5月

土用干しってなに?意味や時期は?【梅・着物・田んぼを干す理由】

土用干しとは?時期はいつ?梅や衣類を干す意味は?

✓土用干しってなに?
✓土用干しを行う時期はいつ?
✓何を干したらいいの?どんな良いことがあるの?

こんな疑問を解消します。

 

土用と言えば、ウナギを食べる土用の丑の日が有名ですが、他にも『土用干し』という風習があるのをご存知でしょうか?

言葉のニュアンスから何かを干すことはイメージできても、やはり土用の丑の日に比べると認知度は低いため、「土用干し?何それ?」と疑問に思われる方も多いと思います。

 

このページでは、土用干しについて意味や時期、干す物の意味などをご紹介します。

土用干しとは

土用干し(どようぼし)とは、夏の土用の期間に様々なものを干す風習です。

代表的な干すものは、梅・衣類・書籍・田んぼなど。

 

昔ながらの風習ではありますが、普段の暮らしでも洗濯物や布団を干しますよね。土用干しも天日干しや陰干しをして物を干すことを言い、夏の土用の期間は梅雨明けの時期となりますので、何かを干すにはちょうど良い時期だったのです。

そのため、夏の土用に干すものを総称して土用干しと言われています。

 

そもそも「土用」とは何か

「土用」とは、季節の節目を知るために設けられた暦「雑節(ざっせつ)」の一つ。本来の土用は春夏秋冬それぞれのシーズンに1回ずつ、「春土用」「夏土用」「秋土用」「冬土用」の計4回の土用があります。

 

この由来となるのは中国の「陰陽五行説(五行思想)」。これは、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという自然哲学の思想です。

元素をそれぞれ「春=木、夏=火、秋=金、冬=水」というように四季にあてはめ、残った土は「土=季節の変わり目」に割り当てられており、この土の期間を土用と呼びます。

 

土用干しは、1年を通して4回巡ってくる土用のうち、「夏の土用」の期間に行う風習です。

一般的にうなぎを食べる日として知られている、7月・8月の土用の丑の日がある期間。

参考記事土用の丑の日はどんな日?2021年はいつ?【うなぎを食べる理由も併せて解説】

 

夏の土用はいつ?

土用の期間は、四立(立春・立夏・立秋・立冬)の直前18日間(または17日・19日間)。

土用の期間

  • 【冬土用】立春の直前約18日間 ⇨ 1月17日~2月3日頃
  • 【春土用】立夏の直前約18日間 ⇨ 4月17日~5月4日頃
  • 【夏土用】立秋の直前約18日間 ⇨ 7月19日~8月6日頃
  • 【春土用】立冬の直前約18日間 ⇨ 10月20日~11月6日頃

※四立は年によって1日前後するため土用の期間も年によって異なる

 

土用干しの期間は夏の土用です。夏の土用は立秋(8月7日ごろ)の直前約18日間なので、7月19日~8月6日ごろということになります。

 

土用干しの意味と効果

土用干しの代表的なものは、梅・衣類・本・田んぼです。これらを干す意味と効果について解説します。

 

梅を干す

梅は6月に収穫を行い、これを塩漬けにしたものを3~4日ほど天日干しすると、梅干しの完成。この土用の期間に行う梅の天日干しの工程を「土用干し」といいます。

梅雨が明けて天候が安定しやすい時期に入るため、梅を干すには絶好のタイミングなのです。

 

天日干しすると、紫外線の作用によって梅は殺菌され、水分が抜けて保存性が高まります

 

田んぼを干す

田植えをした田んぼは、土用の時期に1~2週間ほど水をせき止め、土にヒビが入るほど乾かします。これを「中干し」といいますが、土用の期間に行われるため代表的な土用干しの一つとなっています。

田んぼを土用干しすることによって、根の活力が高まり、風害を耐える丈夫な稲穂が残り、豊かな実りになると言われています。

 

中干しの目的はこちら▼

  • 土中に酸素を取り込んで根腐れを防ぐ
  • 土中の有毒ガスを抜く
  • 無駄な分けつ(親株から新芽が出て株分かれすること)を抑える
  • 田面をかたくして作業性を高める

 

着物や衣類を干す

古くから土用の時期に「着物(衣類)」や「本(書籍)」を干すと、”虫に食われない”と言われていました。梅や田んぼと違い天日干しだと傷んでしまうので、風通しの良い場所で陰干しを行い、湿気を逃がすのです。

これを「虫干し」といいます。書籍の場合は「曝書(ばくしょ)」とも言いますね。

 

夏の土用の時期はちょうど梅雨明けごろ。湿度の高い日はまだまだ多いので、湿度の低い日・時間帯を選ぶとよいでしょう。

 

今年の夏は土用干しに挑戦してみよう

土用干しとは、7月中旬~8月初旬の土用の期間に、梅・衣類・書籍・田んぼなどを干す行為のことを指す風習です。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、梅干しは基本的に土用干しされたものが出回るので、意外と現代でも身近な風習と言えますね。

 

夏の土用の期間は梅雨明けごろにあたり、天候が安定しやすい時期。天日干しもしくは陰干しすることで湿気をとり、虫やカビを防ぐことができ、梅は保存性やうま味も高まります。また、田んぼでは丈夫な稲が残るため、実りが豊かになるとも。

 

衣類や書籍の日干しならご誰で簡単にできます。梅干しもご自宅で作れますので、今年の夏は土用干しに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事日本で生まれた暦「雑節」の意味と一覧【二十四節気との関係も簡単に解説】

関連記事季節の便り「二十四節気」の意味と一覧【七十二候との関係も簡単に解説】

-5月
-, ,

© 2021 暮らし道標 Powered by AFFINGER5