4月

エイプリルフールの意味は?ルールってあるの?【世界を驚かせた嘘エピソードも紹介】

エイプリルフールの意味と由来!最低限守りたいルールと世界中の嘘エピソード

✓エイプリルフールって何?いつから始まったの?
✓嘘をつくときにルールってあるの?
✓嘘は午前中だけというのは本当?

こんな疑問を解消します。

 

4月1日のエイプリルフール。「嘘つきはどろぼうの始まり」と言いますが、この日だけは嘘をついても良いとされています。

世界中で知られている風習ではあるのですが、どうして4月1日だけは嘘をついても許されるのでしょうか?また、嘘をつくにしても決まったルールがあるのかも気になるところです。

 

このページでは、エイプリルフールの意味と由来、ルールを解説すると共に、過去世界中を驚かせたスケールの大きいウソをご紹介します。

エイプリルフールとは|意味と由来

エイプリルフールとは?意味・由来・日本ではいつから始まったのか

エイプリルフールとは、毎年4月1日は嘘をついても良いとされている日のこと。

エイプリルフールの英語表記は、「April Fool」ではなく「April Fool’s Day」が正解。英語で「April Fool」と表現した場合は、”4月1日に騙された人”を指します。

 

日本語で直訳すると四月馬鹿です。漢語表記だと万愚節(ばんぐせつ)、中国では愚人節(ぐじんふし)、フランスではPoisson d’avril(プワソン・ダヴリル:4月の魚)と呼ばれます。

 

エイプリールの由来は諸説ある

世界で知られている風習ではあるのですが、実はエイプリールの起源は諸説あり、何が正しいのかは不明だったりします。世界中にいろいろ説があるものの、どれも確証がないため仮説の域は出ません。

それを踏まえた上で、数ある中でも有力とされている説を何個かご紹介します。

 

フランスで起こった国王への抗議説

最も有力なものは、フランスで始まったとする説。

かつてのフランスは3月25日に新年を迎え、4月1日まで新年を祝っていました。それが16世紀にフランスの王様であるシャルル9世が、1月1日に新年を迎えるグレゴリオ暦を採用。

すると、それに怒った民衆が4月1日を「嘘の新年」として抗議のお祭りを盛大に開催しました。そのことにシャルル9世は腹を立て、嘘の新年をお祝いした人々を処刑してしまったのです。

この悲劇を忘れないように、その後も嘘の新年を祝い続け、時を経てエイプリルフールへと変わっていったというのが一つ目の説。

 

インドの修行僧説

インドの修行僧は春分の日から3月末まで、悟りを開く過酷な修行を行い、4月1日から普段の生活に戻って行きます。

せっかく修行して悟りを開いたのに、4月1日になると修行が嘘だったかのように俗人に戻ってしまうことから、人々は面白がって4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったそうです。

この揶揄節が西洋に伝わってエイプリルフールが生まれたとする説。

 

ノアの箱舟説

旧約聖書に登場する「ノアの箱舟」を由来とするという説もあります。

ノアの箱舟とは、大洪水の予言を受けたノアが巨大船を建造して、大洪水から逃れたという有名な話。その中で、ノアは陸地を探すためにハトを放つのですが、ハトは手ぶらで4月1日に戻って来たと記されています。

無駄足で意味のない日であったことから、「無駄なことをする日」=「嘘をついてもいい日(エイプリルフール)」になったとする説。

 

キリストの命日説

実は、4月1日はイエス・キリストの命日であるという説があります。

キリストを裏切ったユダは「裏切り者」「嘘つき」の代名詞。そんなユダの「裏切り=嘘」を忘れないために、キリストの弟子たちが作ったとする説。

 

4月の魚説

フランスではエイプリルフールのことを、「le poisson d’avril (ル・プワソン・ダヴリル」と呼びます。

プワソンが魚、ダヴリルが4月という意味で、日本語に訳すと「4月の魚」となります。この魚というのは”サバ”のことで、ちょうど4月頃はサバが大量に釣れる時期。

サバは簡単に釣れることから「バカな魚」と呼ばれています。4月1日にサバを食べさせれたり、嘘に騙される人を「プワソン・ダブリル」と言ってからかわれるようになったそうです。

 

フランスには、子供たちが魚の絵を描いた紙をこっそり背中に張って遊んだり、魚をモチーフにしたスイーツを食べる習慣があります。

 

日本ではいつから始まったの?

日本にエイプリルフールが伝わったのは大正時代と言われています。ただ、もともと日本では4月1日を「不義理の日」としていました。

不義理の日とは、「不義理を働いている人=なかなか会えず義理を欠いている相手」に対して、手紙を書いて近況を報告したり、ご無沙汰を詫びるための日。

 

エイプリルフールが日本で浸透すると共に、江戸時代から続いた不義理の日の風習は廃れていくことになります。

 

欧米のように日本でも4月1日にはフェイクニュースが記事に掲載されたりもしましたが、これは迷惑ということであまり流行りませんでした。

しかし、近年では若者を中心にSNSでエイプリルフールに合わせて、ジョークや嘘の情報が出回ったりと再注目されていますね。

 

エイプリルフールにルールってあるの?

エイプリルフールのルールは?嘘は午前中だけって本当?

エイプリルフールというのは起源があいまいなのと同じく、明確なルールもありません。

しかし、そこにも最低限守るべきとされている暗黙のルールはいくつか存在します。

 

エイプリルフールの基本的なルールと言われているのがこちら▼

  • 人を傷つけたり中傷する嘘はNG
  • 縁起の悪い嘘もダメ
  • 騙されても笑って許す
  • 笑って許される嘘をつく

”嘘をついてみんなで笑おう”というのが世界の共通認識ですので、笑えないどころか誰かを傷つけたり悲しませる嘘は好ましくありません。

 

逆にどんな嘘が喜ばれるのかと言うと、例えば「笑える嘘」「びっくりするだけの嘘」「自虐をふまえた嘘」などがいいでしょう。

 

「嘘をついてもいいのは午前中だけ」というルールは本当?

エイプリルフールの決まり事と言えば、

嘘をついてもいいのは4月1日の午前中だけ
午後には自分がついた嘘をバラす

というルールも世界で広まっており、近年日本でもよく知られるようになりました。

 

午前中ルールにも諸説あるのですが、有力な由来はイギリスを発祥とする説。

イギリスには「オークアップルデー(Oak Apple Day)」という、1660年に始まった王政復古の記念日が5月29日にあります。この日は、国王への忠誠の証として、午前中だけオークの実(樫の実)を身に着けるという風習があるそうです。

その慣わしがエイプリルフールにも使われるようになり、イギリスから世界に広まったと言われています。

 

と言っても、これが正式なルールというわけでもありません。イギリスのように午前中だけの国もあれば、1日中嘘をついてもいいとしている国もありますから。

日本でも浸透していけば定着する可能性もありますが、現状は必ずしも守る必要はなく、笑って終われるならお好きなように楽しんでも良いようです。

 

世界を驚かせたエイプリルフールネタ7選

エイプリルフールには、日本でも冗談を言い合ったりしますが、海外(主に欧米)は嘘の規模が段違いです。新聞やテレビなど大手メディアや国営放送の番組が、公然とフェイクニュースを発表して国民どころか、世界中の人たちを騙してきました。

最後にその一例だけですが、海外で発表されたエイプリルフール驚愕ジョークをご紹介します。

 

ビッグベンの時計がデジタル化

ビッグベンとは、テムズ川河畔にあるウェストミンスター宮殿の一角に建てられた大時計台で、イギリスの象徴的な建造物。

 

そのビッグベンの時計がアナログからデジタル化に変更するというネタを、1980年と2008年にイギリスの国営放送であるBBCがニュースで放送。

さらに不要になった時計の針は、先着順で希望者にプレゼントすることも発表しました。しかも、真っ先に応募してきたのは日本人だったというから驚きです。

 

イギリスのBBCが空飛ぶペンギンを発見

次もBBCなのですが、2008年に「空飛ぶペンギンを発見!!」として実際にニュース番組で動画を放送しました。ドキュメンタリー制作チームが、南極で進化したペンギンの空を飛ぶ姿の撮影に成功したというネタ。

 

エイプリルフール用にわざわざペンギンが空を飛ぶ姿をCGで作るという力の入れ様。その映像というのがこちら▼

嘘ニュースだと気づいた人が多くいる一方、騙された人もそれなりにいたようで、放送後は問い合わせが殺到したようです。その映像のクオイリティの高さから大きな話題になりました。

 

スイスの農家でスパゲティが大豊作

立て続けにBBCのネタを紹介しましたが、その始まりと言われている伝説的なBBCのエイプリルフールネタがコレ。

 

1957年に、スイスの農家で”スパゲティが木から収穫できる”という3分間ほどのレポートを放送。スパゲティを食い荒らす害虫の駆除に成功したことで、今年はスパゲティが豊作というもの。「自家栽培のスパゲティに勝るものはありません」という真面目なナレーション付きで。

馬鹿馬鹿しいと思われるかもしれませんが、スパゲティを木に吊るした映像を見て、それを信じた人たちから栽培方法を問い合わせる電話が殺到したそうです。

 

ストッキングを使えば白黒テレビをカラーで視聴できる

まだテレビが白黒放送だった1962年、スウェーデンのテレビ番組で「家庭の白黒テレビをカラーで視聴できる方法を発見した!」と報道されました。

ストッキングのような網目のあるものを白黒テレビにかぶせるとカラーになるというもの。実際に技術者が真面目に解説したところ、多くの国民がこぞってこの方法を試したそうです。

ただ、当然そんな方法で白黒がカラーに変わることはないので、この1日だけで大量のストッキングが無駄になるという悲劇が起きたのだとか。

 

地球の重力が軽くなる

1976年、イギリスの著名な天文学者であるパトリック・ムーア氏が「木星・冥王星重力効果」を提唱(もちろん嘘)。

ムーア氏がラジオ番組に出演し、「冥王星が木星の後ろを通過し、地球上の重力が減少する」と述べたのです。さらに同氏は、リスナーに向けて「その瞬間にジャンプすれば少しだけ浮遊感を味わうことができる」と発表。

すると、面白いことに「宙に浮いた!」「浮遊感を感じた!」という報告が多数寄せられてきました。

 

地方競馬でシマウマがレースに登場

日本のエイプリルフールといえば、東京新聞。東京新聞が2007年の4月1日付けの新聞に、「シマウマ出走秒読み」というシマウマが地方競馬に登場するという記事を掲載しています。

赤字続きで低迷する地方競馬を救うため、起死回生の一手としてシマウマレースの導入するという話。東京新聞は他にも「白黒逆パンダ発見」のような面白ジョークを4月1日に報じています。

 

骨だけケンタッキーを販売

結構最近のことなので覚えてる方も多いかもしれませんが、ケンタッキーフライドチキンが期間限定で骨だけを販売すると発表して話題に。

ケンタッキー公式ツイッターで「待望の新発売!骨だけケンタッキー」というツイートが投稿され、さらに「お肉はスタッフが美味しくいただきました」というコメントが加えられていました。

期間は4月1日限定、価格はオリジナルチキンと同じ1ピース250円、1バーレル1500円。「鍋にラーメンに使い方はいろいろ」とのことです。

 

みんなが笑い合えるジョークで楽しくエイプリルフールを過ごそう

世界で広く親しまれているエイプリルフール。最近は日本でもSNSに面白いジョークを投稿して楽しまれてる方を多く見掛けます。

企業も海外ほど規模は大きくないものの、嘘企画を発表するなどして毎年何かと話題になっていますよね。

 

ただ、4月1日ならどんな嘘をついてもいいわけではないことは心に留めておきましょう。明確なルールはありませんが最低限以下のポイントは守りたいところ。

  • 傷つける嘘や悲しませる嘘はNG
  • 縁起の悪い嘘をつかない
  • 笑って許される嘘をつく

また、嘘の内容にもよりますが、騙されたとしてもなるべく怒らず笑って許してあげたいですね。

 

今年はみんなが笑い合えて、良い意味で驚けるようなエイプリルフールネタを準備してみてはいかがでしょうか。楽しい嘘でハッピーな4月1日を過ごしてください。

-4月
-

© 2021 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5