8月

国民の祝日「山の日」はなぜ8月11日?【祝日化された理由や関連イベントを紹介】

✓山の日はいつ?
✓山の日ってどんな祝日
✓山の日が祝日になった理由は?

このような疑問を解消します。

 

国民の祝日としては比較的新しい「山の日」。海の国であると同時に、緑と山の国でもある日本にぴったりの祝日と言えます。

2016年に施行されたわけですが、新たな祝日の誕生は海の日以来なんと20年ぶり。いったい山の日とはどんな祝日なのか、どのような由来があって祝日になったのでしょうか?また、関連のイベントはあるのでしょうか?

 

このページでは、山の日の意味や時期、国民の祝日に制定された理由などについてご紹介します。

山の日はいつ?

POINT

毎年山の日は「8月11日」

基本的に山の日は固定の祝日なので日にちが変わることはありません。

 

例外として、2020年及び2021年は東京オリンピックの影響を受けて日にちが移動しました。

  • 2020年:8月10日(月曜日)新型コロナウイルスの影響でオリンピック延期
  • 2021年:8月8日(日曜日)東京オリンピック閉会式当日

 

どうして「8月11日」なの?

それでは、なぜ山の日は「8月11日」になったのでしょうか?

  • 8月の「八」が山の形に似ているからとか
  • 「11」が2本の木をイメージできるとか
  • 山に向かって進む一本道に見えるから

と言われていますがこれらは全て後付けです。

 

山の日を制定するにあたって、祝日のない6月第1日曜日にする案、海の日の翌日にする案など、山の日をいつにするかで様々な案が出されました。

その中で議員連盟からは、夏山シーズンであり、8月13日から始まるお盆と繋げやすい「8月12日」を推す声が強く、一時はその日程で決まりかけたそうです。

 

しかし、8月12日は1985年(昭和60年)に、日航機が群馬県の御巣鷹山に墜落した「御巣鷹山日航機事故」という悲劇があった日でもあり、現在でも当日は慰霊式が行われています。

この慰霊の日を祝日とするのは避けるべきという声があがり、最終的にその前日となる「8月11日」に決まりました。

 

山の日とはどんな祝日?

山の日とは

山の日とは2014年に制定され、2016年から施行された比較的新しく設けられた国民の祝日です。

1996年に設けられた「海の日」から数えて、20年ぶりとなる16個目の祝日になります。また、これまで8月には祝日がひとつも無かったので、山の日が初の祝日となりました。

 

制定された背景に明確な山の出来事があったわけではありませんが、

POINT

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する

ということを趣旨としています。

 

山の日が制定された理由

きっかけとなったのは、2008年(平成20年)に作曲家の船村徹さんが「海の日があって、山の国である日本に山の日がないのはおかしい」…と提言したのが始まり。

日本は海にぐるりと囲まれる海洋国家であると同時に、国土の約7割が山地という山の国ですので、そんな意見が出てくるのは当然でしょうね。

 

このメッセージを受け、翌年に日本山岳会が山の日制定に乗り出しました。

さらに他の山岳団体も共鳴して、山岳5団体(日本山岳協会、日本山岳会、日本勤労者山岳連盟、 日本山岳ガイド協会、日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト)が2010年(平成22年)に「山の日制定協議会」を発足。

 

山岳団体所属の議員に働きかけ、元々国内の自然に対して意識の高い議員が多かったこともあり、2013年(平成23年)に約110名からなる超党派の「山の日制定議員連盟」がに発足。

そして、祝日法改正法案を国会に提出すると、ほとんど反対する議員もなく、質疑・審議なしの賛成多数でスムーズに衆議院を通過しました。

 

山の日が祝日に制定された理由としては「海の日」の存在が大きかったんですね。

海の日の詳細はこちらの記事をご覧ください▼

海の日ってどんな祝日?【意味・由来・関連イベントを紹介】

 

2022年の山の日関連イベント

例年、山の日には各地で関連イベントが開催されています。

注)新型コロナウイルスの影響で開催予定が中止・延期・変更される可能性があります

 

■山の日全国大会 in 山形

第6回となる「山の日全国大会」。

2016年に国民の祝日となったことを記念して、長野県松本市で第1回が開催されました。

前回2021年は大分県九重町。そして今回は山形県 山形市・上山市(蔵王地域)にて開催されます。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という国民の祝日「山の日」の趣旨の浸透を図るとともに、山に関する歴史や 文化の継承、環境保全、観光振興、健康増進、山岳遭難や自然災害への対応などの様々な課題の解決や「山の未来」のあり方について考える機会とし、持って国民の幸福と関係各所の連携と発展に資することを目的として開催されます。

当日は記念登山、歓迎フェスティバル、式典記念・トークイベント、大会オプショナルツアーなどの催しが予定されています。

  • 日時:令和4年(2022年)8月10日(水曜日)~8月11日(木曜日)
  • 会場:山形県 山形市・上山市(蔵王地域)
  • イベントHP:第6回 山の日全国大会 in 山形

 

■きのこの山の日

山の日が国民の祝日となったことをきっかけに、明治が販売するチョコレート菓子「きのこの山」も、8月11日を「きのこの山の日」として記念日に制定しました。

明治はこの認定を受けて、「山の日に真っ向から便乗しました」という清々しいほど潔いコメントを出しています。

2016年には山の日制定を記念して、新宿で「ヤッホー」と叫ぶときのこの山をプレゼントするイベントが開催されました。

 


コロナ以前には「山の日イベントin谷川岳」「山の日コンテスト」「山もり!フェス」など、全国各地で様々なイベント・企画が行われていました。

 

山の日という祝日を山を知る・親しむきっかけに!

8月11日の祝日「山の日」制定の裏には具体的な由来は存在しないのですが、「山に親しんでほしい」「山に感謝しよう」という山を愛する人たちの熱意が実って祝日化されました。

学校はそもそも夏休み中であり、お盆の影に隠れてる印象もありますが、祝日や連休が増えてくれるのは単純に嬉しいものです。学生はともかく、大人たちにとっては恩恵が大きいのではないでしょうか。

 

そういった意味でも山への感謝は尽きませんが、本来の目的である”山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する”ことも忘れずに。

また、祝日前後には各地で様々なイベントも開催されるようになりました。イベントに足を運んだり、登山に出掛けたり、山の写真を撮影して過ごすのも良さそうです。

 

山の日という祝日を通して、普段あまり深く考えない山というものに思いを馳せ、山に親しむきっかけとできたらいいですね。

 

祝日関連の記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

祝日に関連する記事まとめ

-8月
-,

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5