3月 9月

お彼岸はいつ?何する?春と秋の違いは?【今更聞けないお彼岸の基礎知識】

お彼岸の基礎知識。意味は?春と秋の違いは?

✓お彼岸って何をする行事?
✓春彼岸と秋彼岸は何か違うの?
✓今年のお彼岸はいつ?

このような疑問を解消します。

 

3月の春彼岸と9月の秋彼岸。お彼岸は1年に2回行われる仏教行事です。一般的には仏壇を掃除したり、お墓参りをしたり、ご先祖様を供養するのが慣わし。また、お彼岸には欠かせない”おはぎ”や”ぼた餅”をお供えするのも定番ですね。

でも、毎年何となくお墓参りはしているけど、具体的にどんな行事なのか分からないという方もいるのではないでしょうか。お墓参りをする理由、時期はいつからいつまでなのかなど、知っておきたいことはたくさんあります。

 

このページでは、お彼岸の意味をはじめ、時期や秋と春の違いなど、知っておくべきお彼岸の基礎知識をご紹介します。

 

お彼岸とは

お彼岸は「3月の春彼岸」と「9月の秋彼岸」の年2回ある仏教行事。そもそもこの「彼岸」とは何かをご存知でしょうか。

彼岸(ひがん)とは、仏教におけるご先祖様がいるとされている”極楽浄土”。つまり”あの世”のこと。

一方、私たちが今現在生きているこの世界は「此岸(しがん)」と呼ばれており、彼岸は西方に、此岸は東方に存在するとされています。

3月の春分の日と9月の秋分の日、どちらも太陽が真東から昇って真西に沈みます。この日は現世(此岸)とあの世(彼岸)がもっとも通じやすくなる日。なので、ご先祖様に感謝してお墓参りに行くなど、先祖供養を行うのが良いとされています。

 

「春彼岸」と「秋彼岸」に違いはある?

  • 3月の「春彼岸」
  • 9月の「秋彼岸」

お彼岸は1年の間に春と秋の計2回行われます。

 

春と秋でやる事に大きく異なることはありません。時期が違うだけで目的や供養の方法はほとんど同じ。違いがあるとすれば、仏壇やお墓にお供えするのが「おはぎ(秋)」か「ぼた餅(春)」かの違いくらい(地域にもよる)。

ちなみに、お彼岸は仏教用語ですが、先祖を供養するお彼岸の風習があるのは日本だけ。仏教発祥のインド、それから中国など他の国には存在しません。意外にもお彼岸は日本独自の文化だったのです。

 

2024年のお彼岸の期間はいつからいつまで?

次に気になるのは「春のお彼岸」と「秋のお彼岸」それぞれの時期がいつなのか。

お彼岸の期間は、「春分の日(3月20日頃)」と「秋分の日(9月23日頃)」を中心に、前後3日間を合わせた計7日間。

初日を「彼岸入り」、春分・秋分の日を「中日」、最終日を「彼岸明け」と呼びます。

 

2024年のお彼岸期間はこちら▼

■春のお彼岸:3月17日~3月23日

  • 彼岸入り・・・3月17日(日曜日)
  • 中日・・・3月20日(水曜日)
  • 彼岸明け・・・3月23日(土曜日)

 

■秋のお彼岸:9月19日~9月25日

  • 彼岸入り・・・9月19日(木曜日)
  • 中日・・・9月22日(日曜日)
  • 彼岸明け・・・9月25日(水曜日)

 

お彼岸は何をするの?

お彼岸には「〇〇をすべき」という決まりは特にありませんが、一般的には「先祖供養」を行う日として知られています。

  • お仏壇や仏具の掃除
  • お墓参りとお墓の掃除
  • 供花やお供え

お仏壇や仏具を念入りに掃除して、お墓参りの際には一緒にお墓の掃除も行いましょう。

 

お墓参り

お彼岸といえばお墓参り。ご先祖様が眠っている場所なので、なるべく家族揃ってお参りするのが理想です。家族みんなでお墓掃除も忘れずにやっておきましょう。

お彼岸のお墓参りと言っても、やる事は普段のお墓参りと大きく変わりません。

 

準備する道具

  • お線香
  • ろうそく
  • マッチ やライター
  • お花 (故人が好きだった花、四季折々のお花)
  • お供物 (お菓子やフルーツ、お酒など)
  • 半紙(お供え物を置くため)
  • 掃除道具

 

お墓の掃除

お墓参りに来たらまずはお墓の清掃。

  • 雑草を抜く
  • 墓石を水をかけて洗い流す
  • ゴミが詰まりやすい水鉢・花立・香立てを丁寧に洗う
  • 細かい窪み部分は歯ブラシを使うと汚れが落ちやすい
  • 洗い流したらタオルなどで水気を拭き取って掃除完了

お墓掃除はこの日までにやると決まっているわけではありません。でも、お彼岸の中日は霊園や納骨堂が混雑する可能性があります。彼岸入りから中日までの間に済ませておきたいところです。

 

お供え物

お彼岸のお供え物といえば「おはぎ」と「ぼた餅」が定番。どちらも炊いたモチ米をつぶして丸めたものに、あんこやきなこを絡めたものです。

  • 春は牡丹の花にちなんで「ぼた餅」
  • 秋は萩の花にちなんで「おはぎ」

このように食べる時期に咲く季節の花にちなんで呼び分けされています。他にも、ぼた餅はこし餡でおはぎはつぶ餡のところもあれば、もち米がぼた餅でうるち米がおはぎと呼ばれることも。また、どちらもおはぎで統一されているケースもあり、地域によって違いがあります。

 

ただ、お供え物はおはぎでなかればいけないわけではありません。おはぎ(ぼた餅)はあくまで最も定番なお供え物です。故人の好物でも大丈夫。大切なのはご先祖様に喜んでもらうことです。

 

お彼岸のお供え物についての詳細はこちらの記事をご覧ください▼

お彼岸のお供え物といえば?おはぎとぼた餅の違いは?【定番の品・マナー・注意点を解説】

お彼岸のお供えに向いているお花とNGのお花は?【花の選び方・マナー・相場を紹介】

 

自身の日頃の行いを見つめなおす「六波羅蜜」

お彼岸とは、サンスクリット語(古代インド語)の「パーラミター」を漢訳したもの。日本では「到彼岸」と訳されます。

仏教において、現世である「此岸」は欲望や迷いが多い世界。あの世である「到彼岸」は苦しみの無い極楽浄土だと考えられています。

 

そんな極楽浄土である到彼岸へ至るために必要なのが「六波羅蜜(ろくはらみつ)」。

六波羅蜜とは、大乗仏教における6つの修行のこと。

  1. 布施(ふせ):見返りを求めず、人に施しを分け与えること
  2. 持戒(じかい):戒律を守り、自らの行いを省みること
  3. 忍辱(にんにく):苦しみを耐え忍ぶこと
  4. 精進(しょうじん):努力すること
  5. 禅定(ぜんじょう):心を安定させ、動揺しないこと
  6. 智慧(ちえ):正しく物事を見極めて判断すること

到彼岸には、この六波羅蜜を実践して悟りを開く事で至るとされています。

ご先祖様に感謝する中日、その前後6日間は1日1つずつ「六波羅蜜」を実践していく期間。常日頃からこの6つを心掛けて実践するのは困難かもしれません。なので、お彼岸の時期だけでも六波羅蜜を意識して過ごすことが大切なのです。

 

お彼岸の時期は六波羅蜜を実践する「彼岸会」という行事を開いているお寺もあります。興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

3月と9月にあるお彼岸の頃は、あの世と現世がもっとも通じやすくなる時期です。お墓参りをしたり、お仏壇を掃除したり、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて供養することが大事とされてきました。

お供えものとしてはおはぎやぼた餅が定番。この時期になるとスーパーにズラリと陳列されてる光景をよく見かけます。

この時期は先祖供養だけではなく、自身の日頃の行いを振り返って見直すのもひとつの慣わし。普段の行いを振り返って反省したり、戒めに使う時間を設けてみてはいかがでしょうか。

お墓参りやお寺の法要に参加して、先祖や故人を身近に感じながらお彼岸を過ごすのもいいかもしれませんね。

 

お彼岸の関連記事はこちらにまとめてあるのでご参考にしてください

お彼岸の関連記事まとめ

-3月, 9月
-

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5