1月

初詣の参拝は神社でないとダメ?お寺に行ってもいいのか【参拝の仕方も解説】

初詣は神社とお寺どっちが正しい?

年が明け、気持ちを新たに新年のスタートを切るため、【初詣】に出掛ける人は多いことでしょう。

みなさんはどこへ参拝するかもう決めていますか?

行くつもりではいるんだけど、初詣って『お寺』でもいいのかな?やっぱり『神社』でないとダメなの?

確かに、初詣というと神社のイメージが強いため、お寺でもいいのか迷ってしまいますよね。

神社でなければいけないのでしょうか?それともどっちでもいいのでしょうか?

今回はそんな悩みを解決できるように、「初詣は『神社』と『お寺』どっちへ行けばいいのか」について解説します。

結論:初詣は『神社』でも『お寺』でもよい

一発目の見出しで結論述べてしまいましたが、率直に解答すると「どっちでもいい」です。

意外に思った方もいるかもしれませんが、

POINT

初詣は『神社』へ行くも『お寺』へ行くもどっちでもOK!

参拝したいという気持ちがあれば、神社でもお寺もでも好きなところへ行っても大丈夫なんです。

神社は神道

お寺は仏教

そもそも祀る対象が違う異なる宗教なのですが、「神社仏閣」「神様仏様~」とよく混同されるように、日本人は長く両者を一緒にして拝んでいました。

奈良時代では「神仏習合」といって、神社とお寺は別物ではあったものの、明確に線引きはされず同時に信仰されていました。
これは、「神仏分離」によってはっきり区分された明治の時代まで続きます。

その名残りが現在にも色濃く残っているんですね。

なので、信仰上の決まりがあるなら別ですが、基本的に初詣は神社でもお寺でも好きなところへ行って構わないということ。

稀にお寺の中に神社があるところも存在します。

キリスト教のクリスマスを祝ったりと、この辺りの宗教に対するユルさは日本人ならではですね。

 

初詣はどこに行く?

どちらでもいいなら、どこでもいいのか?

基本は、神社なら各地域ごとに信仰されている氏神様が祀られている神社。又は、恵方の方角にある神社です。

お寺なら、自分の家が檀家となっているお墓のある菩薩寺が基本。

ですが、最近の傾向では有名・人気な神社仏閣へ初詣に行く人が多いようです。

人気の初詣参拝先を以下にまとめてみたので参考にしてください。

POINT

  1. 明治神宮(東京都)
  2. 成田山新勝寺(千葉県)
  3. 伏見稲荷大社(京都府)
  4. 伊勢神宮(三重県)
  5. 川崎大師平間寺(神奈川県)
  6. 厳島神社(広島県)
  7. 住吉大社(大阪府)
  8. 武蔵一宮氷川神社(埼玉県)
  9. 太宰府天満宮(福岡県)
  10. 浅草寺(東京都)

複数の神社仏閣を周るのは良くないのかな?と思ってる方もいるかもしれませんが、特に問題ありません。

それぞれのご利益が重なるそうなので、むしろ良い行いとも言えるでしょう。

例えば、氏神様や恵方の神社を参拝してから、目的のご利益を得られる神社に行ってみるのもいいと思います。

 

【注意】神社とお寺では作法が違う

初詣に行くのはどちらでも良いのですが、参拝の際には気を付けて欲しいポイントもあります。

それは、参拝の”作法”です。

異なる宗教であるのも事実なので、やはり参拝の作法には違いがあります。

以降で神社とお寺、それぞれの基本的な参拝の作法を解説していきますので参考にしてください。

神社の参拝作法

まずは神社での基本的な参拝の作法を解説します。

step
1
鳥居の前で一礼

道の真ん中は神様の通り道なので、参道は端を歩くようにしてください。

step
2
手水舎で手と口を清める

右手で柄杓を持って左手を清め、持ち替えて右手を清めます。再び右手に持ち替えて、左手に少し水を溜めて口をすすぎます。最後に左手をもう一度清めて、柄杓を縦にして残った水で柄を清めて終わり。

step
3
賽銭を入れて、鈴を鳴らす

賽銭を入れる際は乱暴に投げたりせず、そっと静かに入れるのがポイント。

step
4
二礼二拍手一礼

本殿に向かい、深く2回おじぎ、2回手を打つ(右手の指先が左指の第二関節に来るように少しズラして)、手を合わせたまま神様に挨拶・お祈り、最後に深く1回おじぎをして、神前を去ってください。

step
5
鳥居を出る前に境内に向かって軽く一礼

※但し、この基本の作法とは異なる場合もあるので、心配な方は事前に確認しておきましょう。

おみくじやお守りの購入は参拝を終えてからがいいですね。

 

お寺の参拝作法

次に、お寺での参拝作法を解説します。

step
1
山門(入口)で一礼

敷居は踏まないように。

step
2
手水舎で手と口を清める

手水舎がある場合は、神社と同じ手順で手と口を清めてください。

step
3
お賽銭を入れて、静かにお祈りをする

神社と同じようにお賽銭を入れ、鈴があったら3回鳴らして(無ければ省く)、合掌をして静かにお祈り。合掌の際は手を鳴らさずそっと手を合わせてください。

step
3
一礼をして終わり

山門を出る前にも軽く一礼をしておきましょう。

神社と比べてお寺の方が参拝作法はシンプルですね。注意点としては、神社のようにパンパンと音を立てて合掌しないようにすること。

そして何より、神社でもお寺でも気持ちを込めてお祈りすることが大切です。

 

まとめ

初詣をお寺でお参りしてもいいのか悩んでる人もいるでしょうが、お寺で参拝しても問題ないので安心して出かけてください。

もう一度言いますが、初詣は『神社』でも『お寺』でもどっちでもOKです。

毎年、明治神宮や稲荷退社のような神社だけではなく、浅草寺や成田山新勝寺のようなお寺も人気の初詣スポットですからね。

気を付ける事があるとすれば、参拝作法の違いくらい。それもポイントを押さえておけば何の問題もありませんよ。

初詣の際は、ココがイイと感じた神社やお寺で心を込めてお祈りして、気持ちを新たに一年をスタートできたらいいですね。

 

-1月
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5