1月

困ったときに使える年賀状に添える一言メッセージの文例を立場別で紹介

年賀状の一言メッセージ(添え書き)の文例を立場別で紹介

年の瀬が近づくにつれ、「そろそろ書かなきゃな」と準備を始めるのが『年賀状』

何かと忙しい時期、後回しにしてしまって大慌てで作り始めてる方も多いことでしょう。そんな私も毎年ギリギリ(笑)

近年はパソコンで簡単に作れるため、昔ほど手間は掛かりませんが――

最後に添える一言メッセージが社交辞令的で何だか味気ない・・・

そのように思ったことありません?

忙しいからパパっと作りたい。でも、できれば良い意味で印象に残るメッセージを届けたいですよね。

今回は、そんな年賀状の一言メッセージ(添え書き)に使える文例を、友人・上司・親戚など相手別にご紹介させていただきます。

年賀状の一言メッセージ文例:定番

まずは、比較的”相手を選ばない定番の添え書き”をご紹介しておきます。

広い範囲で使用できるので、知っておいて損はありませんよ。

ちなみに、文章には欠かせない「句読点」ですが、実は年賀状に使用するのはNGです。お気を付けください。

  • 本年も変わらぬお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いします。
  • 本年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
  • 本年も皆様のご健康をお祈り申し上げます
  • 謹んで新年の挨拶を申し上げます。
  • 本年がより充実した一年になりますように。
  • さらに実り多き一年になりますように。

 

年賀状の一言メッセージ文例:友人編

親しい友人

親しい友人に送る年賀状の添え書き文例

多くの人にとって、おそらく一番送る枚数が多くなる年賀状が友人宛。

気心の知れてる親しい友人に送る年賀状なら、堅苦しい挨拶よりも親しみを感じる言葉が好ましいですね。

  • 今年もまたみんなでご飯でも食べ(飲み)に行こう
  • 食べ過ぎてない?私はちょっと太り気味。○○は大丈夫?
  • ○○へ遊びに行った時は楽しかったね。またどこかへ旅行に行きましょう
  • 今年もお互い切磋琢磨して頑張っていこう!
  • いつも気にかけてくれてありがとう!〇〇には本当に感謝してる
  • いつも仕事の愚痴を聞いてくれてありがとう
  • 〇〇にとって幸多き一年になることを祈ってます

 

疎遠の友人

疎遠の友人に送る年賀状の添え書き文例

親しい友人なら書くことはいくらでも思いつきますが、疎遠気味の友人が相手だと悩む人は多いと思います。

その場合は、「また会いたい」という想いが伝わるメッセージを添えると、相手も嬉しくなるでしょう。

  • お元気ですか?久しぶりに会いたいです!また遊びに行こうね
  • 最近忙しくて会えませんね 今年こそゆっくり会おうね!
  • ご無沙汰してます 近況聞けたら嬉しいです!今度飲みに行きましょう!
  • 最後に会ったのいつになるかな?今年こそ再会できますように!
  • こっちに来たら是非連絡下さい!楽しみにしてます!
  • 久しぶりですが、最近どうですか?私は○○を習い始めてハマってます♪
  • ○○に会えなくて寂しいです!近いうちに遊びに(飲みに・ごはんに)行きましょう!

 

年賀状の一言メッセージ文例:上司・同僚・部下編

上司・同僚・部下に送る年賀状の添え書き文例

上司や目上の人

上司や先輩、恩師などの目上の人への添え書きは、昨年の感謝の気持ち、抱負、相手を気遣う言葉が望ましいです。

  • 昨年は新味なご指導をくださりありがとうございました 今年は飛躍の年になるよう精進いたします
  • いつも色々とお世話になり有難うございます 本年もよろしくお願いします
  • ○○さんをはじめ先輩方を見習い 一歩ずつ成長していきたい所存です
  • まだまだ未熟者ではありますが 今年は少しでも会社の戦力になれるよう努力いたします
  • 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます
  • 旧年中のご厚情に心より御礼申し上げます
  • 旧年中は格別のご指導を賜り、厚く御礼申し上げます

 

同僚や同期

同僚や同期は、上司に比べると距離が近い立場の存在。

一緒に頑張ろう的なメッセージを送ったり、仕事がスムーズになるような連帯感を感じれる声掛けがおすすめ。

距離が近いといってもビジネス相手なので、あまり砕け過ぎないように注意してください。

  • 昨年はお世話になりました 今年も一緒に頑張っていきましょう!
  • いつもさりげないアドバイスやフォロー、とても感謝しています
  • 今年もお互い切磋琢磨しながら頑張ろうね!
  • 今年も助け合いながら、みんなで会社を盛り上げていきましょう!
  • 愚痴の言い合い盛り上がりましたね!今年も是非やろう!
  • 今年は大きなプロジェクトが控えています 協力して(助け合って)頑張りましょう!
  • 〇〇さんにはいつも強い刺激をうけています

 

部下や後輩

部下や後輩への添え書きは、日頃の努力を称える言葉や、同僚と同じく一緒に頑張ろうというメッセージは有効です。

加えて、多少の威厳は必要です。かといって厳しすぎると煙たがられるかもしれないから心配りも大切。

案外、部下や後輩への年賀状は上司以上に気を遣うものです。

  • 今年も大変な事はあると思いますが 一緒に頑張りましょう!
  • ○○さんの仕事への前向きな姿勢に大変感心しました
  • 〇〇さんの成長はめざましく 頼もしい限りです
  • プレジェクトでの活躍 大変すばらしかったです ○○さんのような部下に恵まれたことに感謝しています
  • 今年も一緒に会社を盛り上げていきましょう!
  • ○○さんの頑張る姿勢は 私を含め部署のみんなが高く評価しています
  • 兎にも角にも健康第一!

 

年賀状の一言メッセージ文例:取り引き先編

取引先に送る年賀状の添え書き文例

取引先へのメッセージは、自社やあなたの印象にも繋がる重要な挨拶です。上司や先輩以上の丁寧な言葉を求められます。

日頃の感謝の言葉や変わらぬ親交を願う言葉、相手の繁栄や幸福を願う言葉を書くようにしましょう。

ちなみに、仕事の用件を書くのは失礼にあたるので気を付けてください。

  • 本年は前年以上のご期待に添うべく一層努力をして参る所存です
  • 旧年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます
  • 御社のますますのご発展を心よりお祈りいたします
  • 〇〇の件では大変お世話になりました
  • 本年も変わらぬご芳情を賜りますよう(ご愛顧のほど)心よりお願い申し上げます
  • 貴社益々のご発展と社員皆々様(個人名)のご多幸を(ご健勝を)お祈り申し上げます
  • 本年も御社のご要望に精一杯お応えするべく精進する所存でございます 何卒ご指導のほどよろしくお円買いします

 

年賀状の一言メッセージ文例:親戚編

親戚に送る年賀状の添え書き文例

親戚に送る場合はどのような交流をしているかが大事です。

頻繁に付き合いがある親しい親戚なら、少し砕けた言葉遣いでもいいでしょう。

ですが、交流があまりないケースも多いと思います。そのような親戚には、近況や健康・幸せを願う一言を添えるのがいいと思います。

  • ご無沙汰しておりますが お変わりありませんでしょうか?
  • お変わりありませんか?近くにお越しの際はぜひお寄りください
  • こちらはお陰さまで家族一同元気に暮らしております
  • 皆々様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
  • 平素はご無沙汰しておりますが 今年はぜひ家族そろってお伺いしたいと思っております
  • 妹(弟) ○○の結婚に際しましては 多忙中にもかかわらず多大なるご高配をいただきありがとうございました
  • 早いもので 長男は今年小学校に上がります

 

まとめ

昔に比べると年賀状作りはだいぶ楽になりました。しかし、それゆえ味気ない年賀状が増えてるような気もしています。

中にはメッセージの一言すらないケースもたまにあったり・・・。

そんな中で、手書きのメッセージが添えられている年賀状を見つけると、温か味を感じますし、同時に印象にも強く残りやすいんですよね。

自分のことを想って書いてくれたという気持ちが、より強く伝わってきます。

なので、そのような年賀状を書くことができれば、きっと喜んでくれる人は多いはず。

年賀状は一年に一度しかない大切な挨拶です。気持ちを込めた手書きの一言メッセージを添えて送ってみてはいかがでしょうか?

参考
かさばる年賀状、いつまで取っておく?保管期間の目安と処分方法について

届くと嬉しい年賀状。でも、取っておくと年々増えていくため、かさばってしまい収納場所に困ることもしばしば。 押入れや引き出しから大量に出て来ると、「どうしたらいいんだろう?」と悩むこともあると思います。 ...

続きを見る

参考
「ニッポンの名字」が便利で面白い!名字の由来などトリビアを教えてくれる!

こんにちは、HNを考えようとすると黒歴史が頭をよぎるワチイツキです。 「名字」は誰もが必ず持っているもの。 天皇など皇族の方々を除けば、基本的に名字がない人はいないでしょう。 みなさんは、そんな自分の ...

続きを見る

-1月
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5