3月

役目を終えた雛人形の処分方法【供養はどこで?寄付や一般ゴミはアリ?】

雛人形の正しい処分方法を5つ紹介

✓飾らなくなった雛人形、どうしよう?
✓雛人形って処分してもいいのかな?
✓雛人形の処分方法は?

こんな疑問を解消します。

 

子供の成長をずっと見守り続けてきた雛人形。長年大切にされていたでしょうが、お子さんが大きく成長して役目を終えたと判断したり、お人形が古くなり保管が困難になったり、様々な事情で雛人形を手放さなければいけなくなることも。

そんな時に悩むのが、雛人形の処分方法やタイミング

思い入れが強い場合、「捨てるのはちょっと・・・」と処分に抵抗を感じてる方も多いと思います。そもそも処分していいのかも気になるところ。

 

このページでは、役目を終えた雛人形の正しい処分方法をまとめてみました。手放そうと考えてる方がいましたら是非参考にしてください。

そもそも雛人形は処分してもいいの?

正しい処分の仕方以前に、そもそも「雛人形は処分して良いのか」が気がかりではないでしょうか?捨ててしまうと罰が下るのではないか、たたられるのではないかと恐くなりますよね。

 

その点はご安心ください。雛人形は処分しても特に問題ありません。不幸に見舞われるなんてマイナス効果は持っていない清いお人形ですよ。

もちろん法に触れる形で処分するのは絶対にダメですが、正しい方法で手放すのであれば大丈夫。

 

雛人形を供養してくれる寺社も全国各地にありますからね。手放す際に大切なのは、いままで見守り続けてくれたことに対する感謝の気持ちを込めること。

燃えるゴミとして出すことも可能なのですが、廃棄処分に後ろめたさを感じるのであれば、感謝の意を示せる方法を選んでみてはいかがでしょうか。

 

雛人形を手放すタイミングは?年齢に決まりはある?

雛人形を手放すタイミングについて悩まれてる方もいるのではないでしょうか?年齢制限でも設けられていれば判断しやすいのですが、処分の時期は明確に定められていません。

逆を言えば、処分したくないなら子供が何歳になろうと飾り続けても何ら問題ないということ。

 

処分のタイミングはそれぞれのご家庭で判断することになります。何歳に成長しても飾るケースもあれば、期限を決めてるケースもあり、どちらも間違いではありません。

 

目安となる年齢や時期は以下の通り▼

  • 娘が中学(高校)にあがるまで
  • 娘が成人するまで
  • 娘が結婚を迎えるまで

特に多いケースはこの3つのタイミングとなります。

 

購入時にあらかじめいつまで飾るのか期限を決めておき、処分する方法も調べておくと後々困りませんよ。

 

雛人形の正しい処分方法

それでは、雛人形の処分方法、手放し方をご紹介します。自分のご都合に合う方法、気持ちよく手放せる方法でお別れしてください。

 

神社仏閣で供養してもらう

初節句からずっと子供の成長を見守り続けてくれた雛人形を、燃えるゴミとして”捨てる”のは気が引けますよね。願いを込めたお人形でもありますので、捨てるという選択制は避けたいとお考えの方も多いはず。

 

そんな方には、神社やお寺での「人形供養」をおすすめします。

雛人形をゴミとして「捨てる」のではなく、人形供養を受け付けている神社やお寺に持ち込み、供養して気持ちよくお別れする方法。全国各地には、お人形を供養してくれる神社仏閣がたくさん存在します。

 

人形供養を受け付けている神社仏閣の一例

  • 本光寺(千葉県)
  • 富士浅間神社(群馬県)
  • 淡島神社(和歌山県)
  • 所澤神明神社(埼玉県)
  • 長福寿寺(千葉県)
  • 遠州信貴山(静岡県)
  • 大樹寺(愛知県)

 

お経や祝詞をあげてもらい、お炊き上げなどの儀式を行い丁寧に供養してもらえます。思い入れのある大切な雛人形の手放し方としては、最も安心してお別れできる方法かもしれません。

近所に人形供養ができる寺社が無かったとしても、郵送で引き取ってくれる所もあるので、サイトやお問い合わせで確認してみるといいでしょう。

 

確認・連絡なく勝手に郵送するのは失礼。迷惑を掛けてしまうので絶対にやめてください。

 

募集してる団体に寄付・寄贈する

保育園や福祉施設、または老人ホームなど、雛人形のニーズがあるところではたまに募集してる施設があります。

手放す必要があるけど捨てるのは嫌という方は、必要としている団体に「寄付する・寄贈する」というのも選択肢の一つ。

 

また、雛人形のような日本らしさを感じられるお人形は、海外の子供たちにとても人気があるようです。

発展途上国への寄付を募っている団体では、雛人形を募集してることも。海を越えて違う国の子供たちの役に立てると考えたら、持ち主としても非常に嬉しいのではないでしょうか。

 

親戚や知人に譲る

捨てたくない方の処分方法としては、雛人形を欲しがっている親戚や知人に「譲る」という方法もあります。

 

ただし、雛人形を他人へ譲ることに対しては否定的な意見も多いです。

雛人形というのは、持ち主の厄を引き受ける「身代わり人形」としての役割もあるからです。「雛人形を受け継ぐ=厄を引き継ぐ」と考えられているため、継承や共有は避けた方がいいと言われています。

雛人形をひな祭りの日に飾る意味と由来【何歳まで飾るのか決まりはある?】

続きを見る

雛人形を飾る意味についてはこちら▲の記事が参考になります。

 

雛人形は一人一体が基本的な考え方ですが、実際は母親の雛人形を子供が引き継いだり、姉妹で一つを共有することは珍しくありません。

相手が家族でなくとも、捨てるより役立ててもらえた方が嬉しい、不要なら譲ってほしいという方もいますので、当人たちが納得しているのなら”譲る”という選択も全然アリでしょう。

 

どうしても気になるのでしたら、一度人形供養を済ませてから譲るといいかもしれません。

 

売る(リサイクルショップ、オークション)

明らかに雛人形としての本来の意味を失っていますが、持ち主さんが割り切っているのなら「売る」という方法も可能です。

 

ただし、リサイクルショップに持ち込んでも高額での買取はまず無理だと思っておいてください。それどころか、中古の雛人形はたいして需要がないため、買取してもらえない可能性も十分考えられます。

よほど骨董品としての価値があるお人形でなければ、需要はほぼ無いと覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

少し手間は掛かりますが、まだオークションに出品した方がいいかもしれません。マニアや日本文化好きの外国人が高額で落札してくれる可能性もなくはないです。

 

自治体のゴミ回収に出す

最後にご提案させていたくのは、自治体に「一般ゴミ」もしくは「粗大ゴミ」として回収してもらう方法。雛人形は自治体のゴミとして回収してもらうことが可能です。

 

雛人形自体は可燃ゴミor粗大ゴミとして扱われます。ガラスケースや金属製パーツなどは、不燃ごみや粗大ごみで捨てることが可能。

雛人形の扱いは各自治体によって異なるので、ご自身で確認してから出すようにしてください。

 

自分で供養してからゴミ回収に出すやり方

もちろん思い入れがあれば躊躇してしまう方もいるでしょう。それでも、仕方なく急遽処分する必要性に迫られる場合もありますよね。

さすがにそのままゴミとして”捨てる”のは抵抗がある方は、自分で供養してから処分することをオススメします。

 

供養のやり方は以下の通り▼

  1. 人形をきれいにする
  2. お清めの塩を振りかける
  3. 白紙に包んで指定のゴミ袋に入れる

供養の際には、「今まで見守ってくれてありがとう」など、感謝の意を込めるようにしましょう。

 

何より大切なのは、処分の方法ではなく”感謝の気持ち”です。燃えるゴミとして出すにしても、最後まで丁寧に扱ってあげてください。

この方法はどうしても気が引ける方は、やはり人形供養など別の納得できる形を選んだ方がいいですよ。

 

まとめ

お役目を終えて飾らなくなった雛人形、もしくは何らかの事情で飾れなくなった雛人形というのは、どのように処分すればいいのか悩みますよね。思い入れの強い方ならなおのこと丁寧にお別れしたいはず。

 

単にゴミとして捨てるのではなく、いままで見守ってくれた雛人形に感謝を伝えてお別れすることが大切です。最後に処分の方法をもう一度確認しておきましょう

POINT

  • 神社やお寺で供養してもらう
  • 必要としてる団体に寄贈する
  • 親戚・知人に譲る
  • 売る
  • 自治体のゴミ回収に出す(自分で供養してから)

どの方法を選んだとしても、感謝の気持ちを込めることをお忘れなく。人それぞれ意見は異なるでしょうが、ご自身が最も納得できる方法でお別れするようにしてください。

 

ひな祭りの関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

ひな祭りの関連記事まとめ

-3月
-

© 2021 暮らし道標 Powered by AFFINGER5