3月 4月

要チェック!お花見に必要な持ち物リスト【絶対に必要な物とあると便利な物】

お花見に絶対必要・あると便利な持ち物リスト

春の陽気に誘われて、待ちにまった桜のシーズン。つまりは【お花見】シーズンの到来です。

なかには同僚や友人と集まって宴会を楽しむ方も多いでしょう。

でも、あまり参加したことがない方や初めて幹事を任された方などは、何を準備すればいいのか分からない場合もありますよね。

・レジャーシートって普通のでいいのかな?
・箸やお皿は人数分あれば十分?
・春だし防寒具はいらない?

お花見を満喫するためにも、準備は滞りなく行いたいものです。

そこで今回は、お花見に【絶対必要な物】と【あると便利な物】をリストにしたので、持ち物の準備に不安がある方は是非参考にしてください。

お花見に用意しておきたい必須の持ち物リスト

まずは、お花見をするなら絶対に必要な持ち物から説明していきます。

レジャーシート

お花見で大事な場所取りに欠かせないのが【レジャーシート】です。

ブルーシートの名称でも呼ばれる地面に敷いて使うシートで、服が汚れるのを防げる必須のアイテム。

使用人数に応じた適切なレジャーシート選んでください。

 

ポイントは、

  • 想定の使用人数よりも1~2人くらい大き目のサイズ
  • 地面のゴツゴツと下からの冷気を防げる厚手タイプ
  • 防水・撥水性に優れたもの

この辺りを意識して選びましょう。あとは、デザインで決めるのもアリですね。

 

冷えを防ぐ手段としては、レジャーシートの下にアルミシートを敷く方法も有効です。

 

ゴミ袋

後片付け用に【ゴミ袋】は必須。

当然のことですが、自分たちで出したゴミは自分たちで処理するのが基本マナー。

ゴミの分別のことを考えると、なるべく複数用意しておきたいものです。

 

また、ゴミ袋は水漏れしにくいため、本来の用途とは別に何かと役に立ちます。

靴を入れておくこともできますし、穴を開けて被れば突然の雨対策としても活用可能。

 

忘れずに準備しておきましょう。

 

雨具

【雨具】もぜひ用意しておきたいです。

天気が良ければいいのですが、この時期は天候が不安定。大丈夫だと思ってお花見に行ったら雨が降って来た、なんてことがよくあります。

雲行きが怪しいと感じた場合は、せめてレインコートか折りたたみ傘くらいは準備しておきましょう。

 

小雨くらいなら問題ないと考えてる人もいるかもしれませんが、この時期は身体が濡れるとまだまだ冷えます。

後悔しないためにも、雨具は用意しておいてください。

 

使い捨ての食器類

お花見で使う食器類は、利便性を考えて【使い捨てできる食器】がオススメ。

紙皿・紙コップ・割り箸、あとはプラスチックのスプーンやフォークなら、後片付けが楽になります。

 

食べ物によって取り替えることや、万が一落としてしまった時のことを考えて、人数分より2~3倍くらい多めに用意しておいた方がいいです。

注意して欲しいのは、このような道具類は準備の段階から意外と忘れがち。見落としのないようお気を付けください。

 

ウェットティッシュ

いろいろな場面で役立つ【ウェットティッシュ】も必須。

お花見は基本野外なうえ、それなりの人数が集まります。普段以上に衛生面が気になる人は多いです。

 

食事の前のお手拭きをはじめ、うっかりこぼしてしまったとき、手や食器が汚れたときなど、何かと使う場面があります。

お花見は手づかみで食べる料理も多いので、手でつかむ前と後に手を拭けるものがあった方がいいです。

 

除菌タイプのウェットティッシュがオススメ。

あと、お花見スポットだとよく公衆トイレのトイレットペーパー切れが発生するので、念のため用意しおいてください。

 

食べ物と飲み物

お花を観賞するだけが目的でないのなら【食べ物・飲み物】もとうぜん必要。

くれぐれも忘れないよう注意してください。

ただ、お花見シーズンの有名なスポットであれば、屋台が出てることもよくあるので、現地調達ができることもあります。

 

誰か一人に任せる場合もあるでしょうが、持ち寄り制にするのも一つの方法。

各々ひとつかふたつくらい持ち寄ると、いろいろな料理を楽しめます。しかし、持ち寄り制にするとダブりが生まれることもしばしば。

主食担当、おかず担当、サラダ担当、デザート担当、飲み物担当など、それぞれの分担はあらかじめ決めておいた方がいいかもしれません。

 

できれば準備しておきたい持ち物リスト

あると役に立つ便利なアイテム、状況によっては必須なアイテムもいくつかあります。

ブランケット・ひざ掛け、カイロなどの防寒具

寒い日や夜桜を楽しみたいなら【防寒対策】も必要。

この時期は昼間ならそれなりにぽかぽかしていますが、夜はまだまだ冷え込みます。

 

さっと羽織れるブランケットやアウター、ひざ掛けを用意することをオススメします。

ブランケット1枚あるとないとで快適さは全然違います。本当に。

 

または、使い捨てカイロもあるとありがたい。

寒そうにしてる子がいたら、カイロを渡してあげるだけでも「気が利く」と株が上がるかも。

 

座布団

場所やレジャーシートにもよりますが、【座布団】があると長時間座っていても快適に楽しめます。

下が固い場所だとお尻が痛くなったり、地面の冷気でお尻が冷えます。これが長時間に及ぶとなかなかキツい。

 

最後までお花見を楽しむためにも、用意しておくと役立ちますし、困ってる人にさりげなく渡してあげると喜ばれますよ。

汚れてもイイように安めのクッションで十分です。

 

懐中電灯・ランタン

夜桜まで楽しむのなら、場所によっては【懐中電灯・ランタン】も用意しておきたいところ。

ライトアップされてる場所なら必要ないと思われるかもしれませんが、あくまで桜がメインのため、明かりが届いてない場所がそれなりにあります。

手元や足元に何があるか分からないと危ないので、夕方以降にお花見をするなら用意しておきましょう。

懐中電灯は薄暗くなった時間の後片付けにも役立ちます。スマートフォンでも代用可能。

 

ダンボール

意外と優秀なのが【ダンボール】

お花見に必要な荷物を入れて持ち運ぶのはもちろん、

  • クッション性
  • 防寒性

にも優れているアイテムです。

 

下がゴツゴツしているのなら、レジャーシートの下に敷けばクッションの役割を果たしてくれますし、同時にお尻が冷えるのを防げます。

さらに、ゴミ箱の代わりとしても使えるなど、無くても問題ないけどあったら何かと使い道があるから便利ですよ。

 

お花見に行くなら準備しておきたい持ち物リストのまとめ

お花見の準備はなにかと大変ですよね。必要な持ち物も、リストにして挙げてみると思ってた以上にたくさんあります。

もちろん規模や人数、天候などいろいろな事情によって必要な物は変わってきます。

慣れてなくて不安な方は、幹事を担当したことがある人、場所取りをしたことがある人など、慣れてる人にお話しを聞いてみるのもいいでしょう。

どうせお花見に参加するなら、最後まで楽しいままで終わりたいですよね。

何が必要で何があると便利か、しっかり準備してお花見をエンジョイしてください。

-3月, 4月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5