3月 4月

なぜ日本人はこれほど桜とお花見がすきなのか?【愛してやまない5つの理由】

日本人が桜やお花見が好きすぎる5つの理由

日本人って、何でこんなに桜やお花見が好きなんだろう?

そんなこと思ったことありませんか?

春の風物詩といえば「桜」。そして、綺麗な桜を愛でる「お花見」は春の一大イベントですね。

思い思いに桜を観賞するのはもちろん、みんなで集まって料理やお酒を堪能したり、ワイワイ会話に花を咲かせるのも楽しみ。

花見をして桜を愛で、宴を開くというのは、日本では一つの慣習と言えます。

では、なぜ日本人はこれほど桜やお花見を愛してやまないのでしょうか?

日本人が「桜」「お花見」を愛する理由

日本人が桜やお花見が好きなのはなぜなのか?

みんなでワイワイ宴会を楽しみたいという理由もあるのでしょうが、決してそれだけが理由ではないでしょう。

古来より、四季のうつろいの中に美しさを見出し、季節の行事を大切にしてきたのが日本人。そこにも、桜やお花見を愛する理由があるのかもしれません。

①桜が咲く姿が美しい

日本人が桜・花見が好きな理由:綺麗・美しい

桜の見た目は品種によってさまざまですが、日本で最も広く分布しているソメイヨシノは、淡い色合いの優しいピンク。

 

葉がつくのは花びらが散り始める頃なので、満開時には1本まるごと淡いピンク一色になります。

この桜が咲く姿が非常に美しく、且つ可愛らしいところが、見る者の心を奪っていきます。

 

淡い色合いのピンクからは、純潔さや可憐さ、そして儚さを感じられることから、美しい女性の姿をイメージできるのも影響していそうです。

実際、桜には「精神美」「優れた美人」という花言葉があります。

 

モノトーンばかりだった冬の風景を、桜色に塗り替えていくという様子も、桜が特別美しい花だと日本人が感じる要因ではないでしょうか。

 

②待ちに待った春の訪れを知らせるサイン

日本人が桜・花見好きな理由:春を知らせるサイン

冬の間は、風景の彩は乏しく、寒さで心は沈み、行動力も落ちがちに。

そんな心と身体に積もった雪を溶かしてくれるのが春の訪れ。そして、春の訪れを知らせてくれる一つのサインが「桜」です。

桜に春を感じる人は多いでしょう。

 

また、開花時期は気温によって変化しますが、だいたい毎年3月下旬~4月上旬ごろに開花を始め、数日後に見頃を迎えます。

暦なんてない時代では、桜の開花が季節の目印とされていたんです。

農作業を始める一つのサインとして用いられていたこともあり、桜には神が宿るとして大切に扱われていました。

 

このように、待ち望んだ春を象徴する花だからこそ、多くの人から大切にされ、愛されているのかもしれません。

 

③短命ゆえの特別感

日本人が桜・花見が好きな理由:短命

桜の花というのは基本的に短命です。

人々が待ち焦がれてようやく咲いたかと思えば、1週間~10日程度で花びらは散り始めてしまいます。

 

この短命さに「今だけ」という特別感を抱かせられます

期間限定感が他の花よりも強いんですよね。今見るのを逃したら、次見られるのは1年後になってしまうという気持ちにさせられます。

それが日本人を花見へと駆り立たせている可能性は高いです。

 

また、①で説明した「美しさ」に補足することですが、そこはかとない儚さが美しさをより際立たせています。

それも桜に魅了されてしまう理由なのかもしれませんね。

 

④桜は思い出を呼び起こす

日本人が桜・花見が好きな理由:春の思い出を呼び起こす

桜が咲くのは、ちょうど就職、入学、新学期、卒業という、私生活に大きな変化が起こる時期です。

出会いと別れの季節でもあり、新たな門出を飾る人もたくさんいます。

 

人生を左右するいろいろな経験、つまり思い出が詰まってる時期です。

桜の花を眺めていると春に経験した思い出が呼び起こされる……そんな方も多いのでは?

桜満開の卒業式、桜の花びらが舞う中での入学式など、これまでの様々な思い出が巡り、中には桜に勇気を貰った方もいるはず。

 

短命なのに咲くタイミングが絶妙なんですよね。人生の節目となる季節にちょうど見頃を迎える桜。

春の思い出とリンクしやすいのも桜の魅力なのでしょう。

 

⑤花より団子!やっぱり宴会が楽しい!

日本人が桜・花見が好きな理由:料理・お酒・宴会

桜も重要だけど、なんだかんだ言って美味しい料理とお酒が楽しみの方も多いはず。

 

桜も楽しみ。でも、数秒か数分で興味は料理とお酒へ・・・。桜に酔いしれるくらいならお酒に酔いたい!

そんな花より団子の方にとってもお花見というのは絶好のイベントです。

 

家族や友人、会社員など、お花見会場ではさまざまな集団を見掛けます。

料理やおつまみ、お菓子を食べながらワイワイ楽しむのもお花見の醍醐味。

 

また、「花を愛でながら宴会を楽しむ」というのは、世界的にも珍しい文化なんだそうです。

公共の場所、桜の下での飲食は法律で禁止されてる国も珍しくはなく、先進国の中では稀。

それが許されてる国であり、古くから四季を楽しみ賑やかに祝う風習があった日本だからこそ、今なお根付いてる文化なのかもしれませんね。

 

日本人が桜とお花見が好き過ぎる理由まとめ

日本人が愛してやまない「桜」。そして、桜を眺めつつ春の訪れを祝う「お花見」……を建前にした宴会。

日本人がこれほど桜やお花見を好き過ぎる理由は、

  • 桜が綺麗だから
  • 冬の終わり、春の訪れを知らせるサイン
  • 短命ゆえの特別感
  • 春の思い出を呼び覚ます
  • 料理、お酒、お菓子、宴会最高!

などさまざま。

きっと他にも人それぞれの理由があるでしょう。

桜、最高!いや、私は桜より団子。いやいや、僕は団子よりお酒。このように、いろいろな楽しみ方が叶うのも桜やお花見が愛されてる理由なのだと思います。

この素晴らしい文化を続けていくため、誰もが楽しめるようにするため、マナーやルールはしっかり守っていきたいですね。

参考
似すぎ!?間違えやすい桜・桃・梅の花の見分け方【開花時期と順番も解説】

桜と桃と梅の花って、全部同じに見えない? どう見分けたらいいの? その疑問にお応えします。   桜の花、桃の花、梅の花――。 いずれも春を代表する美しい花たちですが、困ったことに見た目が非常 ...

続きを見る

参考
要チェック!お花見に必要な持ち物リスト【絶対に必要な物とあると便利な物】

春の陽気に誘われて、待ちにまった桜のシーズン。つまりは【お花見】シーズンの到来です。 なかには同僚や友人と集まって宴会を楽しむ方も多いでしょう。 でも、あまり参加したことがない方や初めて幹事を任された ...

続きを見る

-3月, 4月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5