食材・料理

夏のお弁当作りで腐るのを防ぐ方法は?【注意点と傷ませない対策を紹介】

夏のお弁当を傷みにくくする食中毒対策

✓夏場のお弁当、食中毒が心配・・・
✓食中毒や傷み対策には何をしたらいいの?

こんな疑問や悩みを解消します。

 

暑さ厳しい夏。お弁当派の方にとっては食中毒が気になる季節ですよね。

食材を腐らせる菌が活発になる季節なので、中身がダメになっていないか心配。開けたら「変な臭いが・・・」「味がおかしい・・・」なんて事態は避けたいもの。

それでは、いったいどんな事をすればお弁当の傷みを防ぐことができるのでしょうか?

 

今回は、夏にお弁当を手作りする時の注意点&傷ませない対策について、「準備」「調理」「持ち運び」それぞれの工程ごとに解説していきます。

【夏のお弁当作り】準備段階ですべき対策

食中毒を引き起こす菌は、人の手、食器、調理器具、食品が保菌している可能性が高く、それらを介して体内に入ってきます。

なので、対策は調理を始める準備段階から始め、使用するものをしっかり清潔にしておくことが重要。

 

手洗い

手は多くの物に触れていますから、それだけさまざまな菌が生息しているもの。

その中には、もちろん身体を守ってくれる常駐菌もいますが、やはり病気の原因になる悪い菌もいます。

夏にお弁当を作る際には手洗いをしっかり

POINT

調理前の手洗いは必須!習慣化しましょう。

雑になりがちな指と指の間、爪の間は汚れが残りやすいので、念入りに。

 

近頃はスマホやタブレットを見ながら調理する方も多いと思います。当然、スマホの画面にも菌は付着しています。

手だけでなくスマホの画面も清潔にしておきましょう。触ったらもう一度手を洗う必要もあります。

 

お弁当箱の洗浄もお忘れなく

どれだけ衛生面に気を配って調理したとしても、肝心の料理を盛り付けるお弁当箱が不衛生では意味がありません。

POINT

お弁当箱も忘れることなく綺麗に洗浄しておいてください。

洗う際に気を付けて欲しいのは、つい忘れてしまうパッキン部分。ここに汚れが残ると菌が増殖することもありますので、すみずみまで綺麗に洗浄することが大切です。

 

さらに、菌は"付けない"ことと同時に、"増やさない"工夫も重要。

お弁当箱に「パストリーゼ」のような除菌スプレーを吹きかけたり、酢をしみ込ませたキッチンペーパーで拭いておくとより安心です。

また、まな板、包丁、フライパンなどの調理器具も清潔にしてから使用するようにしてください。

 

【夏のお弁当作り】調理時にできる傷ませないコツ

食材への火の通しが不十分だったり、菌が増殖しやすい食材を盛り付けてしまうと、食中毒を引き起こす危険性を高めてしまいます。

お弁当に詰める食材を調理する際にも気を付けたい事はありますからね。

 

それから、調理の際は「ポリ手袋」を装着して行うことで安全性をさらに高めることが可能です。

 

食材には中心までしっかり火を通す

POINT

加熱が必要な食品には中までしっかり熱を通すようにしてください。

食中毒を防ぐためにも食材は中までしっかり熱を通す

特に食中毒を引き起こしやすい「お肉、お魚、タマゴ」は中心まで念入りに。生の部分が残っていたせいで、サルモネラ菌などが原因で食中毒を引き起こしたケースもありますから。

 

75度で1分以上加熱することで殺菌できます。

あと、加工品や野菜をそのまま入れる方も少なくないでしょうが、食中毒を防ぎたいならどんな食材も一度は熱を通した方がいいです。

 

お弁当に汁気の多い食品は禁物

POINT

水分の多い環境というのは菌が過ごしやすい環境でもあります。

汁気の多い食品を入れると、菌がワラワラと繁殖してしまうことになります。

 

おひたしのような汁気の多いおかずを盛り付ける際のコツは――

  • キッチンペーパーの上で水分を取る
  • しぼって水分を抜く

レタスのような水分を多く含んでる野菜もそのまま使うと傷みやすくなるので、お弁当には避けておくのが無難。

あとは、かつお節すりゴマなど、水分を吸ってくれる食材を一緒にあえるのも一つの方法。

 

汁気の多いおかず以外にも、卵やチャーハンなど注意した方がいいおかずがあるので気をつけてください。

 

抗菌パワーのある梅干しをご飯に入れる

POINT

抗菌作用を持つ「梅干し」をご飯に入れると、菌の繁殖を抑えられることが判明しています。

抗菌作用のある梅干しは夏のお弁当に有効

これは梅干しに含まれるクエン酸によるもので、疲労回復にも効果あり。

 

ただし、日の丸弁当スタイルだと、梅干しの周辺しか抗菌パワーを発揮してくれません。

なので、梅干しは細かく刻んでからお米と混ぜた方が効果大。または、おにぎりにするのも良いですね。

 

注意して欲しいのは、近頃よく見る「減塩タイプ」や「ハチミツ漬け」の梅干しだと、あまり効果を期待できないこと。昔ながらのすっぱい梅干しがおすすめ。

梅干し以外には、酢・大葉・わさび・ショウガ・カレー粉も菌の繁殖を抑えてくれます。

 

昨晩の残り物は再加熱してから

理想としては、お弁当は当日に調理したモノを詰めた方がいいです。

しかし、「時間がない」「節約になる」という観点から、昨晩の残り物をお弁当にも活用したいですよね。

 

その場合は、

POINT

レンジでもいいのでおかずを再加熱してください。

絶対に!

保冷剤代わりに冷たいまま詰めてしまう人もいますが、食材にたくさん水分が付着することになります。それが空気に触れると、菌にとって居心地の良い環境になってしまうんです。

 

しつこいようですが、残り物のおかずは必ず再加熱してから詰めてください。

 

お弁当箱に詰める・持ち運ぶ

お弁当に詰める料理が完成たからといって、まだまだ安心はできません。

むしろ、重要なのはここから。以降の対策次第で食中毒のリスクは大きくも小さくもなります。

 

具材は冷ましてからお弁当箱に盛り付ける

「お弁当のご飯とおかず完成!さっそく温かいうちに詰めよう」

⇧ コレNG。

 

POINT

ご飯もおかずもしっかり熱を通して調理したら、今度はしっかり冷ましてください。

温かいままお弁当箱に詰めてしまうと、蒸気がこもって水滴が発生します。その水分で食材が傷みやすくなってしまうんです。

なので、夏場はしっかり冷ましてから盛り付けるようにしましょう。

 

早く冷ます方法

  • ご飯は大き目のお皿に広げる
  • 鍋や底の深い器に氷を敷き、その上にご飯を詰めたお弁当箱を乗せる
  • 急いでる時はお弁当の上に保冷剤を置いて蓋を少しずらしておく
  • 扇風機やうちはを使う
  • 金属トレーの上に乗せておく
  • ホコリが気になるならキッチンペーパーをかぶせておく

しっかり冷めたことを確認してからお弁当箱に盛り付けてください。

 

暑くない季節なら常温くらいで大丈夫ですが、夏場は手をかざしてひんやりするくらいが目安です。

 

おかず同士は使い捨てのカップで仕切る

おかずの水分が他のおかずと混ざってしまうと、菌が繁殖しやすくなって食材が傷んでしまいます。

POINT

面倒であってもアルミカップシリコンカップを使っておかず同士を仕切るようにしてください。

夏のお弁当はおかず同士をカップで仕切る

レタスのような生野菜を仕切りに使うと、野菜自体から水分が出るのでやめた方がいいです。

水分は菌を繁殖させる大きな要因ですからね。

 

 

持ち運ぶ際は保冷剤や保冷バックを活用

近年の夏は、8月どころか7月でも35度を越えるヤバイ猛暑日が各地で観測されています。

実は、35~37度というのは細菌が最も活発になる温度。

 

学校はまだ冷房設備のないところが多く、会社も節電目的から室温は高め。通勤通学時は熱気にされされてる状態。

こんな状態ですので、お弁当の持ち運びや保管する際にも暑さ対策は必須。

POINT

保管場所はもちろん直射日光の当たらない場所。

さらに、「保冷剤」を使って中身を傷ませない対策をしておきましょう。保冷剤はお弁当箱を挟むように上と下に。

加えて、「保冷バック」も活用できると尚グッド!

保冷剤の冷気がお弁当をひんやり包み込み、保冷バックのバリアが夏の暑さから守ってくれます。

 

保冷剤の効果を長持ちさせるために、先ほど解説した通りご飯やおかずは冷ましてから詰めるようにした方がいいです。

温かいままだと保冷剤もすぐに溶けてしまいますから。

 

暑さ対策をしてお弁当を安全においしく食べよう

この記事では、夏のお弁当を手作りする際に傷みにくくする対策と注意点についてお話しました。

重要な要点をまとめてみましたので、最後にもう一度確認しておいてください。

  • 調理前に手・お弁当箱・調理器具を清潔にしておく
  • 食材には中心までしっかり熱を通す
  • 汁気の多い食材はなるべく入れない
  • 梅干しは細菌の繁殖を抑制する
  • 昨晩の残り物を使う場合は再加熱する
  • 盛り付けはしっかり冷ましてから
  • 保冷剤や保冷バックを使って暑さから守る

このように、夏のお弁当は通常よりも注意しなければいけないことがたくさんあります。

 

夏は食材が傷みやすく、食中毒菌が繁殖しやすい環境も簡単に作られてしまうため、不衛生な管理はご法度!

でも、心配しながら食べるお弁当なんて味気ないですよね。

なので、調理前の準備、調理中、持ち運び、それぞれの工程で必要な対策をしっかり施しておきましょう。

 

もちろん面倒くさがってはいられないとはいえ、毎回全てをこなすのは大変です。そういう時は便利グッズを活用するのも賢い選択。

お弁当を安全においしく食べるためにも、できる対策をして夏も良いお弁当ライフを送れたらいいですね。

 

【下記のお弁当暑さ対策記事もよく読まれています。】

夏にお弁当を車内に放置して大丈夫?傷みにくくする保管方法と事前の対策が必須

-食材・料理
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5