3月

雛人形をひな祭りの日に飾る意味と由来【何歳まで飾るのか決まりはある?】

雛人形の由来や飾る意味を解説

女の子の日である「ひな祭り」といえば、多くの人が真っ先に【雛人形】をイメージすると思います。

ところで、雛人形をなんでひな祭りに飾るのか、その理由をご存知でしょうか?また、何歳まで飾るものだと考えていますか?

娘の幸せを願うとかそんな理由じゃないの?
小さい女の子の日っていうイメージがあるから、小学校を卒業するまで?

飾っていたとしても、意外と知らないことがたくさんある雛人形。

この記事では、雛人形を飾る意味と由来、何歳まで飾るのかについて解説します。

雛人形をひな祭りに飾る意味

そもそも、なんでひな祭りに雛人形を飾るのかを知っていますか?

一般的には、

女の子が生まれると、娘の健やかな成長と幸せを願ってひな祭りの日に飾るのが雛人形。

とされています。

幸せな結婚ができるように

まずお馴染みの雛人形の場面ですが、あれは天皇陛下と皇后陛下の『結婚式』を模しています。

向かって左側のお内裏様が天皇陛下、右側のお雛様が皇后陛下です。

これには、我が子が天皇陛下と皇后陛下のように、

”幸せな結婚をしてほしい”…という娘の幸せを願う親の想いが込められているのです。

雛人形を飾る風習が庶民のあいだに広がってからも、宮中の結婚式という形は変わりませんでした。

昔に比べて結婚や恋愛の形は多様化してるとはいえ、いつの世も親が願うのは子供の健康と幸せ。この想いはこれから先も不変だと思います。

 

持ち主の厄を引き受ける身代わり人形

また、幸せな結婚を願う意味の他にも、

雛人形には持ち主(娘)の”身代わり”となって厄を引き受ける役割があるとも言われています。

ひな祭りの原型である古代中国の風習「人巳の節句」では、邪気や厄を払うため、和紙で作った人形に穢れを移して川に流すという風習がありました。

この風習が日本に伝わると、時代と共に川へ流す人形がどんどん豪華絢爛になったことから、人形は川に流さず「家に飾ること」で子供の厄を払う風習へと変化していったんです。

すなわち、雛人形には”娘が健やかに育って幸せになれるように”…という願いも込められていると言われています。

 

雛人形の由来

次に、雛人形の由来を見ていきましょう。

起源は古代中国の風習

先だって投稿したひな祭りを解説した記事でも少し触れていますが、

ひな祭り(桃の節句)は具体的に何をする日?【意味や由来、まつわる食べ物を解説】

3月にある年中行事といえば、3月3日の【ひな祭り(桃の節句)】があります。 しかし、毎年のことではあるのですが、節分なんかと違って何をする日なのか分からなかったりしませんか? ひな人形を飾って、鑑賞し ...

続きを見る

雛人形の起源は古代中国の風習「上巳(じょうし)の節句」と言われています。

上巳の節句とは、3月最初の巳の日に、邪気や厄を払うために川に入って禊をする行事。

和紙または草木で使った「人形(ひとがた)」「形代(かたしろ)」と呼ばれる人形を、川に流すことで邪気や厄を払い、一年の健康と幸せを願います。

奈良時代-平安時代ごろ、この風習が日本に伝わると、3月3日に穢れを払う儀式が行われるようになり、川に人形を流す「流し雛」という風習が誕生しました。

 

日本古来の宮中遊び「ひいな遊び」と合体

平安時代の宮中では、女の子のあいだで「ひいな遊び」と呼ばれる人形遊びが流行っていました。雛(ひいな)とは「かわいらしいもの」という意味。

当時の「ひいな遊び」に使われていたのは紙や布で作られた人形。

簡単に説明すると、”平安時代版おままごと”と言えばイメージしやすいと思います。

この日本古来の遊び「ひいな遊び」と、中国から伝わってきた風習「上巳の節句」が合わさり、「流し雛」ではひいな遊びで使っていた人形も流すようになったんです。

やがて、時代と共に「流し雛」「ひいな遊び」の人形はどんどん立派になっていき、川に流すものから家に飾って楽しむ風習へと変化していきます。

つまり、宮中の遊び「ひいな遊び」と厄払いの行事「上巳の節句」が合体して誕生したのが「雛人形」というわけです。

江戸時代には、庶民のあいだで豪華な雛人形を見せ合う「ひな合わせ」という自慢合戦もあったそうです。

 

雛人形は何歳まで飾るのか決まりはある?

「雛人形って何歳まで飾るんだろう?」……そんな疑問を持ったことありませんか?

雛人形を何歳まで飾るかについては、

実は○○歳までという明確な決まりはありません。

極端な事を言えば、親にとって子供はいくつになろうと子供である事に変わりないですから、大きくなっても飾ったって問題ないということです。

もちろん、ここまで!という区切りを決めておくのもいいと思います。

中学に上がるまで、高校に上がるまで、成人するまでとか。結婚を節目と考えて飾り続けるご家庭もありますよ。

どこを区切りにするのかは、ご家庭ごとに決めればいいこと。親が子を想う気持ちなのですから、周りに合わせる必要なんてありません。

昔は嫁入り道具だった

昔は、嫁入りに雛人形を持参して、嫁入り後最初のひな祭りに飾って賑やかに祝う風習もありました。

雛人形は嫁入り道具だったんです。

親から子へ、子から孫へ、想いや愛情と一緒に受け継がれていきました。
この風習を「嫁の雛(よめのひな)」と呼びます。

区切りをつけるかどうかも自由。娘が何歳になっても、大人になっても、雛人形を毎年の風習にして一年の無事を祈ることに間違いなんて決してありません。

 

まとめ

雛人形を飾る理由は、娘の幸せな結婚を願うためであり、且つ身代わりとして良くない穢れを人形に引き受けてもらうためです。

でも、そんなに難しく考える必要はなく、要は「大切な娘の健やかな成長と幸せを願うため」に飾るもの。そういう捉え方でいいと思います。

やはり、意味を知らないで飾るよりも、意味を知ったうえで飾った方が想いを込めやすいですよね。

また、年齢は特に気にする必要はなく、何歳まででも飾ってOKですので、娘が成長してしばらく飾ってなかったというご家庭も久しぶりに飾ってみてはいかがでしょうか。

-3月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5