7月 食材・料理

知ってた?7月10日は納豆の日【由来・納豆の豆知識・簡単アレンジを紹介】

【記念日】7月10日は納豆の日【制定された由来&納豆の豆知識&納豆簡単アレンジ】

✓納豆の日ってどんな記念日?
✓納豆の日はいつ?
✓納豆って食べるなら朝?それとも夜の方が良い?

こんな疑問を解消します。

 

和食の代表格ともいえる発酵食品『納豆』。美味しくてヘルシー、栄養価も高い健康食なので、毎日食べてる方も少なくないですよね。

実は、その納豆に記念日があるのですが、ご存知でしたでしょうか?

毎年「7月10日」は納豆の日として制定されています。いったい誰がどこで、どんな由来で生まれた記念日なのか…。

 

今回は、納豆の日の由来を詳しくお話すると共に、納豆の豆知識もご紹介します。

毎年7月10日は「納豆の日」

7月10日は納豆の日

毎年、7月10日は「納豆の日」です。

なぜこの日なのかはだいたい想像つくかもしれませんが、「7(なっ)、10(とう)」の語呂合わせから7月10日に制定されました。

非常に分かりやすいですね(笑)

 

納豆の日はどのような経緯で制定されたの?

納豆の日が出来た経緯にはどんな由来があるのか?

納豆の日はもともと全国的な記念日ではなく、関西限定の記念日でした。

1981年(昭和56年)に、「関西納豆工業協同組合」が納豆の消費量を上げる目的で制定した記念日だったんです。

 

それを1992年(平成4年)に、納豆の日本一を決める全国納豆鑑評会を主催する「全国納豆共同組合連合会」が、改めて納豆の日を定めたことによって、関西限定から全国的な記念日になりました。

 

全国納豆共同組合連合会とは

納豆業者からなる全国的な全国的な組合。「納豆PRセンター」というHPなどを通して、納豆の調理法・栄養価・レシピ・歴史など、納豆の魅力を発信している団体。納豆の認知・消費を拡大するため、様々な活動を行っています。

納豆はいつ食べるのが良い?

納豆はどのタイミングだ食べるのが良い?

ところで、みなさんは納豆をいつ食べますか?朝ですか?それとも夜?

正解があるわけではないのですが、納豆は食べる時間帯によって発揮する効果が違うんです。

 

朝と夜それぞれの時間帯で発揮しやすい効果は下記を参考にしてください。

朝納豆の効果

朝食べると、良質なたんぱく質が体内で熱を作り、代謝をアップする効果を得られます。そのため、冷え性でお悩みの方には特に朝納豆はおすすめ。

夜納豆の効果

納豆には血栓(固まった血液)を溶かすナットウキナーゼという、納豆にしかないたんぱく質が含まれています。この栄養素は食べてから4時間後に最も活性化し、その後10~12時間働き続けるんです。

血栓は夜から朝方にかけて発生しやすいので、血行促進を目的とするなら夜納豆がおすすめ。

それに加えて美肌効果もあり、寝てる間にたんぱく質が成長ホルモンに働きかけ、肌を修復する力を高めます。他には疲労回復効果、ダイエット効果もアップ。

 

何を目的にしてるかによってベストなタイミングは変わりますが、健康にとても良い食べ物ですので、朝も夜も食べたいですね。

 

納豆を使ったアレンジ料理

納豆アレンジ料理を紹介

納豆はオーソドックスにごはんへ掛けて食べたり、そのまま食べても美味しいですが、アレンジの可能性がとても広い食品でもあります。

いろいろな食べ方で、いろいろな味わいを楽しめるのも納豆の魅力ですよ。


■納豆パスタ

納豆アレンジと聞いて多くの方がまずピンとくるであろうパスタ。

納豆とネギとたまごを乗せ、しょうゆや麺つゆを回しかけるだけ。或いは、そこに大葉を加えたり、フライパンでパスタを火にかけバターと絡めるのもグッド。

それから、ミートソースにひき割り納豆を混ぜて、和風ミートソースパスタなんてのも美味しいですよ。


■トマト納豆/アボガド納豆

納豆にトマトorアボガドを合わせるだけ。トマトとアボガド両方入れてもいいですし、たまねぎや大葉をプラスしてもいいですね。

醤油をかけるだけでも悪くありませんが、オリーブオイル+レモン汁+塩少々入れた簡易ドレッシングもおすすめ。

意外とごはんに乗せて丼にして食べても美味しいですよ。


■納豆汁

東北地方の一部では郷土料理として食べられてきた納豆汁もおすすめ。

水とほんだしを入れた鍋を火にかけ、くつくつしてきたら味噌を溶き、ひき割り納豆か包丁でたたいた納豆を加え、ひと煮したら完成。或いは、お椀に納豆を入れておき、そこに味噌汁をぶっかける超簡単な調理法でもOK。

トッピングはきのこや豆腐などお好みでどうぞ。


この他にも、納豆チャーハン、納豆チヂミ、納豆オムライス、納豆トーストなど調理法は数多くあり、納豆アレンジには無限大の可能性が秘められています。

独自の納豆レシピに挑戦してみるのも楽しいかもしれませんよ。

 

納豆の日は思い思いの食べ方で納豆を堪能しよう!

7月10日は「7(なっ)10(とう)」の語呂合わせで納豆の日。単純だけどすごく覚えやすい記念日ですね。

納豆好きの方にとっては大切な日になるかも。

 

納豆は美味しいうえに栄養価も高く、朝食べて良し、夜食べるともっと良しという、日々の健康をサポートしてくれる超優秀なスーパーフード。

また、ごはんにのせるオーソドックスな食べ方だけでなく、アレンジの幅・可能性が広いのも特徴。

 

納豆をあますことなく堪能すべく、納豆の日にはオリジナルのアレンジ料理に挑戦してみるのもいいでしょうね。まだ見たことのない新たな納豆の魅力を発見できるかもしれませんよ。

 

【納豆の関連記事】

納豆を混ぜるベストな回数とタレ投入のタイミングについて語ってみる

納豆と卵の組み合わせがNGって本当?【そんなに気にしなくていい】

-7月, 食材・料理
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5