9月

重陽の節句(菊の節句)の意味や由来【食べ物や料理・節句の楽しみ方も紹介】

重陽の節句(菊の節句)とは|意味や由来・食べ物・楽しみ方を紹介

✓重陽の節句とは?
✓重陽の節句に決まった食べ物はある?
✓どのように過ごすの?

このような疑問を解消します。

 

皆さん『重陽の節句』をご存知でしょうか?桃や端午、七夕の節句と同じ”五節句”のひとつで、五節句の最後を締めくくる行事。

しかし、他の節句に比べてなぜか影が薄いため、どんな行事なのか知らない方は多いかもしれません。

現在では控え目な存在になっていますが、実は昔は最も重要とされていた節句だったんですよ。

 

そこで今回は、重陽の節句がどんな行事かを解説すると共に、この日の楽しみ方についてもお話します。

重陽の節句はいつ?

POINT

毎年「9月9日」は、五節句のひとつである年中行事「重陽の節句」。

 

歴史は古く、元々は旧暦の9月9日にお祝いされていた行事。新暦だと10月中旬から下旬頃にあたりますが、現在の暦でも重陽の節句は「毎年9月9日」に行われています。

 

ただし、中には新暦に換算した日に行われることもあります。重陽の節句は、菊や栗、ナスといった秋の収穫物が使われる行事であるため、新暦の9月9日では収穫時期が若干ズレてしまうからです。

重陽の節句が時代と共に影が薄くなっていった原因は、この旧暦と新暦による違いとも言われています。

 

重陽の節句とはどんな行事?【意味と由来】

菊をよく用いる行事であることから、別名「菊の節句」とも呼ばれる「重陽の節句(ちょうようのせっく)」

POINT

邪気を祓い、寿命が延びるとされていた菊を使い、不老長寿や繁栄を願う行事としてお祝いされていました。

 

中国から伝わってきた「五節句」の最後を締めくくる節句。

五節句とは

季節の変わり目に生まれやすい邪気や厄を払い、無病息災を願う五つの神事。

  • 人日(七草がゆ)・・・1月7日
  • 上巳(桃の節句)・・・3月3日
  • 端午(菖蒲の節句)・・・5月5日
  • 七夕(星祭)・・・7月7日
  • 重陽(菊の節句)・・・9月9日

昔は最も盛んにお祝いされていた行事だったのですが、現在では五節句の中で最も影の薄い存在になっています。

 

旧暦9月9日は現在の10月中旬頃でちょうど”菊”が見頃を迎える時期。ところが、現在の9月9日はまだ秋らしさが薄く、菊の盛んな時期ともズレがあります。

旧暦から新暦に変わっても変わらず9月9日にお祝いされてるせいで、他の節句よりだいぶ季節感が合わなくなり、次第に廃れてしまうことに・・・。

 

奇数は縁起が良い!9月9日は最もめでたい日だった!

起源は他の節句同様、中国から伝わってきた五節句。

1月7日の人日(元は1月1日)、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、そして9月9日の重陽を指し、この日は全て同じ「奇数」が連なっています。

 

古代中国では、

  • 偶数は縁起の悪い”陰数”
  • 奇数は縁起の良い”陽数”

と考えられていました。

中でも1から10の間で一番大きい「9は最高に縁起の良い数字」であり、そんな9が2つ重なる9月9日を「重陽(陽数が重なる)」と呼び、最も縁起の良い日として盛大にお祝いされていたのです。

 

ただ、奇数が連なるめでたい日である反面、災いに転じやすいとも考えられていたことから、お祝いだけでなく厄払いの儀式も執り行なわれていたようです。

 

重陽の節句といえば「菊」!

重陽の節句は別名「菊の節句」とも呼ばれるほど、はこの日に欠かせない植物。

 

古来より中国では、菊は薬草としても用いられ、長寿をもたらす花だとされてきました。菊のおかげで少年のまま700年生きた「菊慈童(きくじどう)」という伝説があるほど。

そこで、中国では9月9日に菊を浮かべた菊酒を飲んで邪気を祓い、長寿を願う風習が生まれたといいます。

 

平安時代の日本に重陽の節句の風習が上陸

この風習が海を渡って日本に伝わったのは平安時代

平安貴族の宮中行事「重陽の節会(せちえ)」となり、日本に伝来してきたばかりの珍しい菊を観賞しながら、菊酒を飲む宴が行われ、厄払いや長寿祈願が行われるようになりました。

 

また、宮中の女官の間では、前夜に菊の花を綿で覆い、菊の香りと朝露を含ませた綿で体を拭く「菊の着綿という風習が行われるようになります。長寿になるとか、若返ると信じられていたそうですよ。

 

そして、江戸時代には式日(祝日)とされていた五節句となり、庶民の間でも盛大に祝われるようになりますが……。

上記でも述べた通り、明治以降旧暦から新暦に変わったことで、菊が旬の時期とズレてしまったりと、季節感の違いから次第に影が薄くなってしまうことに。

 

重陽の節句で食べる行事食

重陽の節句は秋の収穫祭としての意味合いも含まれていたため、重陽の節句の祝い膳には、秋の味覚が食べられてきました。

 

栗ごはん

重陽の節句は秋の代表的な味覚である「栗」の収穫時期と重なるため、江戸時代の頃から「栗ごはん」を食べる風習が生まれました。

そのことから、重陽の節句は菊の節句という別名の他に、庶民のあいだでは”栗の節句”とも呼ばれていたそうです。

 

秋茄子

昔は9がつく日に「おくんち(9日)に茄子を食べると中風にならない」という言い伝えがありました。

焼き茄子や茄子の煮びたしなど、「茄子料理」を食べていたと言われています。

中風とは

現在では脳血管障害の後遺症のこと。半身不随、片麻痺、言語障害、手足の痺れや麻痺を指します。

 

食用菊

菊は昔から食用としても親しまれており、現在でも食用に栽培された「食用菊」をおひたし、お吸い物にして食されています。

観賞用の菊を食用に品種改良したもので、苦味が少なくほのかな甘みがあるそうです。

 

花びらのみを用いるお吸い物、おひたし、和え物、天ぷらなどに使われているのは、主に大輪種。刺身のつまに使われているのは黄色い小輪種です。

 

重陽の節句の楽しみ方

現在ではあまり馴染みがない節句になってしまっているので、楽しみ方や過ごし方がよく分からない方も多いのでは?最後に、重陽の節句の楽しみ方も紹介します。

 

菊酒

古くは平安時代の頃から行われてきた楽しみ方には、「菊酒」があります。

杯に菊の花びらを浮かべて、お酒を薬効と爽やかな香りと共に楽しんでいました。

 

本来は漬け込んだ菊の花びらを用いますが、食用菊の花びらを浮かべるだけでも雅な雰囲気を味わえますよ。

 

着せ綿/被せ綿(きせわた)

「着せ綿」、または「被せ綿」は、宮中の女官たちが行っていた風習。

前日の夜のうちに菊に綿を被せて、翌朝の朝露や菊の香りがしみ込んだ綿で身体を清めるというもので、長生きできると信じられていました。

正式には、 赤い菊には白い綿、白い菊には黄色い綿、黄色い菊には赤い綿を被せていたそうです。

 

菊湯、菊枕

現在のハーブバスのように菊を湯船に浮かべた「菊湯」に浸かったり、菊のポプリを詰めた「菊枕」で眠るという楽しみ方もあります。

菊を使った雅なアロマテラピーとして、健康や美容を願っていました。

 

今年の9月9日は重陽の節句を意識して過ごしてみよう

健康と長壽を願う重陽の節句。菊がシンボル的なものであることから、菊の節句とも呼ばれています。

同じ五節句である桃の節句や端午の節句に比べると、だいぶ影が薄いため、現在では忘れられがちな節句になってしまっていますね。

 

しかし、9月9日は縁起が良い奇数の中でも、一番大きい9が重なる日であり、非常におめでたい日。昔は最も盛大にお祝いされていたんです。

この日には、菊の長寿バワー&邪気払いにあやかるため、様々な形で菊を取り入れてきました。また、栗やナスなど秋の味覚を味わうのも一つの楽しみ方ですよ。

 

今年の9月9日は、菊酒を作って風流に過ごしたり、栗やナスを使った料理で美味しく過ごしたり、気分もお腹も重陽の節句で満たしてみてはいかがでしょうか。

 

-9月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5