2月

ねこ好き必見!2月22日は猫の日【2022年の猫関連のイベントも紹介】

毎年2月22日のは猫の日。イベントは?

その愛らしい見た目と仕草で多くの人々をメロメロにしてしまう愛くるしい猫。

ゴロゴロ甘えてきたかと思えば、一転して素っ気なくつれない態度をとったり、そんな気ままでツンデレ的な素振りもたまらない魅力です。

 

ところで、日本には猫たちが主役となる『猫の日』という記念日がある事をご存知でしょうか?

実は毎年「2月22日」は猫の日として制定されているのですが、なぜ2月22日なのか分かりますか?

ヒントは「にゃん、にゃん♪」・・・猫の鳴き声です。

 

このページでは、猫の日がどのような記念日でどんなイベントが開かれているのかについてご紹介していきます。

猫の日とは?

猫の日とはどんな記念日?日本はいつ?

猫に関連する世界的な記念日といえば、動物愛護団体・国際動物福祉基金によって制定されている8月8日の「世界猫の日」が有名です。

その世界猫の日とはまた別に、独自に猫関連の記念日を設けている国が多く、実は日本でも制定されています。

 

日本で制定されている猫の日はこちら▼

POINT

”日本における【猫の日】は——2月22日”

全国の猫を愛してやまない人たちが、一般社団法人ペットフード協会と協力して1987年に制定されました。

趣旨「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」

このように定められています。

 

世界猫の日が制定されたのは2002年のことですので、日本はそれより15年も前から行っていたことになります。

それだけ日本には猫好きの人が多いのかもしれませんね。

 

どうして猫の日は「2月22日」なの?

気になるのは、どうして「2月22日」が猫の日と決まったのかという点。

ほぼ答えになるのですが、そのヒントは”猫の鳴き声”

・・・

お分かりですか?

 

猫は「にゃ~、にゃ~」と鳴きますよね。この猫の鳴き声にちなんで、「にゃん(2)にゃん(2)にゃん(2)」という語呂合わせから2月22日になったそうです。

とても日本らしい決め方。これは全国の公募によって決定しました。

 

ちなみに、日本以外の各国の猫の日の一例がこちら▼

  • アメリカ・・・「10月29日」
  • ロシア・・・「3月1日」
  • ヨーロッパの多くの国々・・・「2月17日」

 

また猫好きの国としては、猫にとても優しいことで知られる「トルコ」を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?

トルコでは毎日が猫の日のようなもので、街中いたるところに猫がいるそうですよ。

 

猫の日には何をするの?

「ところで猫の日には何をするの?」・・・と思われた方も多いのではないでしょうか?記念日として制定されてはいるものの、特にやらなければいけない事は決まっていません。基本的にはどのように過ごすかは個人の自由。

 

猫好きの人が猫の日に行っている一例をご紹介します▼

POINT

  • 普段より猫をおもいっきり可愛がる
  • 愛猫に好物や豪華なご飯を食べさせてあげる
  • 猫カフェに行く
  • SNSなどに写真を挙げて猫好きと共有
  • 猫のコスプレをする

このような事を行っているようです。

 

あとは映画やアニメ、それから漫画など、猫関連の作品を楽しむのも良さそうですね。

 

以下の記事で面白い猫漫画をまとめていますので参考にしてください。

参考記事面白い猫漫画のおすすめ10選!最高に可愛くてクセになる作品を紹介

 

それら以外だと、少しだけでも保護猫や野良猫のために個人で出来ることについて考えてみるのもいいと思います。募金をしてみたり、保護猫のカフェや施設に行ってみたり、ボランティアをするのも猫のためになる行いになるでしょう。

 

【2022年版】全国各地の猫に関するイベント

猫関連のイベントを紹介

「猫の日」当日や前後の時期をはじめ、今年開催を予定されている猫関連のイベントをご紹介します。

新型コロナの影響により、施設の休業やイベントの順延・中止など開催内容が変更する場合があります。

 

わんにゃんドーム(2022)

東海地区最大級のペットイベントとして多くの来場者が訪れる大人気の【わんにゃんドーム】

世界中の犬や猫とのふれあいをコンセプトにしており、世界の珍しい猫や犬たちと触れ合うことができます。

さらに、ペット同伴で入場することができるのも特徴。愛猫、愛犬と一緒に出掛けてみるのも楽しそうですね。

開催日:2022年2月5日(土)~2月6日(日)10時~17時
会 場:バンテリンドーム ナゴヤ(名古屋市東区大幸南1-1-1)
入場料:前売券(大人:1,600円、子供:800円)、当日券(大人:2,000円、子供:1,000円)
公式サイト:コチラ

 

ねこ休み展 冬 2022

人気の猫クリエイターが多数参加する合同写真&物販展「ねこ休み展 冬」

プロ・アマ問わず、いろんな猫クリエイターたちが手掛けた可愛い猫グッズや猫の写真集など、癒されるハンドメイドグッズが展示・販売されているイベント。

猫好きにはたまらないワクワクな祭典ですので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

開催日:2022年1月28日(金)~2月27日(日)11時~19時
会 場:TODAYS GALLERY STUDIO.(東京都台東区浅草橋 5-27-6 5F)
入場料:600円 / 3歳以下は入場無料
公式サイト:コチラ

 

 ねこまつり at 湯島~猫でつなぐ湯島のまち~

下町情緒漂う湯島で催されている地域密着型の猫イベント【ねこまつり at 湯島~猫でつなぐ湯島のまち~】

毎年2月と9月の2回開催され、湯島エリアにあるカフェや雑貨店など複数のお店が参加。

イベント期間では、猫にちなんだ限定グッズやメニューの販売、猫グッズクリエイターによる物販、スタンプラリーやフォトコンテストなど、特別なイベントも実施されています。

街中のあちらこちらに猫を発見できるイベントですので、是非参加してみてください。

開催日:2022年2月16日(水)~2022年3月13日(日)
会 場:東京都文京区湯島
入場料:無料
公式サイト:コチラ

 

ちよだ猫まつり(2022)

猫の殺処分ゼロを実現した千代田区(東京)で毎年開催されている【ちよだ猫まつり】

一般財団法人ちよだニャンとなる会と千代田区が共同で開催するチャリティイベントです。

猫グッズの販売、トークショー、猫の譲渡会などが催されており、そこで得た収益は猫の医療費などにあてられています。

開催日:2022年2月19日(土:11時~18時)~2022年2月20日(日:10時~17時)
会 場:千代田区役所1階(千代田区九段南1-2-1)地下鉄九段下駅6番出口
公式サイト:コチラ

 

ディズニー キャッツ&ドッグス展

歴代ディズニー作品で登場した”犬”と”猫”のキャラクターが大集合する【ディズニー キャッツ&ドッグス展】

プルート、わんわん物語(レディ&トランプ)、101匹わんちゃん、ふしぎの国のアリス(チェシャ猫)、ベイマックス(モチ)など、世界中で親しまれてきた犬猫キャラクターにスポットをあてた展覧会です。

デジタル化された原画作品が300点以上展示されており、ここでしか手に入らないグッズも販売予定。ディズニーファンの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催日:2022年3月9日(水)~2022年3月27日(日)10時~20時(最終日18時終了/入館は終了1時間前まで)
会 場:福岡三越9階 三越ギャラリー
入場料:前売券 700円(一般・大学生)・500円(高・中学生)・2,300円(グッズ付)
当日券 1,000円(800円)(一般・大学生)・800円(600円)(高・中学生) 
※小学生以下無料

公式サイト:コチラ

 

ニャンフェス15

猫好きによる猫好きのための猫雑貨イベント【ニャンフェス】

雑貨、絵、本、写真など、“猫”をテーマにしたオリジナル作品を展示・販売されています。クリエイター陣は、ハンドメイドを始めたばかりの人からプロとして活躍されている方までさまざま。

ここでしか出会えない猫アイテムがあなたを待ってますよ。

開催日:2022年4月17日(日:11時~16時)
会 場:東京都立産業貿易センター 台東館
入場料:前売券 600円 ・当日券 500円※小学生未満無料
公式サイト:コチラ

 

にゃんともニャンズマーケット7

大阪で開催されている人気の猫イベント【にゃんともニャンズマーケット】

「一匹でも多くの猫を助けたい。」――その一つの想いから始まったイベントで、「すべての猫と猫好きに幸せを」というコンセプトの下で毎年実施されています。

当日は、可愛い猫グッズの販売会や猫好きの交流、猫の里親会が開催され、売上の一部は保護活動に使用されるようです。

猫を愛してやまない人たちが集まる空間ですので、猫好きならきっと楽しめるでしょう。

開催日:2022年は5月か6月に開催予定
公式サイト:コチラ

 

2月22日だけではない!猫と関わりのある記念日

猫の日以外の猫にまつわる記念日を紹介

2月22日の【猫の日】意外にも、猫にまつわる記念日がありますので紹介します。

 

黒猫感謝の日:8月17日

「黒猫感謝の日」は、全ての猫ではなく「黒猫」だけに注目した記念日。

日本だと黒猫は「玄関先に現れると縁起が良い」「黒猫が現れるのは幸運の前触れ」「黒猫を飼うと病気が治る」という縁起の良い福猫として扱われると同時に、「黒猫が目の前を横切るのは縁起が悪い」といった扱いをされることもあります。

後者は欧米の影響を受けていると言われており、欧米では昔から黒猫は不吉の象徴とされていました。そのせいで黒猫は貰い手が少ないそうです。

そんな状況を改善するために、アメリカに住む男性ウェイン・モリスさんが「黒猫感謝の日」を作ったのが始まり。

この日には、FacebookのBlack Cat Appreciationのページを中心とした各SNSで黒猫の可愛い写真や動画がたくさんあげられています。

 

招き猫の日:9月29日

「招き猫の日」は、招き猫愛好家たちが集う「日本招猫倶楽部」が1995年に制定した記念日。

9月29日に制定した理由は、「9(来る)29(福)」の語呂合わせから。

この記念日の趣旨は「いつも手を挙げて、私たち人間に福を招いてくれる「招き猫」に一年に一度くらいは感謝する日があってもいいのでは」という考え。

当日は各地でイベントが開催されています。有名どころでは、三重県伊勢市、愛知県瀬戸市、長崎県島原市などで「来る福招き猫まつり」が開催されているので、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

猫の日は愛くるしいニャンコと楽しく過ごそう!

2月22日は猫の日。猫たちにとっても猫好きたちにとっても特別な日となります。

「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日」

愛猫と一緒に暮らしてる方は、普段以上にニャンコとイチャイチャしちゃいましょう!

 

SNSに画像や動画をあげて猫好き仲間と可愛いを共有するのも良いですね。この時期に開催している猫関連のイベントに参加するのも楽しそう。ねこカフェに行って思う存分猫をモフりまくるのも最高かと。

せっかくの記念日ですので、いつもより豪華なご飯を用意しておもいっきり愛情を注いでみてはどうでしょうか?

 

猫と一緒に過ごしつつ、猫たちの幸せについても考えたり、素敵な1日となる猫ライフを楽しんでください。

-2月
-

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5