1月

いくらあげる?最近のお年玉の相場を年齢別に紹介

お年玉の相場を年齢別に解説

子供の頃はお正月のお年玉は貰う事ばかり考えていましたが、大人になってあげる側になると悩む事も多いですよね。

特に、毎年悩まされる問題がお年玉の金額ではないでしょうか?

小学生の子はいくらあげればいいんだろう?あと、幼稚園児の子にはそもそも必要なのか?

あげる側になると状況は一変し、気になる事がたくさん。

それに、自分の子供や孫だけではなく、姪っ子や甥っ子、友人の子供にあげる事だってあります。他の人と差があるのは少し気まずいものです。

そこで今回はお年玉をいくらにするか悩んでる方向けに、最近のお年玉の相場を年齢別に紹介します。

最近のお年玉の相場はいくらなの?

お年玉をいくらにするかは毎年悩まされる難題ですが、特にあげる側になって初めてのお年玉は相場も何も全く分かりませんよね。

最近のお年玉の相場はいったいどのくらいなのか、さっそく年齢別に確認してみましょう。

<年齢別のお年玉の相場>

年齢 お年玉の相場金額
0歳~園児 1,000円(0~2,000円)
小学生(1~3年生) 2,000円(1,000~3,000円)
小学生(4~6年生) 3,000円(3,000~5,000円)
中学生 5,000円(5,000~7,000円)
高校生 5,000円以上(5,000~10,000円)
大学生・専門学生 10,000円以上

※マナーとして、4,000円のように「4」がつく数字は「死」を連想できるため、縁起が悪いので避けた方がいいでしょう。

だいたいこのくらいの金額にしてる人が多いようです。

ただ、あくまでこれは相場ですので、もっとあげたければこれ以上の金額でもいいですし、逆に多いと感じたならもっと少なくしても問題はありません。

最近は少子化の影響からか、お小遣いと共にお年玉の相場も上がってると聞きます。なので、例年の相場より+1,000~2,000円くらいが丁度良い金額かもしれません。

 

年齢別のお年玉の相場

それでは、ここからはもう少し詳しくお年玉の相場を年齢別で見ていきましょう。

0歳~園児

お年玉は、だいたい子供が3歳くらいになった頃から渡し始める人が多いようです。

未就学児へは渡さないケースも多いみたいですが、渡す場合は「500円」or「1,000円」がほとんど。

祖父母からのお年玉だと「2,000円」「3,000円」なんてケースもあります。渡す側の年齢が高くなるにつれてお年玉の金額も上がりやすくなるようですね。

注意して欲しいのは、この年代の子供は貰ったお年玉をうっかり失くしてしまう事があるので、親がいる前で渡すようにしましょう。

 

小学生(1年生~3年生)

未就学児へはあげない家も少なくはなく、その場合は小学校へ上がる年に合わせてあげるという家も多いようです。

この年になると「500円」意見がなりを潜め、お年玉なら「1,000円」越えが普通になってきますね。

「1,000円」「2,000円」「3,000円」が圧倒的に多く、「2,000円」程度が相場になります。

1年生になったら1,000、2年生になったら2,000といったように、年齢が上がるごとに+1000円みたいに予めルールを決めておくのもいいでしょう。

 

小学生(4年生~6年生)

小学生高学年ともなると、お金の価値が徐々に分かってきて、自分でお札を使って買い物する機会も増えてくる時期。

お年玉の相場は3,000円から5,000円になってきます。

計画を立てて使う事を学ぶにはちょうど良い頃合いですし、友達付き合いが増えてくる時期でもあるので、多すぎず少なすぎずが丁度良い金額です。

既に自分でそれなりにお金をしっかり管理できてるお子さんなら、もっと多くしても問題ないでしょう。

『4は「死」を連想させる縁起の悪い数字』……というのは、子供は気にしてない事がほとんどなのですが、周囲の大人が気にする可能性があるので避けておくのが無難。

 

中学生

中学生になるとお年玉の相場もいよいよ「5,000円」の割合が多くなってきます。

「3,000円」だとちょっと少ないかもしれません。

小学生以上に交際費が必要になってきますし、欲しい物の価格が少し高額になってくるお年頃でもありますから。

家庭でお金について話をする機会が増える時期のようで、子供もお金に対してちょっとずつ敏感になり始めます。

また、物を貰うよりお金の方が勝手が効くことから、物よりもお金を貰えた方が嬉しかったりする事も・・・。

 

高校生

高校生になると、中学生時代に比べて、交際費も欲しがる物の金額もさらに大きくなってきます。ファッションに気を遣う子も急激に増えてきますよね。

お年玉の金額も大きく上がり、「5,000円以上」が相場になり始め、「10,000円」貰ってる子もぐんと増加。

貰ったお年玉を参考書に使ったりする事もあるので、5,000円や10,000円にプラスして図書券を渡してるケースもちらほら。

ただ、中学生の時と変わらず「5,000円」のままというご家庭も多く、これ以上は金額を上げる必要がないと考えてるようです。

 

大学生

「大学生にはいらないのでは・・・」と、お年玉は高校までと決めてるご家庭も多いのですが、大学生の子供や孫にも渡してるケースは珍しくありません。

この年齢になってくると「10,000円」が相場になってきますね。

アルバイトをして自分でお金を稼げるようになっているとはいえ、出ていくお金も増えてるため金欠の大学生は多いです。

そのため、高校生までとはお年玉の意味合いが若干変わり、生活に役立ててという意味も含まれていたりします。

 

まとめ

お正月の時期が近づいてくると、毎年のようにお年玉をいくらにするか問題で悩まされるもの。

だからと言って、適当にしてしまうと子供の教育上よくない事も起こらないとは限らないので、相場くらいは知っておきたいものです。

ただ、相場は意識しつつも、ご自身の経済状況を加味して吟味した上で、無理のない範囲の金額にしておきましょう。

あげる側にとっても、貰う側の子供たちにとっても、楽しいお正月にできたらいいですね。

-1月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5