食材・料理

納豆を混ぜるベストな回数とタレ投入のタイミングについて語ってみる

こんにちは、納豆を混ぜる手が止まらないワチイツキです。

みなさんは納豆好きですか?

私は大好きです。朝食に納豆は絶対に欠かせない人間だったりします。ほんと毎日食べてるのになぜか飽きないんです。

納豆って人によって食べ方は様々ですし、混ぜる回数も全然違いますよね。

10回も混ぜない人もいれば、50回や100回混ぜる人、さらには200回、300回混ぜる人も。

私の場合は、だいたい130回くらい。時間がないときでも50回はマゼマゼしてます。

納豆ってたくさんかき混ぜると美味しくなるの?

納豆を一心不乱にかき混ぜてると、たまに人から「そんなにかき混ぜて意味あるの?」「味なんてたいして変わらないでしょ」と言われることがあります。

いやいや、変わりますとも。

別に楽しくてたくさんかき混ぜてるわけではない・・・とも言い切れないけれども・・・。

まあそれはいいとして、私自身はたくさん混ぜた方が美味しくなっていると強く感じています。

錯覚なんかじゃないよ(たぶん)。

納豆は混ぜることによって旨味が増すことは科学的にも照明されていることです。

混ぜる回数のベストは何回?

味覚センサーのデータによると、少なくとも20回かき混ぜた辺りから旨味が増してくるとのこと。

さらに、50回、100回、200回と回数を増やしていくことで、旨味はさらにアップします。

そして、旨味の上昇するピークはだいたい400回くらいです。

 

ただ、身も蓋もないことを言わせてもらいますが、結局のところ回数は人によって好みが変わってきます。

私の場合は、普段だと130回くらい。理想は200回といったところ。

それ以上は労力に見合わないなと感じました。

 

ちなみに、混ぜる回数の全国平均はだいたい26回。女性よりも男性の方が回数は増える傾向にあるようす。

 

タレを入れるタイミングでも美味しさは変わる

タレは混ぜる前に投入してますか?それとも後?はたまた途中?

タレを入れるタイミングの違いでも旨味の多さには違いがあります。

最初に入れてからかき混ぜるよりも、タレを小分けにして混ぜた方がより旨味は上層するそうですよ。

まあ、劇的に美味しくなるわけでもありませんが、知っておいても損はないかと。

 

ちなみに私の混ぜ方は、まず100回ほど混ぜてからタレを投入して、その後さらに30回ほど混ぜています。

紹介しといてなんですけど、小分けはめんどくさいのでやってません(ぇ

ただ、少なくとも混ぜる前にタレを入れることはありません。先にタレを入れると、豆の表面に付着してる旨味成分であるアミノ酸がタレで流れてしまうので。

納豆の美味しさを引き出したいならタレはまぜた後に入れた方がいいです。

 

まとめ

納豆はたくさん混ぜた方が旨味は上昇する。そして、より美味しくいただきたいのなら、タレを小分けにして混ぜると尚いい。

というのが、納豆を美味しくするかき混ぜ方となります。

 

でも実際のところは、食べ方に正解なんてないんですよね。

好みなんて人それぞれ違いますから。

 

ですので、この記事での情報は、ご参考程度に役立ててもらえたらそれだけで幸いです。

普段ほとんどかき混ぜない人は、騙されたと思って試しにたくさんかき交ぜてみてはいかがでしょうか?

 

といったところで、今回はここでおわりっ!

-食材・料理

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5