7月

海の日ってどんな祝日?【意味・由来・関連イベントを紹介】

海の日とはどんな日?由来は?イベントは?

✓海の日はいつ?
✓海の日はどんな日?
✓海の日はどのように出来た祝日?

こんな疑問を解消します。

 

国民の祝日『海の日』。7月にある非常にありがたい祝日、且つ連休となります。

ところで、海の日ってどのような祝日なのか、どのような経緯で国民の祝日になったのかご存知ですか?

夏といえば海!…というイメージだけで作られた訳ではありませんよ。

 

この記事では、海の日の時期や由来、各地の関連するイベントを紹介します。

海の日はいつ?

POINT

海の日は、毎年7月の第3日曜日

国民の祝日として加えられた当初は「7月20日」でしたが、2003年(平成8年)のハッピーマンデー制度実施に伴い、日付が7月の第3日曜日に改められました。

 

そのため、現在の海の日は固定の祝日ではなく、年によって日付が変動します。

MEMO

2020年の海の日は、通常なら7月20日(月曜日)。

しかし、今年は東京五輪による祝日の特例法により、7月23日(木曜日)に移動。

※五輪延期になっても変わりません

 

そもそも海の日はどんな祝日?由来は?

海の日はどんな日?国民の祝日に制定された由来

海の日の主旨は――

POINT

海の恩恵に感謝するとともに、海洋国である日本の繁栄を願う

この主旨の通り、海に囲まれた島国日本は海からたくさんの恩恵を受けています。海の日を国民の祝日としている国は他になく、世界で唯一の日本ならではの祝日なのです。

 

それでは、どのような経緯で海の日が出来たのかを見ていきましょう。

海の日の由来

1876年(明治9年)7月20日に、明治天皇が灯台巡察の帆船「明治丸」で青森から函館を経由して横浜へ帰港されました。

この記念として、1941年(昭和16年)に7月20日を「海の記念日」として制定。

その後、海の記念日を祝日化しようという声が、海に関わる人たちを中心に国民の間で高まり、何度も署名運動などの働きかけが行われました。

そしてついに、1995年(平成7年)に7月20日を「海の日」として祝日にする法案が可決され、翌年1996年から施行されたのです。

後の2003年(平成15年)に適用されたハッピーマンデー制度により、海の日は7月の第3日曜日に変更されました。

 

海の日はこのようないきさつ・歴史があって制定された祝日だったんですね。もともとは明治天皇の視察が原点にあり、多くの人たちが声をあげたことによって国民の祝日となったわけです。

ちなみに、海の記念日は現在でも7月20日のまま存在しています。

 

海の日にちなんだ関連イベント

海の日に開催されている関連イベント

海の日の当日や連休中は、全国各地でマリンスポーツのフェスが開かれたり、海に関連するさまざまなイベントが開催されています。

例えば、以下のようなイベントが行われています。

 

■海フェスタ

海への理解と認識を深めてもらうため、かつ先でも紹介した海の日の主旨を改めて見つめなおすことを目的としたイベント。

1986年(昭和61年)から、海にゆかりのある様々なイベントがを、毎年場所を変えて全国各地で開催されています。

内容は、船の一般公開、体験航海、マリンスポーツ、コンサートなど。


■東京海洋大学

海の日ゆかりの「明治丸」が保管されている東京海洋大学でも、毎年海の日には記念行事を開催。

体験航海、水中探査ロボットの体験操縦、模型船の工作など、大学が行っている最先端の研究や資料に触れられるイベントです。

重要文化財である明治丸もキャンパス内に展示されており、船内や資料館を見学できます。


その他にも、この時期には各地の海、海に関連する施設で海の日にちなんだイベントを楽しめます。

例えば、ボートレースでは海の日を記念した競走が創設されています。海上自衛隊も音楽隊による演奏、艦船の一般公開を実施。

また、灯台の無料公開が行われたり、普段は入れない灯台も一般に開放しているところもあります。

 

7月の祝日「海の日」をおもいっきり楽しもう!

海洋国家として、はるか昔から海の恩恵を受けてきた日本。世界にはない海の日という祝日が作られるのも当然なのかもしれませんね。

昔は7月20日に固定されていましたが、現在は7月の第3日曜日に移動しています。

 

中には、僕のように「夏=海」という単純なイメージ先行で作られた祝日だと思っていた方もいるのでは?

実際はそんな単純でもなく、明治天皇と深い関わりがあり、たくさんの人たちが祝日化を訴えたことで、何十年という長い年月を経て制定された祝日だったんです。

 

海に感謝することもひとつの目的ですが、別に厳かな儀式をしろというわけではありません。

ささいなことでいいんです。例えば、この日は海でとれた魚介類をおいしくいただく、残さず食べる。海水浴や釣りに行ったなら、マナーよく楽しむことも海への感謝に繋がるでしょう。

また、この時期には全国各地で関連イベントが開いているので、それに参加して海の日をおもいっきり楽しむのもいいですね。

-7月
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5