3月

ド忘れしがちな雛人形の飾り方・並べ方【お内裏様の左右はどっちが正解?】

雛人形の正しい飾り方・並べ方の解説

3月3日はひな祭り。ひな祭りといえば【雛人形】。

この時期には雛人形を飾るご家庭も多いでしょうが、毎年のことながら迷いやすいのが”並べ方”
「あれ?お内裏様って右左だっちだっけ?」
「道具はどこに置けばいいんだろう?」

いざ飾ろうとしても、肝心の飾り方をド忘れしてしまってるなんて事ありませんか?

雛人形は子供の健やかな成長と幸せを願って飾るものなので、なるべく正しい並べ方で飾りたいですよね。

そこで今回は、忘れがちな雛人形の飾り方について解説させていただきます。

お殿様とお姫様の左右はどっちがどっち?

雛人形を飾る際、最上段のお殿様(男雛)とお姫様(女雛)の左右の配置で悩んだ事がある人は多いと思います。

しかも、向かって左側にお殿様を配置してるケースだけではなく、稀にその逆に配置してるケースもあるため、余計に迷ってしまうんですよね。

実はこの並び方、どっちも間違いではないんです。右でも左でも”正解”。

雛人形というのは、天皇陛下の結婚式を模しています。ならば、やはりお殿様は左側が正解のように思えますが、地域によって並び型が逆になることもあるのです。

  • 関東で作られる雛人形「関東雛」は向かって左がお殿様
  • 京都で作られる雛人形「京雛」は向かって右がお殿様

京雛は京都と関西の一部で伝わっているもので、全国的に広まっているのは関東雛です。

それゆえ、京雛に比べて関東雛の方が目にする機会は多く、向かって左側がお殿様という配置が広く伝わっています。

 

古式(京雛)と現代式(関東雛)の違い

京都と一部の関西地域で飾る京雛は、向かって右側にお殿様を配置します。その理由は、昔の日本は左上位・左上座が慣わしだったからです。左に位の高い人が座るという考え方だったことから、古来の形式を表現している京雛ではお殿様を向かって右側に飾るのです。

一方、関東雛はいわゆる現代式の雛人形です。お殿様が向かって左側に座っているのには、大正天皇と深い関わりがあります。

左上位という日本古式の考え方に対して、国際儀礼はその逆の右上位が慣わし。この考え方を取り入れたのが大正天皇。即位の礼の折、皇后陛下の向かって左側に天皇陛下が立たれたことから、このスタイルが広まったと言われています。

つまり、右か左かというのは、古式に合わせるか現代式に合わせるかの違い、又は地域や家庭のしきたり・慣わしによって変わります。

また、顔立ちにも違いがあり、京雛の見た目は京美人風、関東雛は現代風の美人顔です。さらに、関東雛の方が一般的になっている分、デザインのバリエーションも豊富だったりします。

デザインの好みで選べるのなら、その方が楽しそうですね。

 

雛人形の飾り方

雛人形に絶対こうでなければいけないという厳格な決まりはないのですが、基本形となる飾り方・並び方の決まりならあります。

ここでは、雛人形の代表的な七段十五人飾りを例に、並べ方を簡単に解説します。

七段飾り(十五人飾り)の雛人形の並べ方

全体的な配置は上の画像の通り。

飾る際は、下からよりも上から順に並べていく方がよいです。その方が、誤って人形を落としたとしても、下の人形を傷つけずに済みます。

詳しい構成は以下を参考にしてください。

最上段 親王(殿・姫)
屏風、雪洞(ぼんぼり)、三宝
二段目 三人官女(向かって左から:加の銚子・眉ナシ・長柄銚子)
あいだに高杯
三段目 五人囃子(向かって左から:太鼓・大鼓・小鼓・笛・謡)
四段目 随身(向かって左端に左大臣のお爺さん、右端に右大臣の若者)
あいだに御膳・菱台
五段目 仕丁(向かって左から:台笠、沓台、立笠)
左端に立花、右端に桜
六段目 箪笥・挟箱・長持・鏡台・針箱・火鉢・茶道具
七段目 御駕籠(おかご)・重箱・御所車

七段一五人飾りは、いわゆる雛人形のフルセットのようなもの。

それなりのスペースを必要としますが、やはり見栄えはとても華やかですね。

飾り終えたら、写真を撮って画像として保存しておくことをオススメします。そうすれば次に飾るときには写真を確認しながら飾ることができますよ。

尚、同じ七段飾りでも地域や雛人形のタイプによって違うケースもあります。

七段飾りを雛人形の代表的な形式と言いましたが、最近は飾る場所が無い住宅事情から、三段飾りや五段飾り、殿と姫のみの親王飾り(一段飾り)の方が一般的になってます。

ただ、雛人形の起源であるひいな遊びが男女一対のみだったことを考えると、一段飾りが標準で、それ意外が派生型と言えるのかもしれませんね。

 

雛人形はいつから飾る?いつ片付ける?

並べ方の前に気になるのが、雛人形は”いつから”飾り始めるのが適正なのか。そして、”いつまで”飾り続けるのか。

結論から言いますと、いつからいつまでという期間の明確な決まりはありません。

とは言っても、それだと余計に悩んでしまいますよね。明確な決まりはなくても、目安となる期間はありますので、そちらを参考にするのが良いですよ。

まず飾り始める時期は、

一般的には、立春(節分の翌日)から2月中旬頃に飾り始めるケースが多いです。

なぜ立春まで待つのかと言うと、ひな祭りは「五節句」のひとつで春に行われます。五節句は季節を祝う意味も含まれているため、春が訪れるのを待ってから飾るのです。

 

縁起の良い日を選んで飾り始める

女の子の幸せを願う日でもありますから、立春過ぎの大安のような縁起が良いとされる日を選ぶのがベスト。

他には、二十四節気の一つ「雨水(うすい)の日」に飾ると良縁に恵まれると言われています。雪が雨に変わって大地に草木が芽吹く頃で、農業の準備を始めたりする縁起の良い時期となっていました。2020年の雨水の日は2月19日~3月5日まで。

また、ひな祭りの前日に飾ることを「一夜飾り」と言うのですが、とても縁起が悪いとされているので避けておくのが無難。

少なくとも、ひな祭りの1週間前には飾り付けを終わらせておくといいでしょう。

 

いつまでに片付ける?

「雛人形を片付け忘れると婚期が遅れる」という言い伝えを聞いたことありませんか?

人によってはすごく気になるでしょうが、コレはあくまで迷信です。「片付けがしっかりできない女性ではお嫁に行けない」という意味合いで、暗にだらしなさを戒める警告として言い伝えられているのです。

昔は時代的に娘を嫁がせる事は親の役目みたいなところがあったので、花嫁修業としての意味もありました。

現代なら婚期うんぬんは気にしなくていいと思いますが、理由が子供のしつけのためならば、ひな祭りが終わってすぐに片付けるようにするのもアリでしょう。

気にするべきは婚期よりも天気

でも、それよりも大切なのは空気が乾燥してる晴れの日に片付けること。

天気の悪い湿気が多い日に片付けてしまうと、人形に湿気が残ってしまい、カビやシミの原因になってしまいます。

なので、婚期気にるより天気を気にしてください。

片付けるタイミングが婚期に影響するわけないので、人形を大切にするなら天気や湿気に注意して片付けた方がいいです。

ただ、雛人形は持ち主の穢れを移す身代わりとしての役割も担っているので、いつまでも片付けずにいると、せっかく移した穢れが元に戻ってしまうという考えもあります。

 

まとめ

忘れがちな雛人形の飾り方。パっと飾ってしまいたくても、

「お殿様とお姫様の左右どっちだっけ?」「道具が多すぎて何をどこに配置すればいいか分からない!」

と、いちいち悩んでしまうため、飾り終えたときにはかなり疲弊してるんですよね。

とは言っても、雛人形は娘や孫の健やかな成長と幸せを願うために飾るもの。しっかり並べてあげたいのが親心でしょう。

それに、一度しっかり飾ることができれば、あとは写真に撮って保管しておくことで次回は苦労なく飾ることができます。

手間は掛かりますが、家族みんなで飾るのもそれはそれで楽しいものですよ。丁寧に飾ってあげてください。

-3月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5