生き方・考え方

朝活では得にくい「夜活」のメリット!1日の終わりを最高の時間に

こんにちは、ワチイツキです。

みなさんは、帰宅してからの夜時間をどう過ごしていますか?有効に活用できていますか?

実践者や推奨してる人が多い「朝活」は有名。朝の時間帯を有効利用して、仕事や勉強、趣味に充ててる人はたくさんいます。

その朝活とは逆に、近年は夜活』への注目も高まっています。

「朝活で十分」「朝活の方が有効」と思われてる方もいるでしょうが、注目されてるだけあって夜活にも大きなメリットがあるんですよ。

朝活をして気分良く1日のスタートを切るのもいいでしょうが、どうせなら1日の終わりも気分良く締めくくりたいものです。

そこで今回は、夜活だからこそ得られるメリットと効果を紹介させていただきます。朝活を挫折した方は夜活を試してみてはいかがでしょうか。

 

夜活とは?

朝活が「朝活動」の略であるのと同じで、夜活は「夜活動」の略です。

終業後・帰宅後の時間帯を、趣味や勉強、仕事に充てて有意義に過ごすための活動。朝活の夜番のようなものです。

このような方々が実践されています。以下がその一例。

  • 帰宅後の時間帯を有効活用したい
  • スキルアップしたい
  • その日に溜まったストレスを解消しておきたい
  • 良い状態で1日を終わりたい

という方や、

  • 朝はゆっくり寝ていたい
  • 朝だとどうしてもバタバタしてしまう
  • まだ早起きに慣れてない

という朝活が苦手な人や挫折した人。朝活が自分に合っていなかった人でも、参加しやすい夜活は続けられてる人は少なくないです。

そんな実践者たちがどんな活動をしているのかというと、

ポイント

読書をする
資格などの勉強をする
セミナー・勉強会に参加する
ジムに通う
趣味を満喫する
食事会に参加する

スキルアップに繋がる活動に加えて、リラックスやコミュニケーションを求めた活動が多いかなという印象です。

 

夜活によって得られるメリットと嬉しい効果

「時間の有効活用やスキルアップ目的のためなら朝活で十分なのでは?」

と感じた方もいると思います。

ですが、朝には朝の良さがあるように、夜には夜の良さがあるものです。

朝活では得にくいメリットが夜活にはありますよ。

 

夜活は朝活よりも参加しやすい

朝活と比べた場合、特にメリットに感じるのが参加のしやすさ。ハードルが低いから取り組みやすく、挫折せずに継続できるところが良いポイント。

これが朝活の場合だと、

  • 眠くて作業に集中できない
  • 確保できる時間が短い
  • 早めに家を出なければいけない
  • 寝ていたい
  • 寝坊しました

などの理由から、なかなか取り組めない人が出てきます。長時間の確保も難しい。

それに、出掛けるまでという時間の制約もあるため、キリの悪いところで手を止めないといけないことも多々あります。

一方で、夜活は終業後・放課後のゆっくりできる時間帯なので、比較的参加しやすいと言えます。朝とは違って寝坊する心配もほぼないですよね。

早いときには18時~19時ごろから取り組めるため、活動できる時間を長く確保できるのも嬉しいところ。

 

朝よりも時間の制約がない

上でも少し述べた通り、朝だと始業時間や登校時間を守る必要があるので、キリが悪くても時間が来たら途中で止めなければいけません

どんな活動内容かにもよるけど気になってモヤモヤすることも。

時間の制約があると集中力が向上するというメリットはあります。ただ、それでもしっかり時間を確保できないと十分な活動は難しくなります。

その点、夜活なら活動時間を長く確保できると同時に、時間の制約もあまりないので、おもいっきり作業に取り組むことが可能。

中途半端なところで作業の手を止める必要もありません。

ただ、朝活よりは時間の制約がゆるいとはいえ、終電にだけは注意してくださいね。

 

コミュニケーションが広がる

セミナーやスクールなどに通うことで、人との出会いの機会が増え、コミュニケーションもより広げることができます。

最近では朝にイベントを開催してるところもありますが、それでも開催数はまだまだ少ない。

夜なら、様々なセミナー、スクール、ゼミ、イベントが開催されているため、出会いの機会には事欠きません。

コミュニケーションの場は飲み会だけとは限りません。

コミュニケーションを目的にしていろんな集まりに参加してみるのもいいすよ。仲間と親交を深めるために利用するもアリですね。

 

夜活の具体的な活動例

資格の勉強をしてスキルアップ

夜活のなかでも特に実践してる人が多い活動が資格や試験などの勉強

1日の中で最も頭が冴えているのは朝です。脳のゴールデンタイムと言われるくらいですから。

でも、記憶が定着しやすいのは夜だと言われています。

その理由は「睡眠」。

記憶は、睡眠中に情報が整理され、統合が起こり、定着します。なので、勉強直後の睡眠は記憶の定着に役立つとされています。

夜は脳がリラックスした状態になりやすい時間帯なのも大きいですね。

自宅で勉強するのも良いですが、たまにはセミナーや勉強会に参加して知識の幅を広げてみるのも有意義ですよ。

 

家事

家事も夜活と言えます。

家事にもいろいろあるけど、なかでも掃除がおすすめ

短時間でも夜の掃除を習慣にして、毎日コツコツ綺麗にしておくと、週末のまとめ掃除がなくなります。年末の大掃除もグッと楽になりますよ。

 

それから、普段よりも凝った料理に挑戦してみるのもいいでしょう。

あと、朝が苦手な人なら、朝ごはんや次の日のお弁当の準備を夜に済ませてしまうのもおすすめです。前日の夜にある程度の作業を片付けておけば、朝バタバタしなくてすみます。

 

運動

勉強と同じくらい人気が高いのが運動です。

夕方や夜にジョギングしてる人をよく見掛けると思います。

夏場でも涼しくて快適に体を動かすことができ、昼間より人が少ないから自分のペースで運動できるのもメリット。

散歩するだけでも良い運動になりますよ。夜の散歩は気分転換にも最適。

夜散歩の魅力について記事にしたので、よければ参考にしてください。

[blogcard url="https://yurutokip.com/post-1090/"]

ナイトテニスやヨガ教室も盛んです。

ヨガやストレッチ、マッサージで疲れを取ったり、体の調子を確認するなど、体のメンテナンスに使うのもいいですよ。

 

趣味

夜は副交感神経が優位に働くリラックスしやすい時間帯です。その時間を趣味に使うのもおすすめです。

ストレス解消効果も高まるので精神面の安定にとても有効。

  • 読書
  • 音楽
  • 映画鑑賞
  • ゲーム

など、

思い思いの趣味を楽しんで、気分の良い状態で眠りにつけば、きっと質の良い睡眠をとれるはずです。

引いては、スッキリした朝を迎えることもできるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夜活は朝活と比べたら認知度は低いですが、夜に活動するメリットってたくさんあるんですよ。

夜活は自分磨きをしたい人には非常に役立ちます。スキルアップはもちろん、コミュニケーションを広げたり、リラックスする時間にするのも良い使い方。

「終わりよければ全て良し」という諺もあります。良い気分で1日を終えることによって、爽やかな朝を迎えることができます。

向き不向きはありますが、朝が苦手な人や、挑戦してみたいことがある人は、試しに夜活を実践してみてはいかがでしょうか。

もちろん、朝活を実践しながら夜活を取り入れるのもおすすめです。

-生き方・考え方

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5