7月

海の日はどんな祝日?2023年はいつ?【意味・由来・関連イベントを紹介】

海の日とはどんな日?由来は?イベントは?

✓今年の海の日はいつ?
✓海の日はどんな日?
✓海の日の由来は?

このような疑問を解消します。

 

7月唯一の国民の祝日である海の日。かつては7月20日でしたが、現在では7月の第3月曜日と定められています。この3連休には各地でイベントが開催されていますね。

ところで、海の日はどのような経緯で生まれ、国民の祝日になったのかご存知でしょうか。夏といえば海だからなどという理由だけで作られた訳ではありません。

 

このページでは、海の日の意味・由来、今年はいつなのか、各地で開催されているイベントをご紹介します。

 

2023年の海の日はいつ?

海の日は毎年7月の第3月曜日。

海の日は国民の祝日として定められた当初は「7月20日」だったが、2003年(平成15年)のハッピーマンデー制度実施に伴い、日付が7月の第3日曜日に改められました。

そのため、現在の海の日は年によって日付が変動する祝日となっています。

 

2023年の海の日は7月17日(月曜日)。

 

MEMO

改定以降2021年だけ日にちが違います。例年通りなら7月18日(月曜日)だったところを、東京オリンピックによる祝日の特例法により「7月22日(木曜日)」に移動しました。

 

海の日とは【意味と由来】

海の日はどんな日?国民の祝日に制定された由来

海の日の主旨は、海の恩恵に感謝するとともに、海洋国である日本の繁栄を願う

海に囲まれた島国日本は海からたくさんの恩恵を受けています。海の日を国民の祝日としているのは世界中で日本だけ。日本にしかない国民の祝日なのです。

それでは、どのような経緯で海の日が生れたのかを見ていきましょう。

 

海の日の由来

1876年(明治9年)7月20日、明治天皇が灯台巡察の帆船「明治丸」で青森から函館を経由して横浜へ帰港されました。この記念として、1941年(昭和16年)に7月20日を「海の記念日」として制定。

その後、海に関わる人たちを中心に、海の記念日を祝日化しようという声が国民の間で高まり、署名運動が繰り広げられたのです。

この活動によって、ついに1995年(平成7年)に7月20日を「海の日」として祝日にする法案が可決。翌年1996年から施行されました。

 

海の日が生れるまでにはこのようないきさつがありました。明治天皇の視察が原点にあり、多くの人たちが声をあげたことによって国民の祝日となったわけです。

そして、先ほども説明した通り、2003年(平成15年)に適用されたハッピーマンデー制度により、海の日は7月の第3日曜日に変更されました。

ちなみに、海の記念日は現在でも7月20日のまま存在しています。

 

海の日にちなんだ関連イベント

海の日に開催されている関連イベント

海の日の当日や連休中は、全国各地でマリンスポーツのフェスが開かれたり、海に関連するさまざまなイベントが開催されています。

 

■海フェスタ

海への理解と認識を深めてもらうため、海の日の主旨を改めて見つめなおすことを目的としたイベント。

1986年(昭和61年)から毎年場所を変えて、海にゆかりのある様々なイベントを全国各地で開催しています。内容は、船の一般公開、体験航海、マリンスポーツ、コンサートなど。


■東京海洋大学

海の日ゆかりの「明治丸」。それが保管されている東京海洋大学でも、毎年海の日には記念行事を開催されています。

体験航海、水中探査ロボットの体験操縦、模型船の工作など。大学が行っている最先端の研究や資料に触れられるイベントです。重要文化財である明治丸もキャンパス内に展示されており、船内や資料館を見学できます。


その他にも、この時期には各地の海や海関連の施設で、海の日にちなんだイベントが開催中です。

例えば、ボートレースでは海の日を記念した競走が創設されています。海上自衛隊も音楽隊による演奏、艦船の一般公開を実施。また、普段は入れない灯台を一般に開放しているところもあります。

 

7月の祝日「海の日」をおもいっきり楽しもう!

海洋国家としてはるか昔から海の恩恵を受けてきた日本。他の国には無い海の日という祝日が作られたのも当然なのかもしれませんね。昔は7月20日に固定されていましたが、現在は7月の第3日曜日に移動しています。

夏と言えば海だから、そんな理由で生まれたと思われている人も少なくないですよね。実際は明治天皇と深い関わりがあり、多くの人たちが祝日化を訴え続けたことによって、何十年という長い年月を経て制定された祝日だったんです。

 

海に感謝することもひとつの目的ですが、別に厳かな儀式をしろというわけではありません。この日は海でとれた魚介類を残さず美味しくいただく。海水浴や釣りに行く人はマナーよく楽しむ。このようなささいな行いでも海への感謝に繋がるでしょう。

また、この時期には全国各地で関連イベントが開催されているので、参加して海の日をおもいっきり楽しむのも良い過ごし方ですね。

 

祝日関連の記事はこちらにまとめてあるのでご参考にしてください

祝日に関連する記事まとめ

-7月
-,

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5