1月

初詣のおみくじは持ち帰る?境内に結ぶ?【持ち帰った方がいい理由と正しい処分方法】

神社のおみくじは結ぶよりも持ち帰った方が良い理由

✓おみくじは”結ぶ”のか”持ち帰る”のか、どっちが正しいの?
✓「凶」や「大凶」を引いたらどうする?
✓古いおみくじ、どのように処分すればいいの?

こんな疑問を解消します。

 

新年を迎えると多くの参拝客で賑わう初詣。新たな一年の幕開けとして、その年の運勢を占う意味で『おみくじ』を引く方も多いことでしょう。

気になるのは、書いてある内容はもちろん、引いたおみくじはどうすればいいのかということ。神社の境内に結ぶべきか、持ち帰るべきかどうか迷いませんか?

「悪いおみくじは結ぶ、良いおみくじは持ち帰る」という考え方もあります。

 

実はこの問題に正解は無いのですが、おすすめは”持ち帰って定期的に読み返す”です。

この記事では、引いたおみくじの扱い方と処分方法について詳しくご説明します。

おみくじは結ぶ?それとも持ち帰る?正解はどっち?

神社で引いたおみくじは、神社の境内に結ぶ方もいれば、持ち帰ってお財布などに入れておくという方もいます。

実際のところ、どちらが正しいのでしょうか?

 

先に結論だけ言ってしまうと――

POINT

おみくじは持ち帰るも神社の境内に結ぶも”個人の自由”。

※但し、おみくじを境内に結ぶ行為を禁止してる神社も存在しますのでご注意を

実はコレが正解という絶対の決まりというのは無かったんです。粗末に扱いさえしなければどちらでもOK!

 

なので、自分にとって気持ち的に良いと思った方を選ぶことが重要なのですが、冒頭でも述べた通りここでは「持ち帰る」方をオススメさせていただきます。

 

初詣に引いたおみくじは持ち帰った方がいい理由

おみくじを持って帰ろうか、はたまた神社に結んで帰ろうか、ちょっと悩ましい問題です。

選ぶのは個人それぞれの自由なのですが、おみくじにはどんな意味があるのかを知ると、持って帰るようにして、且つ読み返すことが大事であることに気づかされます。

 

本来のおみくじが持つ意味は、

【神様から頂くありがたいお告げであり、あなたへ向けた助言】

単に良し悪しを占うだけのものではないということが分かります。

 

吉凶の結果にばかり目が向きがちですが、大切なのは書かれている内容の方です。

おみくじは引いた人の願望・健康・恋愛ごとなど、これからの生活の指針となる神様からのありがたいメッセージや助言が記されているもの。

中に記されている内容をしっかり心に留めておくことが重要なんです。

 

そのため、引いたおみくじはさっと目を通した後に結んで帰るより、持ち帰って、なおかつ財布などに入れて定期的に読み返すようにする方が望ましいと言えます。

それが自分に対する戒めにもなりますからね

 

「凶」や「大凶」など悪いおみくじを引いたらどうする?

一般的に、おみくじは運試しのつもりで引く方が多いと思います。書いてある内容はさっと目を通すだけで、吉凶の結果ばかりに注目してる人も少なくないですよね。

 

そして、吉凶の結果次第で持ち帰るか結ぶかを判断してる人もいると思います。

POINT

「大吉はお守りにして持ち歩きたいなぁ」

「大凶はなんだか不吉な気がするから結んで帰りたいなぁ」

とか思われてる方いませんか?

 

しかし、悪いおみくじだからといって、何度も引き直したり、ましてや捨てるような行為は止めましょう。前項でも述べた通り本来のおみくじの意味は「神様から頂くありがたいお告げで助言」。

『吉』とか『凶』とかの結果自体はあまり重要ではなく、大切なのは吉凶の後に記されている詩のようなメッセージ。加えて『願望』『待人』『縁談』などの助言。

決して、おみくじは吉凶だけで判断するものではありません。むしろ、目を通すべきはその後に記されている内容の方。

 

つまり、引いたおみくじは『大吉』であろうと『大凶』であろうと、他のどんな吉凶が出ようとも、中の内容をきちんと読んで神様からのメッセージを心に留めておくことが大切なのです。

もちろん、『凶』や『大凶』を持ち帰ったからといって運勢が悪くなる事は決してありません。

 

なので、吉凶の結果に関わらず持ち帰るようにして、たまに読み返してください。

さらに持ち歩くことで自分への戒めになりますし、助言を生活に活かしていくこともできるでしょう。

 

古くなったおみくじの正しい処分方法

持ち帰った場合、気になるのは「古くなったおみくじはどうすればいいのか」ではないでしょうか?

 

そもそも処分してもいいの?有効期限はある?

「ずっと持っていないとダメなのか?」「処分しても問題ないのか?」と、悩んでいる方もおられると思います。

処分せずにいるとおみくじは引く度に増えていくばかり。かと言って、神様からの有難いメッセージを処分するのは、罰当たりなようで気が引けます。

 

まず、古くなったおみくじですが、処分することに問題はありません。

また、おみくじの有効期限についても、引いてから1年とか、次のおみくじを引くまでとか、さまざまな考え方がありますが、決まった有効期限はありません。

 

以降で処分の方法を3つ紹介します。

 

燃えるゴミとして捨てるのはダメ?

おみくじは神社で引くものなので、「ゴミとして出すのは失礼なのではないか」と思ってしまいますよね。

おみくじは御守りと違って、ゴミ箱に捨てることはできます。

 

しかし、ゴミ箱にそのまま捨てても問題はないだけで、あまり良い行いとは言えません。

神様から頂いたありがたい御言葉ですので、なるべく正しい作法にのっとって処分するようにしましょう。

 

自宅での正しい処分方法は、

  1. 古いおみくじを半紙・封筒・ビニール袋などに入れる
  2. 粗塩を一緒に包む
  3. お礼をして燃えるゴミ(可燃ゴミ)の日に出す

 

おみくじを引いた神社やお寺に返納

最も良い処分方法は、おみくじを引いた神社やお寺に返納するです。

毎年決まった寺社で初詣を行っているのであれば、一年ごとに初詣に訪れた際に返納するのが良いでしょう。

 

旅行や出張先など、遠方の神社で引いたおみくじだと、気軽に返納というわけにもいきません。その場合も、近場の神社やお寺に返納して問題ありません。

 

神社でのおみくじの処分方法

返納場所は2つ。

  1. 大抵の神社なら初詣にはお守りや絵馬を返納する箱が設けてありますので、そこに収めてください。
  2. もしくは多くの方がやってるように、おみくじの結び所にくくるかのどちらか。

古くなったおみくじは、神社側がお焚き上げをしてくれますのでご安心を。

 

郵送で返納できる神社もある

「遠方で直接返納しに行けないけど、同じ神社に返納したい」という方もいると思います。

思い入れのある神社やお寺なら尚の事その場所に収めたいですよね。

 

その場合は、郵送で返納するという方法が可能かもしれません。

可能だと断言できないのは、郵送での返納を受け付けていないところもあるからです。

 

そのため、確認せず送ってしまうと受け付けてもらえない可能性もあるので、神社やお寺への事前の確認は必須。

郵送OKだった場合は、おみくじと一緒に感謝のメッセージを添えて返納しましょう。

 

添えるメッセージの文例は以下のような感じで▼

○○(期間)お世話になったおみくじを返納させていただきますので、お焚き上げをよろしくお願いします。

あいにく住まいが遠方のため、郵送にて返納することをお許しください。

ありがとうございました。

 

まとめ

初詣で引いたおみくじは、持ち帰った方がいいのか、または結んだ方がいいのか迷ってしまいますよね。

実は絶対の決まりはなく、持ち帰るか神社に結んで帰るかは、個人の自由で決めて問題ありません。

 

しかし、どちらと言えば持ち帰る方をオススメします。結果が吉凶に関わらずです。

おみくじの本来の意味は、【神様から頂くありがたいお告げであり、あなたへ向けた助言】だからです。

 

持ち帰って、お財布などに入れて普段から持ち歩き、たまに読み返すことで神様からのメッセージを戒めとして生活していけます。書かれている助言を生活に活かす事も可能でしょう。

これまでは神社に結んでいた方も、今年は引いたおみくじを持ち帰り、いつもよりおみくじの内容を深く意識してみてはいかがでしょうか?

 

【初詣に関する記事は下記にまとめてあります】

初詣の記事まとめ

-1月
-, ,

© 2021 暮らし道標 Powered by AFFINGER5