8月

新盆(初盆)の意味は?準備する物とやる事【通常のお盆との違いも紹介】

✓新盆って何?
✓新盆の時期はいつなの?
✓通常のお盆と新盆とではやる事が違うの?

こんな疑問を解消します。

 

あの世から帰って来るご先祖様の魂を供養するお盆において、故人が亡くなって初めてお迎えするお盆のことを『新盆(初盆)』と言います。家族にとって大切な意味のある行事です。

しかし、準備やマナーは通常のお盆と同じでいいのか、どうすればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

このページでは、新盆を迎えるにあたって知っておきたい意味・やり方・準備することをご紹介します。

新盆(初盆)とは

新盆とは、故人の死後、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。読み方は「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」と地域によって違いがあり、「初盆(はつぼん)」と呼ばれることもあります。

 

お盆は一年に一度あの世から亡くなった方が帰ってくる時期であり、その魂を供養することを目的とした行事。

新盆は初めて迎えるお盆ということで、通常のお盆より念入りに、盛大に供養が行われます。家族以外に生前故人と親しかった方もお招きして、法要を執り行なうケースも多いです。

 

新盆の正しい時期

新盆の時期は宗派や地域差があるものですが、多くの地域では8月13日から16日が一般的です。一部の地域では7月に行われることもあります。

気を付けて欲しいのは、新盆は四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆なので、四十九日の前にお盆が来た場合は翌年が新盆となります。間違えて忌明け前に行わないように、新盆の時期にはくれぐれも注意してください。

地域ごとのお盆の時期

  • 全国的には8月盆の8月13日~16日
  • 東京・神奈川・埼玉・北海道・静岡など一部の地域では7月盆の7月13日~16日
  • 沖縄は旧暦の7月13日~15日(新暦では7~9月で年によって変わる)

 

新盆で準備するお供えや飾り【通常のお盆との違いは?】

新盆で用意するお供えと飾り自体は、基本的には通常のお盆と同じです。ただ、微妙に異なる点もありますので、間違いがないように確認しておきましょう。

 

お盆の飾り・お供え

  • 精霊棚(盆棚)
  • 盆提灯
  • 精霊馬(きゅうりとなすび)
  • お供え物(水・果物や野菜・団子やおはぎ)
  • 供花

この内、通常のお盆と異なる点は、主に「盆提灯」と「供花」と「お供え物」の3つ。

 

■盆提灯

盆提灯には絵柄入り提灯と無地の白提灯の2種類あるのですが、新盆では「白提灯」を使用するのが基本。ただ、この白提灯は新盆の1度しか使用しないため、最近は新盆でも絵柄入り提灯を使用するケースも少なくありません。

■お供え物&供花

お供え物に関しては通常より多少豪華になる程度の違いです。供花はお亡くなりになってからまだ日が浅いことを配慮して、白を基調とした控え目な色でまとめるのが良いでしょう。

お盆向きの花の種類と選び方はこちら>>

 

新盆にやる事と行事の流れ

新盆では、お盆飾りを準備して、上記で紹介したお供えものや故人が好きだったものをお供えしたり、家族揃ってお墓参りに出掛けます。

また、親戚や故人の友人を招待することもあり、このとき僧侶を招いて法要を行い、その後で会食という流れが一般的。

 

以下で8月13日~16日の8月盆を例として、期間中の新盆の流れを解説します。

step
1
13日の盆の入り

盆の入り(迎え盆)となる13日は、ご先祖の霊をお迎えする日。精霊棚やお供え物を準備して、「迎え火」を焚いて霊をお迎えします。

step
2
14日と15日の中日

14日と15日には、家族でお墓参りに行ったり、僧侶を招いて親族や友人と一緒に法要や会食を行い、ご先祖の霊を供養します。お水とお供え物は毎日交換しましょう。

step
1
16日の盆の明け

最終日は盆の明け(送り盆)と呼ばれ、あの世へ戻るご先祖の霊を見送りします。日中は最後のお供え物とお祈りをこれまでと同様に行ってください。

夕方くらいに「送り火」を焚いて見送ったり、地域によっては精霊流しという儀式を行うこともあります。白提灯は送り火を焚いた際に一緒に燃やす場合もありますが、最近は家の前で火を焚くことが難しい家庭が多いため、白提灯は後日処分する場合が多いです。

 

この辺りの流れ・準備するものは地域によって違いますので、それぞれの慣習に従って行いましょう。

 

迎え火や送り火などお盆の送迎の手順は下記の記事を参考にしてください。

参考記事お盆のお迎え・お見送りのやり方【迎え盆・送り盆に必要な物と手順】

 

新盆(初盆)で用意するお布施と香典の金額

新盆で僧侶を招いて読経をあげてもらう場合は、僧侶に対する「お布施」を用意する必要があります。また、新盆の法要に参加したならば、香典を持参するのがマナーです。

お布施も香典もお気持ちとして渡すものですが、一般的な相場はありますのでチェックしておきましょう。

 

お布施の相場

地域や宗派によって金額に違いはありますが、新盆のお布施は30,000円~50,000円が相場となります。通常のお盆より10,000円程度多めに包むのが一般的。

 

また、お布施とは別途に必要となるお金があります。

  • 移動にともなう「御車代」がおよそ5,000円~10,000円
  • 会食にともなう「御膳料」ご2,000円~10,000円

ただし、お寺と隣接した場所で行なったり、車を手配した場合は御車代は不要となります。御膳料も僧侶が会食に参加する場合は必要ありません。

 

■封筒の書き方

  • 袋は無地の白い封筒(お布施・御車代・御膳料はそれぞれ別の封筒で)
  • お布施の表書きは「御布施」「お布施」「御経料」
  • 御車代の表書きは「お車代」
  • 御膳料の表書きは「御膳料」
  • 下段に「〇〇家」もしくは施主の氏名をフルネーム
  • 黒ずみを使用する
  • 入れるお金は新札
  • 封筒の裏麺に氏名・住所・金額を記載(裏面は何も記載しなくても問題ない)

お布施をそのまま手渡しするのはマナー違反。法要もしくは会食の後に、「切手盆」と呼ばれるお盆に、上からお布施、御車代、御膳料の順に乗せて渡すのがマナーです。

 

香典の相場

新盆の香典も地域や各家庭ごとの慣習によって異なりますが、一般的には概ね3,000円~10,000円が相場

 

ただし、関係性によって金額に違いがあります。

  • 両親・兄弟姉妹・子供・・・10,000円~30,000円
  • 祖父母・・・5,000円~10,000円
  • それ以外の親族・・・5,000程度
  • 親しい友人知人・・・5,000円~10,000円
  • それ以外の知人・・・3,000円~5,000円

会食をご馳走になる場合は、この金額に5,000円程度上乗せしておきましょう。先程も述べたように、各家庭によって大分変わってきますので、事前に身近な方に聞いておくのが一番です。

 

■封筒の書き方

  • 袋は不祝儀袋(香典袋)
  • 水引は結切りで、黒白・双銀・藍銀、関西だと黄白か黄銀
  • 表書きは「御供物料」、仏式なら「御仏前」「御佛前」でも良い
  • 下段に夫の氏名をフルネーム、もしくは夫婦連名
  • 薄墨を使用する
  • 入れるお金は新札
  • 中袋に氏名・住所・金額(例:金〇萬円)を記載

香典は袱紗(ふくさ)に包んでおきます。黒やグレーのハンカチや布で代用してもOK。施主に挨拶をした際に、香典を取り出して、相手から文字が読める向きにして渡してください。

 

新盆をつつがなく過ごすためにも事前のチェックは忘れずに

先祖霊があの世から帰ってくるお盆において、新盆は故人の死後はじめて迎えるお盆です。通常よりも盛大に行われるケースが多く、それだけ準備も大変になります。

特に、僧侶や知人を招いて法要をする場合は事前にしっかり予定を確認しておきましょう。お盆の期間中はお寺も大変忙しくされていますので、僧侶のご都合を聞き、早めに予約することをおすすめします。

また、お盆は地域や宗派、各家庭ごとによってやり方や考え方などが大きく変わることもあります。つつがなく新盆を過ごすためにも、周りの人や寺社に確認できることは事前に聞いておいた方がいいですよ。

 

お盆の関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

お盆の関連記事まとめ

-8月
-

© 2021 暮らし道標 Powered by AFFINGER5