1月

正解はない!でも、初詣のおみくじは結ぶより持ち帰る方を推奨します

神社のおみくじは結ぶよりも持ち帰った方が良い理由

新年を迎えると多くの参拝客で賑わう初詣。新たな一年の幕開けとして、その年の運勢を占うつもりで”おみくじ”を引く人も多いでしょう。

私自身、神社のおみくじは毎年の恒例行事で、やはり大吉が出ると嬉しい。家に持ち帰りたくなります。逆に凶とか悪い結果だったら境内の木や紐に結んで帰りたくなるのですが・・・

引いた『おみくじ』って持ち帰っていいのかな?結ばないとダメ?正しいのはどっちなんだろう?

同じように迷ったことありませんか?

おみくじは一通り目を通したらすぐ結んでいる人もよく見かけますが、オススメは「持って帰って読み返す」です。

おみくじは持ち帰る?それとも結ぶ?正解は・・・

引いたおみくじはお財布に入れたりして持ち歩く人もいれば、境内の木や決められた場所に結ぶ人もいます。

どちらが正しいのか迷うところです。

まず先に結論だけ言ってしまうと――

POINT

おみくじは持ち帰るのも境内に結ぶのも個人の自由。

※但し、おみくじを境内に結ぶ行為を禁止してる神社も存在しますのでご注意を

実はコレが正解という絶対の決まりというのはないんです。粗末に扱いさえしなければどちらであっても大丈夫。

なので、自分にとって良い方を選ぶことが重要なのですが、冒頭でも述べた通りここではあえて「持ち帰る」方をオススメさせていただきます。

 

おみくじを持ち帰った方がいい理由

おみくじを持って帰ろうか、はたまた神社に結んで帰ろうか、ちょっと悩ましい問題です。

選ぶのは個人それぞれの自由なのですが、おみくじにはどんな意味があるのかを知ると、持って帰るようにして、且つ読み返すことが大事なんだと気づかされます。

本来のおみくじの意味は、

【神様から頂くありがたいお告げであり、あなたへ向けた助言】

単に良し悪しを占うだけのものではないということが分かります。

吉凶の結果にばかり目が向きがちですが、大切なのは書かれている内容の方です。

おみくじは引いた人の願望や健康や恋愛ごとなど、これからの生活の指針となる神様からのありがたいメッセージや助言が記されているもの。

中に記されている内容をしっかり心に留めておくことが重要なんです。

なので、おみくじを引いたらさっと目を通すだけして神社に結んで帰るより、財布に入れてたまに読み返すようにする方が望ましいでしょう。自分への戒めにもなります。

 

『凶』や『大凶』、悪いおみくじを引いたらどうする?

おみくじは運試しのつもりで引く人が多いと思います。吉凶の結果だけで一喜一憂してしまいますよね。

そして、その結果で持ち帰るか結ぶかを判断してる人もいるはず。

POINT

「大吉はお守りにして持ち歩きたいなぁ」

「大凶はなんだか不吉な気がするから持っていたくないなぁ」

とか思う人もいるでしょう。

しかし、悪い結果だったからといって、何度も引き直したり、ましてや捨てるような行為はやめるべきです。

先ほども述べた通り、

本来のおみくじの意味は「神様から頂くありがたいお告げで助言」

『吉』とか『凶』とかの結果自体はあまり重要ではなく、大切なのは吉凶の後に記されている詩のようなメッセージ。加えて『願望』『待人』『縁談』などの助言。

決して、おみくじは吉凶だけで判断するものではありません。むしろ、目を通すべきはその後に記されている内容の方。

つまり、引いたおみくじは『大吉』であろうと『大凶』であろうと、他のどんな吉凶が出ようとも、中の内容をきちんと読んで神様からのメッセージを心に留めておくことが大切なのです。

もちろん、『凶』や『大凶』を持ち帰ったからといって運勢が悪くなるなんて事は決してありません。

なので、吉凶の結果に関わらず持ち帰るようにして、たまに読み返すようにしてください。

持ち歩くようにすれば自分への戒めになりますし、助言を生活に活かしていくこともできるでしょう。

 

古いおみくじを処分する方法

では、持ち帰ったおみくじが古くなったらどうすればいいのでしょうか?

ずっと持っていないとダメなのかな?捨ててもいいんだろうか?と悩んでいる人もおられると思います。

ずっと保管するとおみくじを引く度に増えていくばかり。かと言って神様からのメッセージを捨てるのも気が引けますよね。

下手に捨てたら罰でも当たりそうで少し怖い・・・

当然の感覚だと思います。

おみくじの有効期限は諸説あり、引いてから1年だとか、次のおみくじを引くまでとかさまざま。なので、期限に決まりは特にありませんが、処分方法は適当にしない方がいいですよ。

神様から頂いたありがたいお告げなので、正しい作法で処分するようにしましょう。

 

おみくじを引いた神社やお寺に返納

最も良いのは、おみくじを引いた神社やお寺に結ぶ(返納する)。

POINT

とは言っても、旅行や出張先の神社で引いたおみくじだと、気軽に返納というわけにもいきません。その場合は、近場の神社やお寺にお返しすればOKです。

大抵の神社なら初詣にはお守りや絵馬を返納する箱が設けてありますので、そこに収めれば問題ありません。

おみくじを引いた神社とは異なっていても、神社側がお焚きあげをしてくれますのでご安心を。

 

郵送で返納する

どうしても同じ場所に返納したいけど、遠方にあるから直接返納しに行けない人もいると思います。

思い入れのある神社やお寺なら尚の事その場所に収めたいですよね。

その場合は、郵送で返納するという方法が可能かもしれません。

可能だと断言できないのは、郵送での返納を受け付けていないところもあるためです。

そのため、いきなり送り付けると受け付けてもらえないかもしれないので、神社やお寺への事前の確認は必須。

OKの場合は、おみくじと一緒に感謝のメッセージも添えて返納しましょう。

添えるメッセージの文例は以下のような感じで▼

○○(期間)お世話になったおみくじを返納させていただきますので、お焚き上げをよろしくお願いします。

あいにく住まいが遠方のため、郵送にて返納することをお許しください。

ありがとうございました。

まとめ

初詣で引いたおみくじは、持ち帰った方がいいのか、又は結んだ方がいいのか迷いますよね。

どちらが正しいという決まりはなく、持ち帰るのも神社に結ぶのも、自分が良いと思った方を選んでOKです。

ただ、ココでは持ち帰る方をオススメしています。吉凶に関わらずです。

おみくじというのは、

【神様から頂くありがたいお告げであり、あなたへ向けた助言】

だからです。

持ち帰って、お財布なんかに入れて普段から持ち歩き、たまに読み返すことで神様からのメッセージを戒めとして過ごしていけます。

助言を生活に活かす事も可能でしょう。

いつもは神社に結んでいる人も、今年は引いたおみくじを持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

-1月
-, ,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5