5月

五月人形を飾る時期はいつからいつまで?【飾り方のポイントや注意点も解説】

五月人形を飾る時期はいつからいつまで?

✓五月人形はいつ出していつ片付けるの?
✓五月人形って飾る期間に決まりはあるの?
✓飾るときに気を付けることはある?

こんな疑問を解消します。

 

5月5日は端午の節句に合わせて、五月人形を飾ろうと考えてるご家庭は多いと思います。しかし、「いつから出せばいいんだろう?」「飾る期間に決まりはあるのかな?」と、悩まれてる方も少なくないのではないでしょうか。

子供の健やかな成長を祝い願うための大切な行事ですので、なるべく正しい作法に則って飾ってあげたいですよね。

 

そこでこのページでは、五月人形を飾る適切な時期と、正しい飾り方のポイントを解説します。

五月人形は「いつ出す?」「いつ片付ける?」

五月人形を飾る時期

日本における端午の節句の起源をたどると、奈良時代までさかのぼります。それほど古くから続く伝統行事ですので、五月人形を飾る時期にも明確なルールが設けられていそうですが…。

 

実は五月人形の飾る時期にいつからいつまでという明確な決まりはありません。

  • 飾る時期 ⇒ 決まりはない
  • 片付ける時期 ⇒ 決まりはない

ただし、古くから一般的に相応しいと考えられている時期・期間ならありますので、以降で解説します。

 

五月人形を飾る時期

五月人形を飾り始める一般的な時期

春分の日(3月20日ごろ)が過ぎてから4月中旬頃まで

この期間が適切だと考えられています。遅くても当日から一週間前の4月29日(昭和の日)までには飾っておきたいところ。

 

また、「大安や友引に飾った方がいい」という意見もありますが、これに関しても絶対ではありません。暦で縁起の良い日を選ぶのは、「できるなら」くらいの意識で十分ですよ。

 

五月人形を片付ける時期

五月人形を片付ける一般的なタイミング

端午の節句が終わったらすぐに片付ける

片付ける時期にも決まりはありませんが、「お節句」というのは季節行事ですので、端午の節句が過ぎたらなるべく早く片付けるのが良いとされています。

 

風習以前の問題としては、この時期の気候が要注意なのです。端午の節句のある時期は、梅雨に突入する時期に近いため、天候は不安定。空気もじめっと湿り始めます。

五月人形に限らず、湿気は人形の大敵!カビやシミが発生して寿命が縮んでしまいます。

 

なので、天気の良い乾燥してる日を選んで片付けをし、湿気の少ない場所に保管しましょう。

雛人形のように片付けが遅れると婚期が遅れるみたいな迷信はありませんが、やはり早めに片付けることをおすすめします。これに関しては外飾りである鯉のぼりも一緒。

 

五月人形を飾る際に押さえておきたい飾り方のポイント

五月人形を飾る場所選びのポイント・注意点

昔なら、五月人形を飾るのは家の中で最も格式高い「床の間」というイメージでした。しかし、最近はアパートやマンション住まいの方が増え、そもそも床の間がないご家庭も増えています。

そのような住宅事情がありますので、飾る際に押さえておきたいポイントも確認しておきましょう。

 

飾る方角はどっち向きがいい?

一般的には、縁起の悪い北向きを避けて、南向きor東向きに飾るのが良いと考えられています。しかし、これも絶対の決まりというわけではありません。

最近は昔に比べて飾る場所が限られているケースが多いため、飾る方角は自由で良いと考えられています。

 

むしろ大事なのは方角よりも場所です。

 

直射日光&水回りNG!風通しの良い涼しい場所が◎

五月人形をはじめ、基本的に人形というのは直射日光があたると色あせや変色を起こし、劣化を招いてしまいます。

また、エアコンの風も同様に安全とは言い難く、直射日光と空調の温風は五月人形にはNGなのです。

 

直射日光や空調の温風を避け、風通しの良い涼しい場所に置くのが正解。

設置が長期に及ぶと、家の中に差し込む日光の角度も微妙に変わるので、その辺りも考慮した場所選びが大切になります。

 

また、人形は湿気にも弱いので、台所・浴室などの水回りも危険。玄関も風通しが良くないので避けておくのが無難でしょう。

 

家族が集まる団らんの場所を選ぶ

五月人形は床の間のようなインテリアを飾るのに適した場所が相応しいのですが、近年は床の間がないご家庭が増えています。

そのような場合は、家族みんなが集まるリビングのような団らんの場に飾るのが良いでしょう。

 

端午の節句は、子供の成長を祝い、健康や繁栄を祈願する行事です。行事の意味合いを考慮すると、子供の成長を見守ることができる場所に飾るのが一番。

 

また、自分の部屋を持ってるお子さんなら、それぞれの子供部屋に飾るのもアリです。

災いから守る身代わり人形としての役割もあるので、お子さんの近くに飾ることはとても理にかなっています。

 

五月人形の意味と種類【兜・鎧・金太郎を端午の節句に飾る理由】

続きを見る

五月人形を飾る意味や種類に興味がある方は、こちらの記事▲を参考にしてください。

 

端午の節句はいつからいつまで飾るかのまとめ

五月人形は、飾る時期に明確なルールは存在しませんが、一般的には春分の日から4月中旬頃までには飾っておく方が良いと考えられています。

片付ける時期は端午の節句終了後なるべく早く。風習がどうのというより、梅雨になると人形の大敵である湿気が発生するためです。ただ、これはあくまで一般的な考え方であって、地域によってはルールがあるかもしれませんので、事前に確認しておきましょう。

 

年に一回の端午の節句です。そして、子供の成長と繁栄を祈願し感謝するとても大切なお祝い行事。五月人形を正しくきちんと飾り、家族みんなで男児の成長をお祝いしてください。

良い思い出となる端午の節句を過ごせたらいいですね。

 

端午の節句の関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

端午の節句の関連記事まとめ

おすすめ記事洋室に馴染むおすすめのコンパクト&おしゃれな五月人形

-5月
-

© 2021 暮らし道標 Powered by AFFINGER5