1月

初詣のおみくじは結ぶ?持ち帰る?【それぞれの理由・意味と処分方法を紹介】

神社のおみくじは結ぶよりも持ち帰った方が良い理由

✓おみくじは神社に結ぶ?持ち帰る?
✓「凶」や「大凶」を引いたらどうする?
✓古いおみくじの正しい処分方法は?

このような疑問を解消します。

 

初詣といえば、おみくじですよね。新年最初の運試しのために神社でおみくじを引かれる方は多いと思います。気になるのは内容もさることながら、「おみくじは引いた後どうする?」という問題。

境内の木に結ぶのが良いのか、それとも持ち帰った方が良いのか、果してどちらが正しいのでしょうか。

 

この記事では、神社で引いたおみくじの扱い方(結ぶか持ち帰るか)と処分方法について詳しくご紹介します。

 

おみくじは境内に結ぶ?それとも持ち帰る?

神社で引いたおみくじは境内に結ぶ方もいれば、持ち帰ってお財布などに入れておく方もいます。実際のところどちらが正しいのでしょうか。

先に結論から述べてしまうと、おみくじは持ち帰るも境内に結ぶもどちらでも良い。

粗末に扱わなければどちらでも問題ありません。自分の好きなようにするのがベストです。ただし、おみくじを境内に結ぶ行為を禁止している神社もあるので気を付けてください。

 

境内におみくじを結ぶ意味

おみくじを境内に結ぶことにはいくつか意味があると考えられています。

  • 神仏と縁を結ぶため
  • 木の持つ生命力と願いを結び付けるため
  • 悪い運気を結んで止めるため

木の枝に結ぶ理由は、神社の木は神聖なものとされているからです。

ただ、最近は専用の結ぶ場所が設けられている神社がほとんど。場所が決められている場合は、それ意外の場所では結ばないないようにしましょう。

 

おみくじを持ち帰る意味

おみくじは神社に結ぶ人が多数派のようですが、もちろん持ち帰るのもアリです。むしろ、おみくじに込められた意味から考えると、持ち帰ってたまに読み返すことの大切さに気付かれされます。

おみくじとは、神様から頂くありがたいお告げであり、あなたへ向けた助言

単に良し悪しを占うだけのものではないということが分かります。

吉凶の結果にばかり目が向きがちですが、大切なのはそこに書かれている内容。

おみくじは引いた人の「願望」「健康」「恋愛」など、これからの生活の指針となる神様からのありがたいメッセージや助言が記されているもの

おみくじに記載されている内容をしっかり心に留めておくことが大切なんです。

 

引いたおみくじはさっと目を通した後、財布などに入れて持ち歩くようにするのがおすすめ。自分に対する戒めのため、神様の助言を生活に活かすために持ち歩くと良いでしょう。また、おみくじには神仏が宿っているのでお守りにもなります。

 

「凶」や「大凶」を引いたらどうする?

一般的におみくじは運試しが目的で引く方が多いですよね。「大吉」や「凶」など吉凶の結果が目的であり、内容はさっと目を通すだけの方も少なくありません。吉凶の結果次第で持ち帰るか結ぶかを決めている方も多いと思います。

  • 「大吉はお守りにして普段から持ち歩きたい」
  • 「大凶は縁起が悪そうだから境内に結んで帰りたい」

ちなみに、凶や大凶のおみくじを持ち帰ったとしても、運勢や縁起が悪くなる事は無いのでご安心ください。

結果が悪かったからといって、何度も引き直したり捨ててしまうのは良くありません。先程も説明した通り、おみくじの本来の意味は神様から頂くありがたい助言です。

吉凶の結果自体はあまり重要ではなく、吉凶の後に詩のように記されている神様からのメッセージが何より重要。さらに「願望」「待人」「縁談」などの助言にもしっかり目を通しておきましょう。

 

古くなったおみくじの正しい処分方法

おみくじを持ち帰った場合、気になるのが古くなったおみくじの処分方法。どのように処分したた良いのかをご紹介します。

 

そもそもおみくじは処分してもいいの?有効期限はある?

おみくじは処分せずにいると引くたびに増えていくばかり。でも、神様からの有難いメッセージを処分することに気が引けてる方もいるかもしれません。

まず結論として、古くなったおみくじは処分しても大丈夫。それで運気が下がったり、罰が当たることはないのでご安心ください。

また、おみくじの有効期限は「引いてから1年」「次のおみくじを引くまで」と言われたりもしますが、おみくじに決まった有効期限はありません。

 

おみくじを燃えるゴミとして処分する方法

おみくじは神様から頂いたありがたい助言です。ゴミとして出すのは失礼な気がしますよね。でも、おみくじは御守りと違って燃えるゴミとして出しても問題ありません。

ただ、そのまま何もせずに捨てるのはあまり良い行いではないので、なるべく正しい作法にのっとって処分するようにしてください。

おみくじを燃えるゴミとして処分する方法

  • 古いおみくじを半紙・封筒・ビニール袋などに入れる
  • 粗塩を一緒に包む
  • お礼をして燃えるゴミ(可燃ゴミ)の日に出す

 

おみくじを引いた神社・お寺に返納する処分方法

最も良い処分方法は、おみくじを引いた神社やお寺に返納する方法です。初詣は毎年決まった場所で行っているのであれば、初詣に訪れた際に前の年に引いたおみくじを返納するのが良いでしょう。

旅行や出張中など遠出したときに引いた場合は、近所の神社・お寺に返納していただいて問題ありません。

古くなったおみくじは神社側がお焚き上げしてくれるのでご安心ください。

おみくじを神社・お寺に返納する方法

返納する方法・場所は以下の2通り。

  1. 初詣に境内に設置されるお守り・絵馬などを返納する箱に収める
  2. おみくじの結び所にくくる

 

郵送で返納できる神社もある

おみくじは必ずしも引いた場所に返納しなくても良いとはいえ、「遠方で直接返納できないけど同じ神社に返納したい」という方もいるかもしれません

その場合は、郵送でおみくじを返納する方法もあります。ただし、郵送での返納は受け付けていない場合もあるので、絶対可能とは断言できません。なので、郵送での返納を受け付けているかは必ず事前に確認しておきましょう。

確認せず送ってしまうと、郵送を受け付けている場合は、おみくじと一緒に感謝のメッセージを添えて返納しましょう。

おみくじを遠い神社・お寺に郵送で返納する方法

  1. HPや電話で受け付けているかを確認する
  2. おみくじ・便箋・封筒を用意する
  3. 手紙を書く(お焚き上げのお願いと感謝の気持ち)
  4. 封筒におみくじ・手紙・お焚き上げ料(おみくじと同額程度)を入れて郵送

添えるメッセージの文例はこちら▼

○○(期間)お世話になったおみくじを返納させていただきますので、お焚き上げをよろしくお願いします。

あいにく住まいが遠方のため、郵送にて返納することをお許しください。

ありがとうございました。

 

まとめ

初詣で引いたおみくじは、境内に結んでも持ち帰ってもどちらでも構いません。どちらにも意味があるので自分にとって良いと思う方を選んでください。

境内に結ぶのは「神仏と縁を結ぶ」「悪い運勢を止める」「木の生命力にあやかる」という意味。持ち帰るのは戒めとするため、定期的に内容を読み返して生活に活かすためです。

どちらかと言うと結ぶ人が多数派のようですが、試しに持ち帰ってみるのも良いかもしれませんね。そして、時期が来たらしっかり感謝して処分するようにしましょう。

 

お正月の関連記事はこちらにまとめてあるのでご参考にしてください

お正月の記事まとめ

おすすめ記事初詣は神社とお寺どちらが正解?【人気スポットと参拝方法・マナーも解説】

 

-1月
-, ,

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5