2月

針供養の日とは何をする行事?【豆腐を使う理由や自宅でのやり方も解説】

毎年2月に行われる行事の一つに【針供養】というものがあります。みなさんはご存知でしょうか?

服飾関係の仕事に携わってる方には馴染みのある行事なんですが、一般的にはあまり知られていませんよね。

ニュースで見た事はある。なんか豆腐に針を刺してたけど、何で豆腐なの?

何となく使わなくなった針を供養するんだろうな…というのが言葉からイメージはできます。

しかし、なんでそんな事をするんだろう?何で豆腐やこんにゃくに刺すんだろう?というのが疑問。また、自宅でも出来るのかも少し気になるところ。

そこで今回は、針供養がどんな行事なのかについて解説いたします。

針供養とは何をする日?

まず何をする日なのかですが、これはイメージされてる人も多いと思いますけど言葉そのままの意味です。

【針供養】とは―

使ってるうちに曲がったり、折れたり、錆びたりして、使えなくなった縫い針を神社に納めて感謝して供養し、同時に裁縫の上達を祈る儀式です。

供養の仕方は地域によって違うこともあります。

一般的なやり方としては、当日は針仕事をお休みするべきだと考えられており、

  • 豆腐
  • こんにゃく

のような柔らかいものに縫い針を刺して供養される事が多いです。昔は土に埋めて供養するという形を執っていた地域もあります。

現代はミシンの普及によって針仕事を家庭でする人も減っているため、針供養を知らない人が増えています。しかし、服飾系の仕事に関わりのある人・企業・学校は今でも針供養を行っているケースが多いです。

つまり針供養とは、頑張ってくれた針に「ありがとう」と感謝を伝え、「お疲れ様」の気持ちを込めて供養する日です。

 

針供養はいつ?

では、針供養は「いつ」行われる儀式なのでしょうか?

針供養が執り行なわれる日にちは毎年決まっており、日本の年中行事「事八日(ことようか)」に行われています。

「事八日」とは、1年間お世話になった道具に感謝して供養する風習。その代表的な行事が針供養です。

事八日は、「2月8日」と「12月8日」のこと。

12月8日が「事始め」で2月8日が「事納め」と呼ばれますが、事始め・事納めは日ちにが逆になる場合もあります。

両方行うところもありますけど基本的にはどちらか一方の日に行う方が一般的ですね。東日本だと2月8日で西日本だと12月8日に行われることが多いようです。

この違いは、事始め・事納めがどちらかという考え方の違いによるものです。

神様の事始めは12月8日、事納めは2月8日

年を司る年神様を迎えるために正月の準備を始める12月8日の「事始め」で、正月の後片付けを全て終わらせるのが2月8日の「事納め」。こうして神様を迎える行事を終えて、田畑を耕す人の日常が始まります。

次に、

人の事始めは2月8日、事納めは12月8日

年を司る年神様を迎える正月行事を終えて田畑を耕す人の日常が始まる2月8日が「事始め」で、一年の農作業が全て終わる12月8日が「事納め」。そして、神様を迎える準備に入ります。

事始め・事納めの期間が、”神様をお迎えする正月期間”か、それ以外の”人の日常を中心とした期間”かの違い。

どちらを始まりと見なすかで、針供養の神事を行う日が変わるようです。

 

針供養の由来

実は針供養の起源は定かではないのですが、有力な説は存在します。

元々日本で始まった儀式ではなく、中国から伝わってきたとされる説です。

中国の「社日(産土神「土地の神様」をまつる日)に針線(針仕事)を止む」の習慣が、日本に伝わってきたとされています。

起源は不明であるものの、平安時代には清和天皇によって針供養の堂が「法輪寺」に建立されていたため、平安時代には既に針供養自体か、又はベースとなる儀式を行う風習があったことは確実だとされています。

ただ、当時はまだ一部の地域で貴族が執り行なっていた程度で、いまのように全国的に広がったのは江戸中期以降。

これを広めたのは、一説では神棚を背負って功徳を説いて各地を回った放浪の坊主「淡島願人」たちだと言われています。

淡島願人が各地で唄った祭文の歌詞というのは――

淡島明神、鈴をふる願人、天照皇大神第六番目の姫君にてわたり給ふ。御年十六歳の春の頃、住吉の一の后そなはらせ給ふ神の御身にも、うるさい病をうけさせ給ふ。綾の巻物、十二の神楽をとりそへ、うつろ船にのせ、さかひは七度の浜より流され給ふ。あくる日三月三日淡島に着き給ふ。巻物を取り出し、ひな形をきざませ給ふ。雛遊びのはじまり、丑寅の御方は針さしそまつにせぬ供養、御本地は福一まんこくぞう。紀州なぎさの郡加太淡島大明神、神体堅固の願、折針をやる

この淡島願人の唄によって、針供養の儀式が淡島信仰と結びついて全国に広がっていったようです。

 

何で針を豆腐やこんにゃくに刺すの?

針供養の仕方は地域によって違いはありますが、多くの場合は役割を終えた針を「豆腐」や「こんにゃく」に刺して供養します。

恐らく、「なんで豆腐?なんでコンニャク?」と疑問に思ってる人もおられるでしょう。

簡単にご説明しますと、「ゆっくりお休みしてください」という労う気持ちの表れ。

長いあいだ「硬い」生地に何度も何度も針を通してきた縫い針ですので、最後は「やわらかい」ものに刺して休んでもらおうという労い想いから、やわらかい豆腐やこんにゃくに刺すのです。

物を大切にしてきた昔の日本人の優しさを感じますね。

とても感慨深い神事です。

 

針供養は自宅でもできる?やり方は?

針供養は寺社(主に、淡嶋神社・淡島神社・浅草寺・法輪寺・天神社など)へ納めて供養す他に、自宅で行うこともできます。

決して難しいことはないので神社やお寺に納められない場合は実践してみてください。

まず準備する物――

  • 供養する針
  • 豆腐やこんにゃく
  • 白紙

針供養のやり方――

  1. 豆腐やこんにゃくをお皿にのせる
  2. 感謝の気持ちを込めて針を①に刺す
  3. 神棚や仏壇があるご家庭はそこに置いて供養する
  4. 供養を終えたら白紙に包んで処分

これで終わりです。

とても簡単ですが、針の処分だけは気を付けてください。各自治体によって違うこともあるので、処分方法はしっかり確認するようにしてください。

そして、何より大切なのは「これまで頑張って働いてくれてありがとう」という感謝の心を持って供養することです。

 

まとめ

針供養は、現代では家庭で針仕事をする人が減っているため、一般的には馴染みの薄い行事になりました。

しかし、服飾系に関わる業界では今でも根付いている風習であり、関連する専門学校でも行われているようです。

針を使う機会は減っていますが、お裁縫はいまでも身近にあります。幼稚園、小学校に通う子供のためにバッグを手作りする親御さんもいるでしょう。

物に対する感謝の気持ちを忘れないためにも、今一度「針供養」のような物を供養する行事を大切にするのもいいと思います。

そして、もし使わなくなった針があるのなら、針供養を行っている神社やお寺、もしくは自宅で感謝の気持ちを込めて針の供養をしてみてはいかがでしょうか。

-2月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5