7月

七夕の願い事を叶える短冊の書き方&おまじない【短冊の色にはそれぞれ意味がある!】

七夕のパワーにあやかりたい!
願いが叶うおまじないみたいなものってある?
短冊って何色でもいいの?

このような七夕の願い事についてお応えします。

 

七夕といえば『短冊』、つまり『願い事』。誰しも一度は短冊に願い事を書いたことがあるのではないでしょうか?

「織姫」と「彦星」が1年に1度の逢瀬を交わす日。特別な日ですので、何だか本当に願いが叶うような気もしてきます。

中には、そんな七夕の神秘パワーにあやかりたい、強い想いを抱いてる方もおられるのでは?

 

そこで今回は、七夕の願い事をグっと引き寄せる短冊の書き方、短冊以外の”おまじない”をご紹介します。

願いが届く短冊の書き方

願いが叶う短冊の書き方5つのコツ

#1 短冊は願い事の種類に合う色を選ぶ

七夕の短冊は、基本的に「青(緑)・赤・黄・白・黒」の”五色”。

但し、黒は縁起が良くないという考えも多く、黒の代わりに「紫」を用いるのが一般的です。

 

短冊が五色なのは古代中国の思想「陰陽五行説」の影響を受けています。

「木・火・土・金・水」の5つの要素それぞれは、「木=青、火=赤、 土=黄、金=白、水=黒(紫)」と表しています。

さらに、五行には”孔子”が説いた「五徳(仁・礼・信・義・智)」が結びついているのです。

 

つまり、色と結びついている”徳に合う願い事”を書くのが良いというわけです。

五色 五徳 意味
青(緑) 自分の成長、人間力の向上、周囲への感謝に関すること
両親や先祖、目上の人への感謝に関すること
人間関係に関すること
規則を守る、達成すると決心した事に関すること
黒(紫) 学業成就に関すること

まずは、願い事に合う短冊の色を選びましょう。

 

#2 願い事は「~になる!」と断言(宣言)する

次は七夕に限らず願い事全般に関わるコツですが、「断言する」ことです。

特に七夕の短冊に書く内容というのは、願い事であると同時に自らの努力で達成する目標でもあります。

 

願い事を書くと、「~になりますように」とか「〇〇したい」のように、クリスマス的な言い回しになりがちですが、七夕にはよろしくないです。

POINT

「〇〇になる!」「〇〇をする!」…みたいに断言、或いは宣言的に、意思表明のような書き方が◎

ふわっとした願いより、断定的な願い方のほうが叶いやすくなると言われています。

 

#3 否定的・マイナスな言葉は使わない

現在の苦しい状況から脱却したいとき、神様にお祈りしたくなりますよね。

そのため、「苦しい」「辛い」「お金がない」みたいに、今のネガティブな気持ちも一緒に込めたくなるかもしれませんが、マイナス・否定的な言葉は一切使う必要ありません。

 

例えば

✖ 「健康に悪い肥満体型を改善する」

よりも、

〇 「スッキリしたスタイルを手に入れる!」「健康な体になる!」

というように、ポジティブに書く方が七夕にはふさわしいです。

 

#4 イメージしやすいように内容は具体的に書く

次は、「断言する」と繋がる話ですが、イメージの力を活用する方法。

 

願い、もしくは夢が叶った姿を明確にイメージして、潜在意識に刷り込むことで、その現象を引き寄せるというものです。

野球のイチローやサッカーの本田圭祐など、世界的に活躍しているスポーツ選手が実践している話をよく聞きます。

 

POINT

リアルなイメージを作れるように、なるべく短冊の願い事も具体的に書くことが大切。

例えば――

✖ 「願いが叶いますように」「志望校に合格しますように」

みたいな抽象的な表現ではなく、

〇 「〇〇大学に合格する」「世界一のサッカー選手になる」

具体的にして明確なイメージを作れると、成就までの道がみえやすくなるので、さらなるステップアップに繋がります。

 

注意点は、上述したようにネガティブな感情まで書き出してしまうと、その実現性まで高めかねないので気を付けてください。

 

#5 油性ペンを使う

神秘性の欠片もないコツになりますが、願い事は「油性ペン」で書くようにしましょう。

 

というのも、現在の一般的な七夕の時期は「7月7日」。梅雨真っ只中であることも多いため、雨がよく降る時期。

せっかく書いた願い事が、雨に濡れて消えてしまう可能性もなくはないです。

 

「願いが消える」というのは、縁起も印象もよろしくないので、水に濡れても消えない油性ペンで書いた方がいいですよ。

 

短冊以外の簡単にできる「おまじない」

七夕の短冊以外のおまじない

七夕のおまじない1:星映し

「星映し」という七夕ならではのおまじないをご存知でしょうか?

晴れた夜にしか出来ないおまじないです。

 

POINT

器に水を張って外へ行き、器の中を覗いて、水に七夕の2つの星「織姫と彦星」が映っていればば、願い事が成就するという、ロマンチックなもの。

特に恋愛のお願い事に効果的とされています。

 

ただ、七夕は梅雨の時期のため、晴れること自体が少なく、星が見えない可能性は高いです。

逆に捉えれば、それだけレアなおまじないとも言えるので、七夕の夜に星が見えたら是非実践してみてください。

 

七夕のおまじない2:七夕七度まじない

次に紹介するのは「七夕七度まじない」という方法。

 

POINT

七夕当日、朝起きてから寝るまでの間に、「7回拍手する」「7回筋トレする」「7回歌う」…など、同じことを7回繰り返すというもの。

 

繰り返すことは何でもいいです。とにかく同じことを「7回」繰り返すことが重要。

とても取り組みやすいおまじないですので、やってみてください。

 

七夕のおまじない3:五色の短冊を用いた復縁のおまじない

最後に、究極と噂されている「復縁」のおまじないをご紹介します。

 

用意するのは、「五色(青、赤、黄、白、黒)の短冊」と「油性ペン」と「笹」。

手順

  1. 青の短冊|別れた理由
  2. 赤の短冊|付き合ってた時に相手に感謝した事
  3. 黄の短冊|決して相手を悲しませないという誓い、約束
  4. 白の短冊|復縁が成功した際に相手にしてあげたい事
  5. 黒(紫)の短冊|あなたと相手の名前
  6. 七夕当日、1~5を番号順に心で願いを込めながら笹に飾る
  7. 翌日、短冊と笹を回収して処分したら完了

短冊と笹はゴミとして処分して構いません。

 

もし、まだ付き合っていた相手に未練があったり、悔いを残しているのなら、試してみてはいかがでしょうか。

 

七夕パワーにあやかって願い事を届けよう!

七夕は、もともと裁縫や手習い事の上達を願う行事でした。

最近だとお願いは多種多様になっていますが、自分の向上にまつわるお願いをした方がいいそうです。

 

短冊にしても、他の方法にしても、たかがおまじない。されどおまじないです。

願い事を書き、明確にイメージできると、願いや夢の成就に至る道が見えてくるようになります。おまじないパワーもあなどれませんよ。

 

ここで紹介した方法や書き方のコツはどれも単純で簡単。

七夕は、織姫と彦星が一年に一度だけ会える特別な日。願い事をするにはぴったりの日ですので、今年の七夕はいつもより心を込めて願い事をしてみてください。

 

七夕の由来や願い事をする理由は下記の記事で解説していますので、参考にしてください。

-7月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5