2月

知ってる?節分の本当の意味と由来【豆まきの正しいやり方・ルールも解説】

節分の意味は?豆まきをする理由は?

立春の前の日、2月3日頃は【節分】。「鬼は外~!福は内~!」の有名な掛け声と共に、豆まきをした経験がある人は多いことでしょう。

ところで、節分にはどんな意味があるのかを知っていますか?

邪気を祓うため?でも、なんで豆をまくんだろう?

何となく、悪い運気を家から出して、良い運気を家に呼び込む的な行事なんだろうなという印象は強く受けます。

でも、ちゃんとした意味や由来を聞かれるとちょっと困りますよね。

そこで今回は、節分と豆まきの意味を解説すると共に、豆まきの正しいルールもお伝えします。

節分の意味と由来

春夏秋冬それぞれの季節には、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」という季節の変わり目の日が決められています。

節分の意味とは――

「季節を分ける」という意味で、新しい季節に備える日

つまり、節分とは「季節の変わり目」を指しているということ。

今でこそ節分は立春の前日の日(2月3日頃)に行われる行事として定着しています。

ですが、本来の節分は、春夏秋冬それぞれの季節の変わり目の前日を指し、年に4回もあったんです

昔使われていた旧暦では、新年は春から始まっていたため、立春前日の節分は大晦日にあたる大切な日。故に、春の節分は特に重要視され、節分と言えばこの日とされるようになりました。

 

由来は?

昔は、災害や説明できない不幸な出来事を「怨霊」の仕業とされ、季節の変わり目は特に「邪気」が生まれやすいと考えられていました。

その邪気を祓うため、平安時代の宮中で執り行われるようになったのが、奈良時代に入ってきた古代中国伝来の「追儺式(ついなしき)」
(※この時はまだ豆ではなく桃の枝が邪気払いに使われてたとか)

これが室町時代になると、桃の枝から豆に変わり、寺社が邪気払いに「鬼外福内」と唱えながら行う豆打ちの儀式が取り行われました。
この豆打ち儀式が「豆まき」の由来とされています。

さらに江戸時代になると節分での豆まきが庶民の間にも広がり、徐々に一般化されていったそうです。

先程、春の節分が重要視されていたと説明しましたが、実際に立春前日だけが節分になったのは江戸時代からです。

 

なんで「大豆」?

「鬼」は古来より邪気や厄災の象徴とされてきたわけですが、何故その鬼を祓うために使われたのが「豆」なのでしょうか?

正直、豆で鬼を撃退できるとは思えないのですが・・・。

これに関しては諸説あるのですが、日本人の「穀霊信仰」の影響が大きいとされています。

古来より、日本では五穀(米・麦・豆・ひえ・あえ)には「邪気を祓う霊力」が宿っていると考えられていました。穀物に由来のある神様も多数存在するなど、神事によく用いられていたんです。

また、このような説もあります▼

京都鞍馬寺に鬼が出た際、毘沙門天のお告げで鬼の目に大豆を投げつけたところ、鬼を退治できたという話。

「鬼の目⇒魔の目⇒魔目(まめ)」に大豆をぶつけて「魔を滅する⇒魔滅(まめ)」という語呂合わせ。

豆をまく行為は、魔滅=邪気を祓うに通じることから、一年の無病息災と邪気払いの意味が込められているという説です。

米や小豆ではない理由は、大豆は米より粒が大きい事からより多くの精霊が宿るとされ、邪気払いには最適なんだとか。

大豆の方がまいたときの音がおおきくて迫力もありますよね。

 

正しい豆まきのやり方・ルール

せっかくなので、伝統的な豆まきの正しいやり方も解説します。

「炒り豆」を使う

スーパーなどで市販されている節分用の豆って炒った豆がほとんどですよね。「何故なんだろう?」と疑問に思ったことありませんか?

もちろんこれにもちゃんとした意味があります。

節分の豆というのは、”旧年の穢れや厄災を負って払われるもの”であるため、撒いて拾い忘れた豆から芽が出るのは縁起が悪いとされているからです。

また、「炒る」を「射る」に掛けてるとも言われていますね。

 

豆まきは夜が最適だけど、昼間でも問題ない

鬼がやってくるのも、邪気が生じやすいのも夜です。

それゆえ、豆まきを行う最適な時間は夕方以降となります。

しかし、神社やお寺の節分行事はだいたいどこも昼間に行われているので、そこまで気にする必要はありません。都合の合う時間でOK!

 

豆を撒く場所の順序

家の中から鬼(邪気)をしっかり追い出すため、豆を撒く場所にも順序があります。

以下が豆まきの順序です▼

1)奥の部屋からスタート

2)「鬼は外~」と言って窓の外に向かって豆をまく

3)豆をまいたら鬼が戻って来れないようにすぐ窓をしめる

4)部屋の中に「福は内~」と言って豆をまく

5)奥の部屋から順番に豆を撒いていき、最後に玄関で撒いて終了

飾り方のPOINT

  • マンションのように外へ豆を撒くのが難しい場合は、床に向かって力強く豆を撒く
  • 豆まき係は家長・年男・年女・厄年の人
  • 鬼役はいてもいなくても良い(本来は目に見えないから)

最後に豆を食べる

豆まきをして家の中から邪気を払い終えたら、1年の無病息災を願ってまいた豆を食べます。

たくさん食べたい人もいるかもしれませんが、1年の厄除けが目的なので豆の数は「ご自身の年齢+1個」

この+1個というのは、節分は昔だと大晦日にあたる日なので、来年も健やかに過ごせますようにという意味です。

たくさん食べられるのはおじいちゃんおばあちゃんになってからですね。でも、節分の日は豆だけではなく、恵方巻を食べる風習もありますよ。

 

まとめ

節分の豆まきとは、旧年の穢れや邪気を鬼に見立てて家の中から追い出し、1年が健やかにありますようにという願いを込めて行う季節行事。

豆が用いられているのは、豆には邪気を祓う霊力が宿るとされており、大豆が最適だと言われています。しかし、これは地域ごとに色々と違いはあり、例えば北海道や東北では落花生が使われているそうです。

昔ながらの豆まきにチャレンジしてみるのも良い経験になるのでオススメです。

でも、伝統的な豆まきを次代へ受け継いでいくことも大切ですが、あまり伝統にとらわれず家族のイベントとして楽しむのも良いですよ。

楽しんで行うことが悪い気を払い、福を呼び込むことに繋がりますからね。

-2月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5