5月

端午の節句の意味と由来【鯉のぼりをあげるのはなぜ?】

端午の節句の意味や由来。鯉のぼりを飾る理由は?

・端午の節句ってどんな行事?
・何をするの?
・鯉のぼりを飾るのはなんで?

このような疑問を解消します。

 

現代では”こどもの日”として祝日となっている5月5日は、【端午の節句】をお祝いする日でもあります。

女の子のお祭りである桃の節句(ひな祭り)と対を成す、男の子の成長を祝うお祭りですね。

鯉のぼりや五月人形を飾るご家庭も多いと思います。

でも、そもそも端午の節句とは具体的にどんな行事なのでしょうか?鯉のぼりに何の意味や関係があるのでしょうか?

今回は、今更聞けない端午の節句の意味や由来、鯉のぼりを飾る理由についてお伝えします。

端午の節句とは?-意味や由来-

毎年”5月5日”は、男の子の日として知られる【端午の節句】

現代では「こどもの日」として祝日になってます。

 

端午の節句とは、鯉のぼりや五月人形を飾って――

男の子の健やかな成長と健康を願う

という想いを込めてお祝いされる行事です。

また、”菖蒲(しょうぶ/あやめ)”との関係も深いことから、「菖蒲の節句(しょうぶのせっく)」とも呼ばれています。

 

「端」は物事の”はし”の部分であり、「始まり」という意味。

「端午」とは元々、各月の最初の”午(うま)の日”を指す言葉でした。

これが、「午」は「五」に通じることから各月の5日が端午となり、やがて5が並ぶ5月5日を「端午の節句」とした……という説が特に知られています。

 

由来・起源

次に、端午の節句にはどのような由来があるのかを解説します。

古代中国の風習

端午の節句とは、日本では飛鳥・奈良時代頃から行われている行事です。

その由来は諸説ありますが、元々は古代中国で行われており、後に日本に伝わって来た「五節句」という風習が起源だと考えられています。

五節句とは

季節の変わり目に生まれやすい邪気や厄を払い、無病息災を願う五つの神事。

  • 人日(七草がゆ)・・・1月7日
  • 上巳(桃の節句)・・・3月3日
  • 端午(菖蒲の節句)・・・5月5日
  • 七夕(星祭)・・・7月7日
  • 重陽(菊の節句)・・・9月9日

 

中国では、5月は天災や戦などの凶事が多かったことから、「物忌み月」「悪月」とされていまいた。

中でも、5が重なる5月5日は悪月の悪日である「重五」と呼ばれ、この日に産まれた子供は棄てられてしまう風習もあったほど忌み嫌われていたのです。

 

そのため、5月5日には邪気を祓い・無病息災を願うさまざまな行事が執り行なわれはじめ、それが「端午の節句」と呼ばれるようになりました。

 

元々日本では女の子の節句だった

今でこそ端午の節句は男の子の日としてお祝いされていますが、元々日本では女の子のお祭りだったんです。

 

旧暦の5月(現代の6月頃)は、日本だと田植えをはじめる非常に重要なシーズン。

昔は”田の神”を迎えるため、田植えをはじめる前の端午の日に、早乙女(※田植えをする若い女性)が仮小屋や神社に籠って飲食を慎み、身の穢れを祓って心身を清らかに保つという「五月忌み」という習慣がありました。

 

そんな農耕神に祈る日本古来の信仰に、中国でも5月5日に行われていた邪気払いが複合して、日本でも端午の節句がはじまったと言われています。

このように端午の節句とは、日本だと田の神を迎える女性の行事だったわけです。

 

現在の端午の節句に菖蒲やヨモギが使われるのは、中国の邪気払いの儀式で菖蒲酒を飲んだり、ヨモギを編んだ人形などを飾っていたことの名残り。

菖蒲や葵などの薬草を軒先に吊るしたり、菖蒲を酒や沐浴の湯に入れたり、菖蒲で屋根を葺くなど、現代の風習にも通じる習慣が生まれました。

 

武家社会によって女の子のお祭りから男の子のお祭りへ

では、どうして女の子の節句が男の子の節句へ変化したのでしょうか?

 

武家が支配層となった鎌倉時代以降、これまで公家が行っていた宮中行事が武家社会にも拡がります。

すると、端午の節句に欠かせない「菖蒲」が「尚武(※武事を重んじること)」や「勝負」という言葉に通じることから、

  • 男の子の健やかな成長
  • 立身出世を願う

という行事に変化していったのです。

 

そして、室町時代から戦国時代にかけて、武家の家では男子が生まれると幟(のぼり)を外に立てたり、家の中に鎧や兜など具足が飾られるようになりました。

これが江戸時代になって庶民の間にも拡がると、

  • 滝を登り、やがて龍ともなる鯉に立身出世を願い、「鯉のぼり」が立てられ
  • 強くたくましく成長することを願って「武者人形」を飾る

という風習が庶民の中から新たに生まれたんです。

 

端午の節句の日は何をするの?-お祝いの仕方-

端午の節句では何をする?お祝い方の解説

続いて、端午の節句では具体的に何をするのかについてお話します。

五月飾り

端午の節句といえば、まず「鯉のぼり」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

この時期になると、鯉のぼりが空を泳いでる姿をよく見かけますからね。

端午の節句に欠かせない飾り物はそれだけではなく、この行事で使われる飾り物を総称して「五月飾り」、もしくは「五月人形」と呼びます。

 

■五月飾り・五月人形

  • 鯉のぼり
  • 武者人形(鎧・兜)
  • つるし飾り

これらを飾ってお祝いされます。

 

五月飾りを大きく分けると、家の外に飾る「外飾り」と、家の中に飾る「内飾り」の2種類です。

内飾りの五月人形には、鎧飾り・若大将・桃太郎・金太郎など複数のタイプがあります。

また、つるし飾りはひな祭り(桃の節句)の飾りとして知られていますが、近年では端午の節句向きのつるし飾りも数多く作られていますよ。

 

食べ物(行事食)

この時期には、端午の節句ならではの行事食をいただいてお祝いするのも一般的。

何を出せばいいの?……と困らないように、どんな料理・食材をふさわしいのかも確認しておきましょう。

 

■端午の節句にちなんだ食べ物

  • 柏餅
  • 粽(ちまき)
  • 縁起物の魚(ブリ・かつお・鯛)
  • たけのこ
  • ちらし寿司

など。

 

地域によって異なる食べ物もあり、例えば関東地方では「柏餅」、関西地方では「ちまき」を食べることが多いようです。

実は伝統的に食べられてきた行事食というのは柏餅とちまきの2つなのですが、縁起が良いとされている食材を使った料理や、お祝いごとでよく食べられている料理も人気です。

全てに通じているのは、子供の健やかな成長と明るい未来を願う気持ちが込められていることですね。

 

端午の節句に鯉のぼりを飾る理由は?

鯉のぼりの由来と飾る理由

端午の節句といえば、【鯉のぼり】

紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描いたもので、風を受けるとまるで空を泳いでるようにたなびくのぼり。

別の呼び方では、「皐幟(さつきのぼり)」「鯉の吹き流し」とも呼ばれます。

 

どうして”鯉”の絵柄?

まず気になるのが、「なんで”鯉”?」……という素朴な疑問。

鯉のぼり自体は日本で生まれた日本独自の風習なんですが、鯉である理由は中国の故事が深く関係しているとされています。

 

中国の正史、後漢書に記された故事で、

黄河の上流に流れが非常に激しい竜門の滝があり、多くの魚が登ろうと試みるも、唯一鯉だけがその滝を登り切り、鯉は竜となって天をかけた

という伝説があります。

※立身出世の関門「登竜門(とうりゅうもん)」とはこの故事から生まれた言葉。

 

また、鯉という魚は、清流だけでなく、池でも沼でも生きられるタフな生命力を持っています。

 

つまり、のぼりに鯉の絵を描いて掲げた理由は、鯉が立身出世の象徴であり、同時に子供の健やかな成長を祝うのに相応しい生命力の強い魚であったからだと考えられます。

 

鯉のぼりが生まれたのは武士に対する商人の対抗心から

武士社会となった鎌倉時代以降、端午の節句をお祝いするようになった武士の家では、玄関に「旗指物(はたさしもの)」が飾られるようになりました。

上の画像のようなもので、戦で鎧に刺して目印にした幟(のぼり)。

この旗が鯉のぼりの起源です。

 

その後、江戸時代になると経済力を強めてきた商人の家庭で、身分の高かった武士に対抗し、旗指物の代わりに「五色の吹流し」を飾るようになりました。

商人は経済力はあっても身分は相変わらず低かったため、武士と同じことができなかったんです。

そこで、我が家にも男子がいるこを主張するため、より目立つ五色の吹き流しを飾るようになったと言われています。

 

その後、上述でご紹介した中国の故事に目を付けた江戸の商人たちが、故事に記された登竜門の内容にちなんで、吹き流しに鯉の絵柄を描いた「鯉のぼり」を生み出したのです。

これが町人の家庭で人気となり、端午の節句の時期になると鯉のぼりがよくあげられるようになりました。

 

鯉のぼりが生まれた当時は「黒」だけだった

鯉のぼりといえば、一番上に「黒」の真鯉、二番目に「赤」の緋鯉、最後に「青(緑)」の子供の魚というのが一般的。

  • 黒い鯉は大黒柱の父親
  • 赤い鯉が母親
  • 青や緑の鯉が子供

この並びの鯉のぼりが最もポピュラーです。

 

しかし、江戸時代当時の鯉のぼりは、黒い真鯉(まごい)のみだったそうです。

鯉のぼりが浸透していたのも江戸を中心とした関東地方くらいで、関西地方ではほとんど飾られていなかったとのこと。

鯉のぼりが全国に広まったのは明治時代に入ってから。この頃から鯉のぼりに赤い鯉が誕生し、真鯉と緋鯉(ひごい)が対で揚げられるようになりました。

さらに、昭和時代になると小さな子鯉が加わり、家族を表すものへと変化していったのです。

 

また、他にも「黄」「紫」「ピンク」などの鯉のぼりもあり、子供が増えるごとに足していく家庭もあるそうです。

上についてる五色の吹き流しとカラカラ回る矢車には、「魔除け」の意味が込められています。

 

男の子の健やかな健康を願って端午の節句をお祝いしよう

5月5日の端午の節句が男の子の成長をお祝いする行事だと分かっていても、詳しい意味や由来までは知らなかった方は多いのではないでしょうか?

なんと日本では元々女の子のお祭りであり、それが武家社会になったことがきっかけで男の子のお祭りへと変化していった経緯があります。

また、立身出世を願う意味を持つ鯉のぼりが、江戸時代の商人の武家への対抗心から生まれた……というのも面白いですね。

端午の節句をお祝いする際に、このような由来をお子さんに話して聞かせてあげれば、日本の伝統行事により強く関心・興味を持ってくれるかもしれません。

-5月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5