生き方・考え方

やらない後悔よりやる後悔の方が良い?必ずしもそうとは限らないという話

こんにちは、ワチイツキです。

いきなりですけど、こんな人生の格言めいた言葉を聞いた事、或るいは言われたことありません?

――『やらずに後悔するよりやって後悔した方が良い』

――『なにごとも経験』

私は人生の中で何度も言われた記憶がありますし、私自身もこの言い回しを使ったことはあります。

まあ、他人に対してというより、自分に向けて言うことの方が圧倒的に多いです。

自分の心を奮い立たせたいときには非常に便利な言葉。

逆に他人に対してだと、これを言ってもいいのものかとすごく悩むんですよね。必ずしも「やって後悔した方が良い」とは限りませんし、相手はトラウマを抱えてる可能性もありますから。

はっきり言って、無責任にもなりかねません。

 

どういう時に使う?

先程も述べたように、「やって後悔した方が良い」「何事も経験だ!」みたいな言い回しは、自分自身の心を奮い立たせたいときによく使います。

例えば、何かにチャレンジしようとしてる時。自分の行動に迷いが生じてしまい、なかなか先へ踏み出せないことってよくあります。

それの何が怖いって、やっぱり「失敗」なんです。失敗するかもしれないと不安になり、行動に移すことを躊躇ってしまいます。

何もしなければ傷つくこともありませんからね。

そういう躊躇いがあるときにこの言葉を使うと、

「失敗も経験や財産になるんだ」と思考を変えられる・・・というより騙す事ができるので、最後の後押しには非常に使い勝手が良いんです。

場合によるとはいえ、少なくとも私にとっては前に進む力になってます。

 

他人に使うときには注意が必要

確かに便利な言葉なので、自分に使う分にはなんら問題ないんですが、よく知りもしない他人に使うには注意が必要だと思うんです。

何故かというと、この言葉を不快に感じる人もいるから。

まあ単純なことなんですが、言葉を受け取ったときの反応は人それぞれ違います。

何かに挑戦した結果、

  • 失敗によって本当に苦しんだ人
  • 取り返しのつかない事態を招いてしまった人
  • 拭うことの出来ない大きなトラウマを抱えてしまった人

など、そういう人だって世の中にはたくさんいます。

なので、上記で失敗は経験になると述べましたが、それが必ずしもプラスに働くわけではありません。

やらない方が良い結果になっていたことだって、古今東西探せばいくらでもありますよね。

もちろん、最後の一押しが欲しくて相談してる人になら、ちゃんと言ってあげた方がいいんでしょうけど、そうでないなら無責任になってしまうかもしれません。

 

程々に

加えて、どう考えても「回避した方が良い」ことだってあります。

  • 生死に関わること
  • リスクが大きすぎること

ざっくりしてますけど、このような経験と釣り合わない代償を払う場合は、やらない方が良いに決まってます。

わざわざ辛過ぎるトラウマを自ら背負う必要なんてありません。最悪、立ち直れない状態に陥ってしまう可能性だってあるんですから。

人生はいくらでもやり直しが出来るRPGとは違います。

なので、考えなしでチャレンジするのも、考えなしで「何事も経験だ」と応援するのも止めた方がいい。

 

変えがたい経験になることも間違いない

それでも、「経験」が変えがたい財産になることも確か。

この世の中、全ては経験の積み重ねによって生み出されています。それは社会だけではなく、私達自身にも言えること。

それに、成長や変化、そしてより高い成功を望むのなら、トライ&エラーという経験は必ず必要。

なので、やるかやらないかはケースバイケースではあるんですが、基本的には「失敗」するかもしれなくても「挑戦」した方が良いとは思ってます。

成功も失敗も、喜びも後悔も、その経験は栄養になります。今以上に成長するためには、大変でもそれを繰り返すしかないのでしょう。

もちろん、何を選択するのかは人それぞれ。結局のところ決めるのは自分です。やったときの後悔を想定して、それが許容できるかどうかをしっかり見極めてください。命だけは大切にね。

おわり。

-生き方・考え方

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5