2月

食べきれない!恵方巻を切るのは縁起が悪い?【食べ方の謎や正しいルール】

恵方巻を切るのはダメ?食べ切るまで無言でないとダメ?

いつの間にか節分の定番になっていた縁起が良いとされる食べ物【恵方巻】

ただ、食べ方にいろいろルールがあってややこしいんですよね。しかも、一般的に言われているルールが厳しく、その通りに食べるのは正直言ってかなり辛い。

「太巻きを一切しゃべらず一本丸ごと切らずに食べる」とか聞いたんだけど、あれって本当なの?

そのようなルール聞いたことありませんか?

恵方巻はコンビニやスーパーに売られていますが、そのまま食べるにはボリュームもサイズもデカ過ぎ・・・。できれば切って食べたいというのが本音です。

今回は、恵方巻を切って食べるのはダメなのか?大丈夫なのか?など、恵方巻の正しい食べ方について解説します。

恵方巻の一般的に知られている食べ方のルール

まずは、謎多き恵方巻の一般的に広まっている食べ方のルールを確認してみましょう。

  • 恵方を向いて食べる
  • 一人一本丸ごと切らずに食べきる
  • 食べてる最中は一切しゃべってはいけない

恵方というのは、幸福の象徴とされている「歳徳神(としとくじん)」のおわす方角。そちらに向かって食べることによって、幸福になるとか、願いが叶うと言われています。

このルールに関しては別におかしくもないので普通に納得できますが、問題は残りの2つです。

一本食べ切るまで「切ってはダメ」「しゃべるのはダメ」という謎のルール。

始めて恵方巻のこのルールを聞いたとき、私は次のように思いました。

「・・・苦行ですか?」

あのボリュームの太巻きを切らずに黙って最後まで食べきるのは、なかなか困難です。

実際のところ、その食べ方のルールは正しいのでしょうか?

 

恵方巻を切るのは縁起が悪い?

恵方巻に関しては諸説あるため、これが正解!とハッキリ言えないのが正直なところ。

それでも「恵方巻は切ってはいけないのか?」の疑問に個人的な意見を述べるのなら――

【いえ、切ってもいいです!】

と、なりますね。

恵方巻の「切ってはいけない。最後まで一気に食べきる」という過酷なルール。

なぜこのような事が言われているのかというと――

恵方巻を包丁などで切る行為が、「縁が切れる(縁起り)」を連想させ、良い縁を切ってしまう恐れがあるからだと言われています。

ですが、コンビニやスーパーに置いてあるあのデカイ太巻きを、切らずにそのまま一気に食べ切るのはあまりにも過酷。

大人でもキツイのですから小さいお子さんは苦痛かもしれません。ならば、恵方を向いて願掛けしながら食べるくらいのルールにして、家族みんなで楽しく食べた方がいいと思いませんか?

恵方巻を切ったところで縁起が悪くなるわけがない理由

そもそも恵方巻は花街で行われていた”遊び”がはじまり。しかもセクハラ的な。それを販促キャンペーンに利用した商人たちによって民間伝承となり、現代になってコンビニが全国に広げたもの。

恵方巻は格式張った行事でも神事でもないですからね。厳格にルールを守る必要は全くなく、恵方巻を切ったところで縁起が悪くなるなんてことはありません!

それでも「縁が切れる」を連想する人もいるでしょうが、縁とは決して良縁ばかりではなく、さっさと切ってしまった方がいい「悪縁」だって存在します。

縁を切ることが必ずしも悪いとは限りません。結局のところあなたの解釈次第です。

それに、一気に食べて喉にでも詰まらせたり、顎を痛めたら本末転倒もいいところ。苦痛な表情で食べたり、食べ切れずに残してしまった方がよっぽど罰当たりですよね。

なので、無理せず食べ切れるサイズにカットして、よく噛んで楽しく食べるようにしましょう。

 

恵方巻を食べてる最中にしゃべるのはダメ?

さらに、「切るのはダメ」というルールの他にも、「食べ切るまでしゃべるのはNG」というまた面倒なルールもよく聞くと思います。

これに関しては、半分正解で半分間違い。

神事の最中にしゃべるのは神様に対して非常に失礼な行為ですが、先ほども説明した通り恵方巻は決して神事ではありません

ただ、恵方巻は一応神様に願掛けすることも一つの目的です。神事ではないとはいえ、神様へ願掛けしてる最中にべちゃくちゃ話すのはやはり失礼にあたります。

なので、恵方を向いて願掛けしながら恵方巻を食べるわけですが、願掛けが終わればたとえ食べ切ってなくても話すのはOK!

願掛けをする事からこのルールが出来たのでしょうが、神様へのお願いが終わったら無言を貫かなくても問題ありません。

むしろ、あとは会話でも交えながら食事を楽しんでください。

 

恵方巻は切ってもいい?話しながら食べてもいい?のまとめ

今や節分の定番となった恵方巻は、「切るのはNG」「しゃべるのもNG」といった面倒で謎なルールが知られています。

ですが、恵方巻は神事でも何かしらの宗教行事でもないので、厳格にそのルールを守る必要はないと言えます。

恵方巻を切ったところで縁起が悪くなることはありませんし、願掛けさえ終わればトークも解禁ですからね。

もちろん、広く知られているルールの上で恵方巻を楽しむのも自由です。絶対にこれがダメ!というわけではありません。ただ、その場合もあまり無理はせず、喉につまらせたり顎を痛めたりしないように気を付けてください。

神様も、しかめっ面で恵方巻を食べる姿よりも、笑顔で食べてる姿の方が見たいはずです。

ちなみに、恵方巻は神事ではありませんが、節分のもう一つのイベント「豆まき」はれっきとした神事です。

 

-2月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5