3月

ホワイトデーの発祥が日本って本当?【3月14日に祝う意味や起源も解説】

ホワイトデーはいつから始まった?どの国が発祥?

3月14日は【ホワイトデー】

一般的には、バレンタインデーに女性から貰ったチョコレートに対して、男性がお返しをするというのが慣わし。

巷では、「倍返し」とか「3倍返しルール」なんてフレーズもよく聞くため、世の男性の中には頭を抱えている人もいるかもしれませんね。

いったい、どこのどいつがホワイトデーなんて流行らせたんだ・・・?

そんな声も聞こえてきそうです(笑)

いまではすっかりおなじみのバレンタインと対を成すイベント。いったい、どのような経緯でいつから始まったのでしょうか?

ということで今回は、いつ・誰が・どこでホワイトデーを生み出したのか、その由来をお伝えしていきます。

ホワイトデーは日本発祥!

まず、バレンタインデーのアンサーデイ(返答する日)、「ホワイトデー」はどの国で生まれたと思いますか?やはりバレンタイン発祥のヨーロッパ圏のいずれかの国でしょうか?

そう予想した人は多いかもしれませんが、実は違います。

意外なことにホワイトデーは”日本発祥”

他の国にも形は違えどバレンタインデーは存在しますが、そのお返しをするホワイトデー的な文化はありません。

もともと、ヨーロッパではお返しをするという慣習自体があまりなかったうえ、バレンタインも日本とはだいぶ異なるスタイルをしています。日本のように女性からではなく、男性から花束をプレゼントしたり、恋人同士で贈り合うのが普通。

日本人のお返し文化が起因?

逆に日本では、お祝い返しのような「お返し文化」的な習慣が日本人の心に根付いていました。プレゼントを貰ったらお返しをするというのが当たり前だったんですね。

そこに目を付けてしまったのが日本のお菓子メーカー。各社は自社が扱うお菓子の”販促”を目的として、バレンタインデーのお返しキャンペーンを行いはじめました。

この辺りの生まれた理由はバレンタインデーと同じですね。 自社ビジネスの販売促進をするためのプロモーション。

その試みはほとんど定着すること無く廃れましたが、その中に現代のホワイトデーの起源として有力視されている和菓子店が出てきたんです。

 

ホワイトデーの始まりは「マシュマロ」だった!?

きっかけは、1977年の女性雑誌に投稿されたバレンタインの「お返しがない(欲しい)」という女性の不満の声。

その記事をたまたま読んだ福岡の和菓子店「石村萬盛堂」の店長が、

チョコのお返しには「白いマシュマロを贈ろう!」と銘打ったキャンペーンを作ったことが始まりだと言われています。

当時から、博多名物として知られていた同店のマシュマロ菓子「鶴乃子」を参考に考案されたそうです。

鶴乃子は ↓ このようなお菓子。

そのため、当初はホワイトデーではなく「マシュマロデー」という名称で呼ばれていました。

全国飴菓子工業協同組合が動いた

その後、「全国飴菓子工業協同組合」も1978年に3月14日をホワイトデーにすると決議され、1980年(昭和55年)に第一回目となるホワイトデーのキャンペーンを大々的に行ったんです。

こちらが推したお菓子は、飴菓子組合が提唱してることからだいたい想像できる通り、「キャンディー」でした。

これが大きな話題となって全国へ広がり、 いつの間にやらバレンタインのお返しをする日として国民的な行事になっていたというわけです。

ちなみに、ホワイトデーの「ホワイト」は、マシュマロの白とか、飴の原材料である砂糖の白とか、いろいろな説が存在します。

 

なんで3月14日になったの?

ところで、何で3月14日なんでしょうか?

この理由に関しては、バレンタインの起源とも深い関係があります。

バレンタインの起源は、殉教者となったローマ帝国のキリスト教司祭「聖ヴァレンティヌス」のエピソードが発祥という説が有力。2月14日は彼が処刑された日でもあります。

3世紀頃のローマ帝国では、皇帝クラウディウス2世によって若い男女の結婚が禁止されていました。ヴァレンティヌスは密かに結婚式を執り行なったことがバレてしまい、さらに改宗の命にも従わなかったことで処刑されてしまったんです。

その死から1ヶ月後、ヴァレンティヌスによって守られた若者が再び永遠の愛を誓って結婚をしたのが3月14日だった――という言い伝えが残っています。

ホワイトデーが3月14日になったのはその言い伝えを元にしているからだと言われています。

実は、そのような言い伝えが残っていることから、欧米でも3月14日は恋人たちの記念日としてお祝いされています。日本のようなお返しとかではなく、恋人同士が贈り物をしあって愛を確かめ合う習慣で、フラワーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」などさまざまな呼び方がされています。

 

まとめ

ホワイトデーを海外の文化だと思ってる人は少なからずいるでしょうが、実は日本発祥の我が国独自の文化だったんです。

3月14日は、世界的には恋人同士が愛を確かめ的な記念日として定着していますが、日本だとバレンタインデーのお返しをする日としてイベント化されています。

そのきっかけを作ったのは、当時の各お菓子メーカーです。販売促進のためのプロモーションとしての意味が強かったのだろうと想像できますね。

一部の男性にとっては非常に悩ましい日だと思われますが、愛でも日頃の感謝でも、気持ちを相手に伝えるためには良い日とも言えます。ホワイトデーの雰囲気や空気を利用してみるのもいいかもしれません。

お返しをするもしないも、あなたの気持ち次第です。

 

-3月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5