12月 7月

お歳暮・お中元のタブー!送ってはいけない物と送ってはいけない人

お歳暮・お中元に贈るととマナー違反になるタブーな贈り物

✓お歳暮(お中元)に送ってはいけない物は?
✓お歳暮を送ってはいけない人は?

こんな疑問を解消します。

 

毎年のことであっても悩まされてしまうお歳暮やお中元のギフト選び。それが初めての方やまだ贈り慣れていない方では、戸惑うことも多いでしょう。どうせなら相手に喜んでもらえる贈り物をしたいものですが…。

これらは一歩間違えるとマナー違反と捉えられてしまうこともあります。実は、お歳暮やお中元には相応しくないとされているタブーな贈り物と、そもそも送ること自体がNGとされている人もいるのです。

 

このページでは、知っておくべきお歳暮・お中元マナーとして、「送ってはいけない物」と「送ってはいけない人」についてご紹介します。

 

お歳暮&お中元に送ってはいけない品とは?

お歳暮・お中元には、送ると「失礼」だったり「縁起が悪い」とされているタブーな品物があります。人によってはマナー違反と思われてしまうこともあるので気を付けてください。

  • 「踏みつける」を連想させる物
  • 「みすばらしい」を連想させる物
  • 「縁を切る」を意味する物
  • 「あなたに会いたくない」を連想させる物
  • 「4」と「9」に関連する物

どのような物がどんな理由でタブーとされているのかを知っておくことが大切。相手に嫌な想いをさせたり、余計なトラブルになることを未然に防げます。

 

「踏みつける」を連想させる物

関連する要注意アイテム

靴、スリッパ、靴下、マットなど

 

履物などの足で踏みつける物を贈ることは失礼にあたる可能性があります。相手を「踏みつける」「足蹴にする」…そのような不快なイメージに繋がる恐れがあるからです。

 

「みすぼらしい恰好をしている」を連想されかねない物

関連する要注意アイテム

下着、肌着、靴下など

 

直接肌に身に着けるものを贈る行為は、「みすぼらしい恰好をしている」という意味として受け止められてしまうことがあるようです。

他にも「生活が苦しい」「施しをあげる」といったような、上から目線の失礼な印象を与えかねないので気を付けてください。

 

「縁を切る」という意味を持つ物

関連する要注意アイテム

包丁、ハサミ、ナイフなど

 

刃物は「あなたと縁を切る」という決別の意味として取られる危険性があります。また、刃物のような鋭利な物というのは、「敵意がある」と思われてしまうかもしれないので注意が必要。

 

ただし、刃物は必ずしも縁起が悪いというわけではありません。それどころか、むしろ縁起物として扱われることもある物なのです。

刃物は古来より権威の象徴として、最高の献上品とされてきた神聖な物。「災いを断ち切る」「魔を切る」「未来を切り開く」ものと考えられていました。

このような意味や想いが伝わる贈り方をすれば、刃物を贈ることは全く問題ないでしょう。

 

「あなたに会いたくない」と受け取られかねない物

関連する要注意アイテム

ハンカチ

 

様々なシーンの贈り物としてよく選ばれているハンカチですが、意外にも贈る際には注意が必要なアイテム。

ハンカチを贈ることは「手巾(しゅきん)=手切れ」の意志表示だと考えられているからです。「あなたとはもう会いたくない」と受け取られてしまうかもしれません。

また、ハンカチは涙を拭う際に使われるため、「別れ」や「悲しみ」を連想させると言われることも。

 

ただ、最近はあまり気にせずプレゼントされることが増えています。心を込めた手紙を添えて誤解を与えないように配慮すれば問題ないでしょう。

しかし、白いハンカチに関してはあまりおすすめできません。日本では亡くなった方の顔に白い布をかけることから、白いハンカチは縁起が悪いとされているからです。

 

「4」と「9」に関連する物

関連する要注意アイテム

4=「死」、9=「苦」

 

4は「死」、9は「苦」を連想させる語呂合わせの悪い数字のため、お歳暮やお中元には不向きとされています。

 

4と9は忌み数として避けられることが多く、例えば病院やホテルではこの2つの数字を飛ばしてるケースがよくあること。

なかでも9と4を合わせた「櫛(クシ)」は「苦しんで死ぬ」という意味に繋がるので要注意。なるべくお歳暮の中身も4つや9つの個数は避けた方がいいかもしれません。

 

お歳暮(お中元)とするには念のため注意が必要なもの

ここまで紹介した品物に比べるとタブー度は低いものの、相手によっては失礼にあたるケースがある品物もあります。

逆に喜ばれることも多いため気にし過ぎる必要はないのですが、なにが地雷を踏むかは相手によるので、念のために知っておいてください。

 

現金やギフト券

現金やギフト券は、プレゼント全般において人気の贈り物。「もらえて嬉しいプレゼントランキング」のような各アンケートでも、必ず上位にランクインするほどです。

 

しかし、この現金・ギフト券を贈ることが、「お金に困ってるの?」「めぐんであげる」という意味で受け取られてしまうこともあるようです。

特に相手が目上の方の場合は避けた方がいいかも。同じ理由で、現金ではないけど金額がはっきり分かってしまうものも注意が必要。

 

ただし、貰えると嬉しい人気の贈答品であることも事実なので、贈る相手次第といったところです。相手がこの手のことをあまり気にしない方なら、現金・ギフト券はむしろ大変喜ばれる贈答品となるでしょう。

 

花や植物

贈り物の定番「お花や植物」は、それ自体はお歳暮やお中元に贈ってもマナー的には何ら問題ありません。

注意して欲しいのは贈ろうとしているお花の「花言葉」

 

花言葉に詳しい方はそれほど多くはないでしょうが、相手がお花好きだったり、お花・植物関連の仕事に就いていたり、もしくは勉強していて花言葉にも詳しい場合があります。

念の為に、どんな花言葉があるのかを調べておいて方がいいかもしれません。

 

筆記用具と時計

筆記用具や時計の贈り物は、『勤勉奨励』といって「もっと勉強に励め」という意味を持っています。

これも目上の方もしくは取引先の方に対して、「勉強しろ!」というのはあまりにも失礼にあたるので注意しましょう。

 

カバン

カバンは「通勤」を連想させてしまうことが良くないようです。なかでもビジネス向きとして販売されているカバン。

これもまた目上の方への贈り物とするには失礼にあたることがあるので気を付けてください。

 

マナー的には問題なかったとしても、そもそもカバンなどのファッションアイテムは人によって好みが異なるので、好みに合わないカバンは使ってもらえないかもしれません。

逆に相手の好みを熟知していたり、欲しがってる物を知っている場合は喜んでもらえるギフトになるでしょう。

 

お歳暮やお中元を送ってはいけない人【受け取り禁止の職業】

お歳暮やお中元を送ってはいけない人、受け取りを禁止されている相手

お歳暮やお中元には相応しくない物がある以前に、そもそも送ること自体がNGされている人もいます。正しくは人というより職業によっては受け取りを禁止されてるケースがあるのです。

受け取ると迷惑・不利益を被る可能性もあるので、どのような業種の方がNGなのかも知っておきましょう。

 

公務員は原則的に贈答禁止

代表的な業種でいうと「公務員(国家公務員・地方公務員ともに)」

お歳暮・お中元の受け取りが禁止の公務員

国家公務員・・・国会議員、裁判官、裁判所職員、自衛隊員など

地方公務員・・・知事、市町村長、議員、県庁市役所職員、警察官、消防士、国公立学校の学長・校長・園長・教員、国立病院の医師・看護師など

公務員は「国家公務員倫理規程(倫理規程)」という倫理法に基づく政令によって、利害関係者から金品や物品などの贈答品を受け取ることが原則禁止されています。

賄賂と受け取られる危険性があるので、相手が公務員の場合は迷惑とならないように控えた方がいいでしょう。

ただし、家族・同僚・友人のような、利害関係者ではない方からのお歳暮・お中元は受け取っても問題ありません。

 

ちなみに、「私立学校の先生」の場合は、学校のルールや個人の考え方によって異なります。どちらかといえば受け取らないケースが多いので基本的に贈る必要はありません。

 

民間企業でもお歳暮・お中元を禁止にしてるケースがある

近年では民間の企業(大手企業、外資系企業)はコンプライアンスの観点から、お歳暮・お中元に限らず贈答行為そのものを禁止されているケースが増えています。

利害関係が発生するリスクがあるため、賄賂と疑われかねない贈り物は受け取り禁止が基本です。

そのような企業にお勤めの方にお歳暮・お中元を贈ったとしても、断り状や詫び状が添えられて返送されてきます。これでは相手に手間と迷惑を掛けるだけなので贈らないようにしましょう。

 

お歳暮・お中元は相手の気持ちを考えて贈り物を選ぼう

お歳暮やお中元は、贈る品物によってはマナー違反となってしまうこともあります。相手に不快感を与えてしまうかもしれないので、贈るギフトは十分注意して失礼のない物を選ぶようにしましょう。

タブーになりうる贈り物まとめ

  • 靴や靴下(「踏みつける」を連想)
  • 下着や肌着(「みすぼらしい」を連想)
  • 刃物(「縁を切る」を連想)
  • ハンカチ(「手切れ」を連想)
  • 4、9に関係する物(「死」「苦」を連想)

「考えすぎ」「大袈裟」と思われるかもしれませんが、常識やマナーの基準は人によって異なるもの。自分はなんとも思わないからといって、相手も同じだとは限りません。

自分は「大丈夫だと思った」からではなく、相手の気持ちを優先して品物を選ぶようにしましょう。

 

マナー違反となるタブーなお歳暮はなるべく避けるようにして、日頃お世話になってる方に喜んでもらえるお歳暮&お中元選びができたらいいですね。

もちろん相手の好みに合うものであるなら、一般的にはタブーとされる品物もギフトとして贈るのは全然アリですよ。

 

お歳暮の関連記事は下記にまとめてあるのでご参考にしてください。

お歳暮・お中元の記事まとめ

 

-12月, 7月
-

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5