2月

恵方巻の具材に決まりは?7種類でないとダメ?【具材の組み合わせ例も紹介】

恵方巻に入れる具材に決まりはある?組み合わせ例も一緒に解説

すっかり節分の風物詩として定着した【恵方巻】

この時期が近づくとスーパーやコンビニなどで予約が始まりますが、「今年は恵方巻を手作りしようかな♪」と考えてる方も少なくないはず。

でも、ここでふと疑問が・・・

恵方巻の具材って何か決まりってあるのかな?サラダ巻きとかでもいいの?

何かとルールが面倒な恵方巻ですので、入れる具材にも決まりがあるのではないかと疑問に思う人もいることでしょう。

今回は、恵方巻に入れる具材に決まりがあるのかを解説すると共に、具材の組み合わせを紹介します。

恵方巻に入れる具材は7種類!その理由は?

恵方巻は一般的に7種類の具材を入れることが多いです。

数字の「7」といえば「ラッキーセブン」とも言います。それだけでも縁起は良さそうですが、さすがにそれが直接の理由とは思えません。

ならこの7にどんな意味があるのかというと――

7種類の具材を入れるのは「七福神」にちなんでいると言われています。

七福神とは

七福神とは福の神として信仰されている七つの神の総称。「七難即滅、七福即生」に基づき、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると信じられています。

七福神に名前を連ねる神々とは、

  • 恵比寿天(えびすてん)
  • 大黒天(大黒天)
  • 毘沙門天(びしゃもんてん)
  • 弁財天(べんざいてん)
  • 福禄寿(ふくろくじゅ)
  • 寿老人(じゅろうじん)
  • 布袋尊(ほていそん)

商売繁盛や長命長寿、金運に恋愛成就など、あらゆる福をもたらす七福神の幸福にあやかる意味で、恵方巻は基本的に7種類の具材を入れるようです。

ただ、格式張った神事というわけではない恵方巻ですので、恵方巻と七福神の間には由来と呼べるほどの深い関係性はありませんでしたが・・・。

七福神の「7」に掛けてのことで、何事にも縁起を担ぐ日本人らしい考え方ですね。

しかも、どうやらこれも絶対ではないらしく、恵方巻に入れる具材の数を決定づける定義はありません。具材が2、3種類の恵方巻もあれば、7種類以上の恵方巻だって売ってますからね。

 

恵方巻に入れる具材に決まりはある?

恵方巻の具材が7種類である事が多いのは、七福神にちなんでいるという事は分かりました。

ならば、7種類それぞれの具材も七福神を由来とする食材を使うのだろう!…と思いきや、いくら調べてみてもそんな記録や文献は見つかりませんでした。

七福神にちなんではいても、入れる具材に決まりはないようです。

これは予想外・・・。

具材は家や地方によってさまざま。最近では10種類以上の具材を入れた恵方巻も珍しくありません。

その中でも最もポピュラーな組み合わせは―

  1. 玉子
  2. きゅうり
  3. ウナギorアナゴ
  4. かんぴょう煮
  5. しいたけ煮
  6. 桜でんぶ
  7. 高野豆腐

この組み合わせで販売されていることが多いのですが、これも正解というわけではありません。

というより正解なんてものは元から無く、「好きな具材を好きなように入れてください」というのが恵方巻です。

 

定番以外の恵方巻に入れる具材の組み合わせ例

では、今年は恵方巻を家で手作りするという人もいるでしょうから、組み合わせの例をいくつか紹介します。

一般的(?)には、以下のような具材の組み合わせもありますよ。

  • 玉子、きゅうり、ウナギ、しいたけ煮、かんぴょう煮、レタス、おぼろ
  • 玉子、きゅうり、マグロ(ブリ)、大葉(+納豆)
  • 玉子、きゅうり、サーモン(ネギトロ)、イクラ、エビ、カニカマ
  • レタス、アボガド、サーモン、エビ(+玉子、きゅうり)
  • エビプライ、レタス、マヨネーズ(+かにかま、トマト、ツナ)
  • 玉子、きゅうり、レタス、カニカマ、マヨネーズ(+ツナ)
  • 玉子、きゅうり、レタス、ロースハム、マヨネーズ

定番の組み合わせを少しアレンジしたものから、海鮮巻きサラダ巻きまでさまざま。

その他にも、オムライス恵方巻肉巻き恵方巻などもあります。

中でも出番が多いのは玉子ときゅうりですね。使いやすい食材というのも理由でしょうが、黄色と緑で色合い的にも鮮やかになりますから。

「これでいいの?」…と思われるかもしれませんが、具材の数も種類も決まりはありませんので、変に気負わずに好きな具材を入れて楽しんでください。

 

まとめ

恵方巻は節分に食べる縁起物とされているので、入れる具材にも何かルールがありそうに思えます。

しかし、これが正解!というような決まりは特にありません。

一応「七福神」にちなんで7種類の具材を入れるのがポピュラーですが、これも絶対というわけではなく、入れる具材の数も種類もそれぞれの家庭の「自由」。

定番の7種類の恵方巻で縁を担ぐのも良いですが、手作りするならアレンジした恵方巻にもチャレンジして、節分をより楽しんでみてはいかがでしょうか。

-2月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5