7月

七夕の由来、飾りの意味とは【短冊と笹竹で願い事をするのはなぜ?】

七夕とは|意味や飾りの意味、願い事をする理由

✓七夕ってどのように始まったの?
✓七夕に願い事するのはなぜ?
✓笹や竹の飾りってどんな意味があるの?

このような七夕に関する疑問を解消します。

 

7月にある大きなイベントと言えば、『七夕』。日本では広く親しまれている行事ですね。

子供の頃、みなさんも願い事を書いた短冊を笹に吊るしたと思います。

そんな七夕ですが、日本ではいつから、どのように始まったのでしょうか?また、子供から「なんで七夕にお願いするの?」と聞かれたとき、ちゃんと答えてあげられますか?

 

この記事では、七夕にまつわる意味や由来、願い事をする理由を分かりやすく解説します。

七夕とは【意味や由来】

七夕の意味や由来「織姫と彦星」「乞巧奠」「棚機女」

短冊の願い事、織姫彦星伝説でも知られる『七夕(たなばた)』

正しくは「七夕(しちせき)の節句」と呼び、他にも「笹の節句」「竹の節句」「星祭り」と呼ばれることもあります。

 

日本のお祭り行事ですが、元は古代の中国から伝わってきた「五節句」のひとつ。

五節句とは

季節の変わり目に生まれやすい邪気や厄を払い、無病息災を願う五つの神事。

  • 人日(七草がゆ)・・・1月7日
  • 上巳(桃の節句)・・・3月3日
  • 端午(菖蒲の節句)・・・5月5日
  • 七夕(星祭)・・・7月7日
  • 重陽(菊の節句)・・・9月9日

五節句は江戸時代に制定されたもの。

 

日本の七夕の成り立ちは少々複雑で、中国の風習と日本古来の信仰がミックスされて、現在の形になったのです。

POINT

「中国:牽牛と織女伝説」+「中国:乞巧奠(きっこうでん)」+「日本:棚機女(たなばたつめ)」や「日本:お盆」=現在の七夕

 

由来1:「牽牛星」と「織女星」の伝説

中国には、「牽牛星(げんぎゅうせい)」と「織女星(しょくじょ)」の星伝説があります。

いわゆる、日本でも有名な「織姫と彦星の物語」のこと。

 

裁縫の仕事を司る「織女星【琴座のベガ】」、農業の仕事を司る星「牽牛星(鷲座のアルタイル)」。

2つの星は、旧暦7月7日の天の川に最も強く輝くことから、中国では1年に1度の”巡り合いの日”として、ロマンチックな物語が作られました。

+ 織姫彦星伝説(要約はこちらをクリック)

天の川の西岸に、天帝の娘「織姫(織女星)」という美しい姫君が住んでいました。織姫は機織りの名手で、美しいはたを織る娘は、父親である天帝にとって大変自慢の娘でした。そんな娘に見合う結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い「彦星(牽牛星)」を引き合わせて夫婦となり、二人な仲睦まじく暮らしていました。 ところが、二人はこれまでとは一転して、仕事を怠けて仲良く過ごすばかり。ついに激怒した天帝は、天の川の両端に二人を切り離してしまいます。 しかし、悲しみ暮れ元気を失ってしまった二人を見かね、天帝は7月7日の夜を年に一度だけ再会できる日として許したのです。

 

由来2:乞巧奠(きっこうでん)の風習

そんな牽牛星と織女星の星伝説から生まれた風習が「乞巧奠(きっこうでん)」

これは、牽牛星と織女星(織姫と彦星)を祭る儀式で、七夕にお願い事をするのはこの風習からきています。

 

7月7日の夕方や夜に、裁縫を司る星「織女星(織姫)」に対して針や糸をお供えして、手芸・裁縫・織物の技術が上達するように星へ祈りを捧げる風習

乞巧奠の「乞」は願う、「巧」は巧みに上達する、「奠」は祀るという意味。

 

次第に、織物の技術だけではなく、書道や芸術などの上達を願うようになり、現在では様々な願い事をするように変化していきました。

この儀式を7月7日の夕方に行われていたことから「七夕=しちせき」と呼ばれるようになるのですが、それではなぜ「たなばた」と読む方が一般的になっているのでしょうか?

 

由来3:日本古来の信仰「棚機女(たなばたつめ)」

この七夕の風習は奈良時代に日本へ伝来したとされていますが、日本には古来より「棚機女(たなばたつめ)」という信仰がありました。

棚機女とは機(はた)織りをする乙女を指し、水辺の小屋で祭事に使う神聖な布を織り、祖霊・客神(まれびと)を迎えるもの。

 

<七夕の説①>

古くは七夕を「棚機」、或いは「棚幡」と表記していたことから、「七夕」と書いて「たなばた」と読むのは棚機女がもとになっていると言われています。

しかし、これには根拠がないという説もあります。

 

<七夕の説②>

もう一つの、お盆の準備をする「棚幡(たなばた)」と習合したからという説も有力です。

お盆は旧暦の7月15日。7月7日はお盆の準備をする日で、当日の夕方に先祖の霊を招く精霊”棚”と”幡”を飾ったことから、棚幡と7月の夕方が重なって「たなばた」と読むようになったという説。

 

このように、七夕は日本と中国の様々な伝承や信仰などがミックスして、現在日本で親しまれている七夕となりました。

さらには、その中にも複数の説が存在するため、七夕の由来・起源は少しややこしいのです。

 

七夕はいつ?8月の地域もあるって本当?

七夕はいつ?7月7日以外に8月の地域もある理由

ご存知の方は多いでしょうが、七夕は毎年「7月7日」というのが一般的。

しかし、必ずしもこの日とは限らず、月遅れの「8月7日」、旧暦の7月7日にあたる「8月25日頃」など、異なる日にちに開催している地域もあります。

 

七夕は昔も7月7日の行事でしたが、今とは異なる旧暦での7月7日だったことが理由です。

新暦の7月7日にそのまま移した地域が多数なのですが、中には旧暦に合わせて「8月25日頃」にしている地域もあるのです。

 

また、7月7日はまだ梅雨の時期であることも理由のひとつ。

ただ、旧暦に合わせると毎年日付が変わってしまうため、7日はそのままで、月は旧暦に合わせて8月にして、月遅れの「8月7日」となっています。

 

七夕飾りの意味

短冊など七夕飾りそれぞれの意味

笹竹に短冊

七夕の代名詞といえば「短冊」。そして、短冊を吊るした笹竹をイメージする人が多いのではないでしょうか。

五色(赤・青・黄・白・黒)の短冊に願いを書いて飾ります。

 

これは、上記の乞巧奠の風習で行っていた五色の糸を笹竹にかけ、祭壇にお供えしたという儀式が由来。

また、室町時代は短冊に和歌をしたため、硯や墨や筆などを治めていました。笹竹に紙の短冊や飾りを吊るす風習が始まったのは江戸時代から。

願い事はもともと織物の技術、そこから手習い事の上達になり、いつしか様々な願い事をする今の形に変化していきます。

 

笹竹に飾る理由は、古くから神聖な植物と考えられていたからです。

笹竹は生命力が強く、且つ笹の葉の擦れ合う音は神様を招くとされ、そんな神秘性と生命力を併せ持つ笹竹を飾るようになりました。

 

五色は中国の五行説に基づいた色

なぜ赤・青・黄・白・黒の五色なのかというと、中国の五行説に基づいているからです。

「木・火・土・金・水」の5つの要素をそれぞれ、「木=青、火=赤、 土=黄、金=白、水=黒(紫)」と表しています。

 

この五色の短冊を飾ることによって、願い事の祈願に加えて、魔除けの意味も持たせていたそうです。

 

短冊以外の七夕飾り

  • 折り鶴(千羽鶴) ⇨ 長生きな鶴を折り紙にして、長寿を祈願
  • 紙衣(かみこ) ⇨ 紙で作った人形。女子の裁縫が上達し、着るものに苦労しないように願う
  • 吹き流し ⇨ 織姫のように裁縫が上達するように願う
  • 巾着(財布) ⇨ 巾着の形に折った折り紙で、金運上昇を願う
  • 輪飾り ⇨ みんなの夢や願が消えずに連なりますようにという意味
  • 投網(網飾り) ⇨ 豊漁を願う
  • くずかご ⇨ 七夕飾りのゴミを入れる折り紙で作ったかご。整理整頓と節約の心を育むという意味
  • 星飾り(菱飾り) ⇨ 星に願いが届きますようにという意味
  • 提灯 ⇨ 心や未来を明るく照らしますようにという意味

 

意味や由来を知って七夕をより楽しく過ごそう

日本で親しまれている七夕は、中国や日本で古くから根付いていた伝承や信仰がミックスされて生まれた行事です。

 

中国の影響を強く受けていますが、現在の七夕は日本独自の形に変化しています。

例えば、笹竹を飾るのも、お盆と結び付けているのも日本独自の進化ですよ。

 

このような歴史を知る事で、より楽しく素敵な七夕の夜を過ごすことができるのではないでしょうか。

短冊に願いを書くだけではなく、お子さんにも教えてあげて、一緒に七夕の話で盛り上がるのもいいですね。

 

願いが伝わる短冊を書くコツ&七夕のおまじないを下記の記事で紹介しています。

-7月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5