して構いません。

 

もし、まだ別れた相手に未練を持っていたり、悔いを残しているのなら試してみてはいかがでしょうか。

 

七夕パワーにあやかって願い事を届けよう!

七夕はもともと裁縫や手習い事の上達を祈願する行事でした。現在はそのお願いの内容に決まりはなく、金運や健康はもちろん、彦星と織姫伝説にあやかった恋愛成就など、さまざまな願いが込められています。

 

短冊にしてもそれ以外のおまじないにしても、たかがおまじないと侮るなかれ。願い事を書いてイメージを明確にイメージにすることによって、願いや夢の成就に至る道が見えやすくなります。おまじないパワーに頼ってみるのも悪くありませんよ。

 

七夕は織姫と彦星が一年に一度だけ会える特別な日。願い事をするにはぴったりの日です。ここで紹介した方法や書き方のコツはどれも簡単なものばかりなので是非試してみてください。今年の七夕はいつもより想いを強く込めて願い事をしてみてはどうでしょうか。

 

七夕の関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

七夕の関連記事まとめ

-7月
-

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5