3月 ギフト・プレゼント

社会人の本命女性に喜ばれるホワイトデーのお返し【予算相場と併せて紹介】

バレンタインデーから1ヶ月。女性からチョコを貰った男性が贈り物へのお返しをする【ホワイトデー】がやってきます。

何を贈ればいいのか悩みますよね。相手が社会人の彼女、もしくは本命チョコをくれた相手ならば特に。

お菓子でいいのかな?やっぱりアクセサリー?
そういえば相場ってあるんだろうか?

本命のお返しはやはり義理と同じようにはいきません。

喜んで欲しい!でも、見る目が肥えている大人の女性に何を贈ればよいのやらと、頭を抱えている男性は決して少なくないはず。

今回はそんな悩める男性向けに、本命の女性に喜んでもらえるホワイトデーのお返しとプレゼントの相場を紹介していきますので、是非参考にしてください。

ホワイトデーの本命へのお返しの相場は?

ホワイトデーのお返し。”相場”って気にしてますか?

僕は元々あまり気にしてなかったのですが、プレゼントの金額に敏感な女性も多いので、適切な相場感は把握しておくに越したことはありません。

何より、女性のプレゼントに対する値段把握能力、加えてリサーチ能力をナメてはいけない。決して!

 

社会人彼女(本命)へのお返しの相場

ホワイトデーのお返しは義理の場合ならだいたい500円~2000円程度が相場。これに関しては学生も社会人もあまり差はありません。

なるべく、貰った義理チョコの値段より低いのは避けた方がいいです。

同額~1.5倍程度のプレゼントを選ぶほうが安全。

 

では、本命の相場はおいくらになるのでしょうか?

当然、義理の感覚で500円、1,000円のお返しをするというのは危険です。義理の相場とはハッキリと差をつけるようにしてください。

 

付き合う前の本命女性が相手の場合

”付き合う前(片思い)”の本命女性へのお返しの相場は――

  • 中高生・・・1,000円~3,000円
  • 社会人・・・5000円前後

付き合う前(片思い)の本命が相手ならば、”重くなり過ぎない”くらいの値段が好ましいです。

安すぎると残念な気持ちにさせしまいますが、かと言って付き合う前の段階で気合を入れすぎてしまうと、重くなりすぎて女性をドン引きさせてしまう危険性があります。

逆効果にもなりかねません。

 

交際中の本命彼女が相手の場合

同じ本命とはいえ、”お付き合い前”と”お付き合い中”とではホワイトデーのお返し予算は変わってきます。

前提として、昔はホワイトデーのお返しは「3倍返し」とも言われていましたが、現代なら貰ったチョコの1.5倍~2倍のプレゼントが妥当という意見が多いです。

ただ、お小遣いやバイトでやり繰りする中高生ならば、付き合う前の値段+500円~1000円を目安にするとちょうど良いと思います。

 

さて、肝心の社会人彼女が相手の場合は――

5000円~30,000円程度が相場
バレンタインの1.5倍~2倍が目安

幅広いですが、これはバレンタインにどんなプレゼントを貰ったのか、或いは彼女がどれだけホワイトデーを重要視しているかによって変わります。

一般的には「5000円~10,000円程度」が多く、
余裕があるなら「10,000円~30,000円」といったところ。

 

社会人ならば、お返しは定番のお菓子にプラスして、アクセサリーや財布などのプレゼントも用意したいですね。バレンタインデーに彼女からブランド物を貰っているのなら、尚のこと見合うお返しを選びましょう。

あくまで紹介した相場は目安ですけど参考にしてください。

 

【ホワイトデーのお返し】人気のプレゼントといえば?

それでは、彼女のホワイトデーのお返しとして人気のプレゼントを紹介します。

一番人気は【アクセサリー】

女性人気が高いのはプレゼントの王道でもある【アクセサリー】

「ネックレス」「ピアス」「ブレスレット」「指輪」など。

ネックレスやピアスならサイズを調べなくても購入できるうえ、ブランドによっては低価格の物も豊富なのでオススメ。指輪は若干ハードル上がりますが、あえて当日にお店で2人一緒に選ぶという楽しみもできます。

人気のブランドの一例▼

  • 4℃
  • ティファニー
  • AHKAH(アーカー)
  • スタージュエリー
  • phoebe

注意したいのは、ホワイトデーに貰って嬉しいお返しランキング上位常連であると同時に、ガッカリしたお返しランキングでも上位常連であるという危険性。

アクセサリーは期待値を上げてしまう分、好みから外れたときのガッカリ感も大きいです。例え高額だからといって、好みでもないアクセサリーは身に着けたくないもの。

 

しかし、それでもアクセサリーが人気の高いプレゼントであることも確か。

特にセンスが問われるプレゼントになりますが、彼女の声にアンテナを張り、しっかりチェックすることで好みに気づけるかもしれません。ホワイトデーの前にリサーチがてら一緒にショッピングデートなんてのもオススメ。

 

定番の【お菓子(スイーツ)】

バレンタインで貰ったチョコレートのお返しならば、ホワイトデーの定番でもある【お菓子(スイーツ)】もオススメ。

例えば、チョコレート好きの彼女なら、いつもとは違う有名店の高級チョコレートをプレゼントすれば喜んでもらえるでしょう。

気をつけたいのは、お菓子には意味が込められているモノもあるということ。

本命向きではないお菓子もあるため、下手にプレゼントしてしまうと誤ったメッセージとして受け取られてしまいかねないのです。

  • マシュマロ ⇒ 「あなたが嫌い」
  • クッキー ⇒ 「あなたは友達です」

というように、明らかに付き合ってる彼女には相応しくない意味が込められています。念のために回避しておくのが無難かもしれません。

 

逆に、本命向きとされているお菓子もあります。

  • マカロン ⇒ あなたは特別な人
  • キャンディー ⇒ あなたが大好きです
  • マロングラッセ ⇒ 永遠の愛

ちなみに、チョコレートは基本意味はないのですが、ホワイトデーの場合のみ「変わらぬ関係でいましょう」という意味があると言われています。これをどう解釈するかはあなた次第。

 

とは言っても、彼女が好きなスイーツなら、あまり意識する必要はないでしょう。心配なら、気持ちを記したメッセージカードを一緒に添えることで誤解は回避できますよ。

2人だけの特別な【ディナー】

ホワイトデーのお返しには、2人だけの特別な一時を過ごせる【高級ディナー】もオススメ。

 

特に、普段あまりそのようなお店ではデートをしない人にとっては大チャンスです。

いつもとは違うワンランク上のお店でのディナーは素敵な思い出として残ります。サプライズとして予約されてみるのもいいでしょう。

 

さらに、ディナーとは別にお菓子やアクセサリーなどのプレゼントも用意できればもう言うことナシ。

男性の本音としては、ディナーをプレゼントすれば他の贈り物は必要ないと思われるかもしれませんが、形として記念に残るモノがあるのは嬉しいものです。

高級なモノである必要はなく、プチギフト的なプレゼントでOK。

 

あと、できるならばあなたの気持ちを言葉にして伝えられると完璧です。恥ずかしがらずに伝えましょう。

 

まとめ

ホワイトデーのお返しは男性にとって非常に悩ましい難問。渡す相手が目が肥えている大人の女性ならば特に。

プレゼント選びに失敗したせいでホワイトデーを台無しにする事態は避けたいものです。なにより、大切な彼女をガッカリさせたくないですよね。

プレゼント選びは早めに取り掛かることをオススメします。

人気なのはアクセサリー・お菓子・ディナーですが、もちろん何でもいいわけではありません。彼女の欲しい・好みをくみ取れるように、アンテナを張ってチェックしておきましょう。

そして、プレゼントと一緒にあなたの”気持ち”を忘れることなく伝えてください。

参考
ホワイトデーの発祥が日本って本当?【3月14日に祝う意味や起源も解説】

3月14日は【ホワイトデー】。 一般的には、バレンタインデーに女性から貰ったチョコレートに対して、男性がお返しをするというのが慣わし。 巷では、「倍返し」とか「3倍返しルール」なんてフレーズもよく聞く ...

続きを見る

-3月, ギフト・プレゼント
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5