1月

七草粥に入れる春の七草の種類は?【意味・由来・効能・簡単な覚え方も解説】

春の七草の由来と種類。植物の効能や覚え方の解説

✓春の七草(七草粥)ってなに?
✓春の七草の種類は?
✓春の七草の覚え方は?

こんな疑問を解消します。

 

正月が終わる頃、日本では1月7日に【春の七草】【七草粥】にして食べる風習があります。

この時期になると「春の七草」というワードをよく見聞きするようになりますね。スーパーでは七草粥のセット商品が販売されているところも。

しかし、近年は見る機会がどんどん減っているため、食べたことが無い方も大勢いると思われます。植物の種類や食べる意味を知らない方も少なくはないでしょう。

 

この記事では、春の七草(七草粥)の意味や由来をはじめ、7つの植物の種類やどんな効能があるのかについて分かりやすくご紹介します。

春の七草(七草粥)の意味・由来

日本には古くより、1月7日の朝に「七草粥(ななくさがゆ)」を食べる風習があります。そんな七草粥に使われている7種類の植物が「春の七草」です。

七草粥を食べることによって、邪気や災いを祓い、無病息災や延命長寿を祈願していました。

どのようにして七草粥を食べる風習が生れたのか、その由来を見ていきましょう。

 

元々は中国の風習だった

春の七草の起源をたどると古代中国にまでさかのぼります。

前漢(紀元前206~8年)の時代——

隣国の中国では「元旦➡鶏、2日➡犬、3日➡猪、4日➡羊、5日➡牛、6日➡馬、7日➡人、8日➡穀」のように、日付に人や動物を見立てた占いを行っていました。

当日はそれぞれの対象となるものが大切に扱われていたようです。

その内の一つ、7日は人を対象とした「人日の節句」。唐の時代になると「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の野菜を入れた汁物を食べて、無病息災を祈願する風習が始まったのです。

 

日本古来の風習と合体

そんな中国で生まれた風習が、奈良時代から平安時代あたりの時代に日本へ伝わって来たと言われています。

当時日本には「若菜摘み」という新春に若菜を摘む風習がありました。また、宮中では1月15日に「米・粟・稗・黍・ミノ・胡麻・小豆」などの7種類の穀類を粥にして食べる習慣もあったのです。

そして平安時代、「古代中国の風習【七種菜羹】」+「日本古来の風習【若菜摘み】」+「7種の穀類を食べる風習」が合わさり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになりました。

 

鎌倉時代には穀類から現在の七草に変わっていたと言われています。

さらに江戸時代に入ると、幕府が1月7日を「人日の節句」として五節句の一つに正式に制定。

五節句とは

季節の変わり目に生まれやすい邪気や厄を祓い、無病息災を願う五つの神事です。

  • 人日(七草がゆ)・・・1月7日
  • 上巳(桃の節句)・・・3月3日
  • 端午(菖蒲の節句)・・・5月5日
  • 七夕(星祭)・・・7月7日
  • 重陽(菊の節句)・・・9月9日

この日を人日の節句として定めたことによって、「人日に七草粥を食べる」という風習が庶民のあいだにも広く定着しました。

1月7日が「七草の節句」と呼ばれるのはそのためです。

 

【人日の節句の詳細は下記の記事をご覧ください】

人日の節句の意味と由来【1月7日に七草粥を食べる理由】

 

春の七草にはどんな植物がある?花言葉は?

春の七草の7種類の植物

それでは次に、春の七草にはどんな種類の植物があるのかをご紹介します。

 

1.芹(セリ)

茎の先端に傘状の小さな花を咲かせる別名「シロネグサ」と呼ばれるセリ科の植物。「競り勝つ」という縁起を担ぐ意味を持ち、ビタミンA・ビタミンC・ミネラル・βカロテンが含まれています。

薬効 ⇒ 食欲増進・整腸・解熱・高血圧や動脈硬化の抑制

 

2.薺(ナズナ)

日本各地の草原や道端で見掛ける別名「ぺんぺん草」と呼ばれるアブラナ科の植物。古くから民間療法として使われてきた植物であり、ビタミンB・ビタミンK・ミネラル・カルシウムを多く含んでいます。

薬効 ⇒ 止血・消炎・高血圧予防・利尿・下痢・便秘

 

3.御形(ゴギョウ)

先端に黄色い花をつける別名「ハハコグサ」とも呼ばれるキク科の植物。「仏様の体」を表す縁起物であり、明治時代までは草餅にも使われていました。ミネラルを含みますが、詳しい栄養成分はまだ分かっていません。

薬効 ⇒ 咳止め・痰きり・利尿

 

4.繁縷(ハコベラ)

小さい白い花を咲かせる別名「ハコベ」とも呼ばれるナデシコ科の植物。「繁栄がはびこる(広がる)」という縁起を担ぐ意味を持ち、タンパク質・ミネラル・サポニンを多く含んでいます。

薬効 ⇒ 利尿・整腸・鎮痛・止血・歯槽膿漏予防

 

5.仏の座(ホトケノザ)

名前からして縁起が良い別名「コオニタビラコ」と呼ばれるキク科の植物。最近ではオニタビラコを代用として使うこともあります。また、シソ科にもホトケノザの名称が付く植物がありますが、こちらは食用ではありません。

花言葉 ⇒ 整腸・高血圧予防・

 

6.菘(スズナ)

一般的には「カブ」で知られるアブラナ科の植物。「神様を呼ぶ鈴」と考えられている縁起物であり、ビタミンA・ビタミンC・カロテン・食物繊維・カルシウムを豊富に含んでいます。

薬効 ⇒ 整腸・消化促進・風邪予防・骨粗鬆症予防

 

7.蘿蔔(スズシロ)

別名「ダイコン」として現代でも日常的に食べられている野菜。「汚れのない純白さ」という意味を持ち、栄養成分はスズナ(カブ)と似ています。ビタミンA・ビタミンC・カロテン・食物繊維・カルシウムが豊富。

薬効 ⇒ 消化促進・便秘・冷え性・血栓防止・二日酔い防止

 

春の七草の簡単な覚え方

みなさんは春の七草の植物を全て言えますか?

7種類の植物があるのは分かりますが、聞き慣れない植物もいくつかあるため覚えにくいと感じてる方も多いことでしょう。

 

一番簡単で覚えやすい方法は、「5・7・5・7・7」の短歌のリズムに合わせてテンポよく覚える方法。

リズムに乗せて口ずさむと暗記しやすくなりますよ。

セリ・ナズナ ⇒ ゴギョウ・ハコベラ ⇒ ホトケノザ ⇒ スズナ・スズシロ ⇒ 春の七草

組み合わせ方は自分の覚えやすいように入れ替えてください。

リズムに乗せて繰り返し詠むと記憶に定着しやすくなります。

 

一応語呂合わせも出来るかどうか考えてみたのですが、どの組み合わせもイマイチしっくり来ませんでした。この辺りは「秋の七草」の方が覚える方法は多かったですね。

 

【秋の七草の詳細は下記の記事をご覧ください】

秋の七草は食べる?意味から草花の種類・覚え方まで紹介します!

 

まとめ

春の七草は1月7日の正月期間である松の内の最後の日に行われる風習です。

春の七草を食べる習慣は時代が進むと共に薄れてしまいましたが、意味や由来を知ると先人の知恵や想いが込められた風習であることが分かりますね。

胃腸に優しく、栄養価はとても高く、得られる効能も多く、単純に健康効果が非常に高い身体に優しい料理です。

お正月には美味しい御馳走をたくさん食べられるのですが、そのせいで胃や腸はちょっとお疲れ気味。七草粥を食べることで胃腸の働きを整えてあげましょう。

作り方は普通のお粥とほとんど変わりませんので、今年はお正月終わりの1月7日に七草粥を試してみてください。

-1月
-,

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5