1月

正月飾りの種類とそれぞれの意味は?【飾る期間と正しい処分方法も解説】

正月の飾りの種類と意味は?いつからいつまで?処分方法は?

クリスマスが過ぎるといよいよやって来るお正月。この時期、玄関に飾られ始めるのが【正月飾り】です。

慌ただしい時期ですが、皆さんは用意していますか?

たまに見掛けるけど、正月飾りって何で飾るの?

最近は正月飾りを用意する家が減っているため、意味を知らない人は多いと思います。

でも、日本の伝統でもあるので興味がある人は少なからずいるはず。

今回は、正月飾りの意味と飾り方について、紹介します。

飾る期間には注意

私はずっと、クリスマスが終わればいつでも飾っていいと思っていたのですが、どうやらそう単純でもないようです。

本来のお正月飾りは、

12月13日から12月28日

の期間内に飾り始めるのが良いとされています。

ですが、近年だとこの期間はクリスマスイルミネーションの時期ですよね。ご自宅にクリスマス飾りを置いてる人も多いと思います。

なので、一般的には12月26日から12月31日の間に飾る人が多いようです。

しかし、ここでちょっと注意が必要。26日以降には飾らない方が良いとされてる日があるんです。

12月29日

⇒「9=苦」「二十=二重」という語呂合わせから、「二重苦」を連想。

12月31日

⇒「一夜飾り」と呼ばれ、神様に失礼だと言われています。

縁起が悪いこの日は避けて飾った方がいいです。

また、飾る期間は神様がおられる松の内まで。松の内が終わる1月7日(関東)、1月15日(関西)までに飾り終えるのが一般的です。

但し、鏡餅は少しズレがあり、

  • 松の内が1月7日までの場合は1月11日
  • 松の内が1月15日までの場合は1月20日

この日に片付けて鏡開きしてください。

※鏡開きとは、正月に飾った鏡餅をおろして食べる行為

 

正月飾りの意味

それでは、正月飾りそれぞれの意味やいわれを紹介します。

注連飾り(しめかざり)

正月飾り「注連飾り(しめかざり)」
家の玄関や門に掛けて飾られている【注連飾り(しめかざり)】

家が神聖・清浄な場所ということを示す意味があり、神様を迎え入れるために飾られる目印のようなものです。
しっかり飾ることで、神様が迷わず家まで来てくるとされています。

また、不浄のモノや災いの侵入を防ぐ結界としての役割も果たしています。同時に、しめ飾りを施すことで家の中が清められるため、古い年の穢れを祓う意味もある正月飾りです。

比較的手軽に飾れるうえに、デザインも様々なので、正月飾りに興味があって試しに飾ってみたいという人にもオススメ。マンションの玄関にも飾れます。

飾り方のPOINT

  • 基本的には玄関・門・神棚、家の中の神様がいるとされている場所に飾る
  • 人の出入りの邪魔にならない位置に掛ける

門松(かどまつ)

正月飾り「門松(かどまつ)」
商店や旅館、家の門・玄関先に対で飾られている【門松(かどまつ)】

お正月に降りてくる歳神様が迷わず家に来ていただくための目印であり、降りてこられた歳神様の依り代(よりしろ)となる正月飾りです。

それなりに場所を取るため、個人の家やマンションに置くのは難しいと考える人が多いでしょうが、最近はそんな住居事情を踏まえてミニサイズの門松が販売されています。

門松は一家の幸福を祈る役割と共に、松が生命力が強いことから長寿を願う意味としても使われています。

また、神様が宿る縁起物ですので、お炊き上げで正しく処分方するようにしましょう。

飾り方のPOINT

  • 門先や玄関先の脇に飾るのが一般的
  • 必ずしも左右対にする必要はなく、1つだけでもOK
  • 雌雄がある門松は雄の松を左、雌の松を右に置く

鏡餅(かがみもち)

正月飾り「鏡餅(かがみもち)」
床の間や神棚に飾ることが多い【鏡餅(かがみもち)】

鏡餅は、お迎えした神様へのお供え物としての意味を持つ正月飾りです。形が昔の青銅鏡に似ていることから、鏡餅と名付けられました。

鏡餅は複数個所に飾る方が良いとされています。最も格式高い床の間には一番大きいモノ、神棚や仏壇には中サイズのモノ、自分の部屋など他の場所には小さいサイズ。

でも、大事な場所に置ければ1つでも特に問題ありません。

また、本来のお餅であればそれに越したことはありませんが、最近はプラスチック型の安い鏡餅もあるので、生活に合わせたモノを選ぶといいですよ。

飾り方のPOINT

  • 床の間がない場合は、人が集まるリビング・居間でOK!
  • 向きは恵方が最適ですが、あまり気にしなくても大丈夫
  • 神様に失礼のない場所を選ぶ

 

正月飾りの正しい処分方法

松の内の間飾っておいた正月飾りですが、神様を迎える目印であり、依り代であり、お供え物であるなど、神聖な物なので処分も正しくする必要があります。

処分方法は大きく分けると2つ

どんど焼き・お焚き上げで処分

一般ゴミとして出す

だいたいこの方法で処分する人が多いです。

どんど焼き・お焚き上げで処分

どんど焼き・お焚き上げというのは、神社の境内や特定の地域の場所で行う行事。

持ち寄られた正月飾りや書き初めを焼いて処分し、歳神様をお見送りする日本全国で行われている火祭りです。

行われる日時は、多くは以下の日になります。

POINT

  • 1月15日
  • 1月の第二日曜or第二月曜

昔は、成人の日で祝日だった小正月の1月15日に行われていました。

しかし、成人の日が1月の第二月曜に変更されてからは、どんど焼きも1月の第二月曜、或いは成人の日と被らないように第二日曜に行われることが多くなりました。

ただ、この日時は各神社や自治体ごとに違いがあるので、事前にチェックしておいてください。

 

一般ゴミとして出す

可能であればどんど焼き・お焚き上げで焼いて処分する方法が好ましいのですが、参加できない場合もあれば、そもそも近くの神社や自治体がやらない場合もありますよね。

そのような場合は、一般ゴミとして処分する方法もあります。

一般ゴミに出すのは不敬・失礼のように感じる方もおられるでしょうが、正しくお清めして感謝の気持ちを込めれば大丈夫のですので、ご安心ください。

飾り方のPOINT

  • 正月飾りを新聞紙や半紙などの紙の上に置く
  • お塩を「左⇒右⇒中央」とふりかけてお清めをし、合掌する
  • 新聞紙で包み、他のゴミとは分けて捨てる
  • サイズが大きい飾りはバラしてOK

お塩ではなく、お酒でお清めするケースもあるそうです。

ちゃんとした手順で処分し、感謝の気持ちを込めて祈願すれば一般ゴミとして処分しても特に問題ありません。

それでも抵抗がある方は、やはりどんど焼きの日時に気をつけて忘れずに出すようにしてください。

 

まとめ

最近では正月飾りを用意しない家が増えていますが、それぞれの意味を知ると印象・考えが変わってくることもあります。

日本の伝統的な風習でもあるので、元々興味があった方もきっといるはず。

また、古い年の災いや穢れを祓い、幸福を家に入れるという意味がるので、良くない事が続いてるなら試しに飾ってみてはどうでしょうか?

もちろん、その場合も単に幸福な一年を願うだけではなく、神様への感謝の気持ちを忘れないように。

興味のある方は、今年のお正月には是非正月飾りを一つでもいいので飾ってみてください。

 

-1月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5