12月 ギフト・プレゼント

お歳暮はいつからいつまでに贈る?忘れた時や喪中時の対応も一緒に解説

毎年、年末にお世話となった人にお礼の気持ちを乗せて贈る「お歳暮」。

しかし、贈り慣れていないと、年末の”いつからいつまで”に贈ればいいのか分からず困ってしまいます。地域によって若干違いもありますからね。

予算もどのくらいにすればいいのか悩む。

そもそも、誰に何を贈ればいいのか分からないんだよね。

それに、年末は何かと忙しい日々が続くため、ついお歳暮が頭から抜け落ちてしまい直前になってワタワタと準備する方もいるのでは?

今回はお歳暮をどうすればいいのか悩んでる方向けに、期間や予算などお歳暮についてまとめてお伝えします。

お歳暮はそもそも誰に贈るモノ?

お歳暮を贈り慣れてる人なら悩む事は少ないでしょうが、特に意識し立ての頃は「そもそも誰に送ればいいんだろう?」と悩んだことありませんか?

分からなくてもこんな事はなかなか他人には聞きづらいんですよね。

お歳暮とは――

日頃からお世話になってる人に、「感謝」と「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈る贈答品を指します。

必ずしも、誰々に絶対贈らなければいけないという決まりはありません

あくまでも感謝の気持ちです。

昔はお世話になった目上の人に贈ることが多かったのですが、現代では上下関係に関わらず、友人や後輩、家族に贈ることも増えています。

POINT

一般的な贈り先の例▼

  • 上司
  • お得意様
  • 取引先
  • 習い事の先生
  • 親戚
  • 両親・義両親
  • 友人・知人

このような相手が多いです。

注意して欲しいのは、一部大手企業・外資系企業ではお歳暮の受け取りを一切禁止にしている場合もありますので、その辺りの事前チェックはしておいてください。

ちなみに、特別な理由がない限り学校の先生にも贈る必要はありません。学校の先生も受け取りを禁止されてる場合が多いですから。

あと、私立幼稚園だとお歳暮のような心づけを渡す習慣があるところもあるようです。公立だとダメですが。

 

お歳暮の期間は?いつからいつまでに渡せばいいの?

慣れてないと分からないのがお歳暮を贈る時期。お歳暮というのは季節の挨拶も兼ねているので、贈る時期はいつでも良いという訳にはいきません。

伝統的な時期▼

「すす払いの日」である”12月13日から12月20日”まで。

ただし、現在ではこの期間は前倒しになる傾向が強まっています。

地域ごとによる違いもあり、特に関東と関西には差がありますね。

POINT

関東で多いケース▼

――12月1日から12月25日まで

関西や関東以外の地域に多いケース▼

――12月13日から12月25日まで

現代だと、東日本では11月下旬に贈るケースも珍しくはないそうです。

マナーなのでなるべく守った方がいいのは確かですが、少しくらいならズレてもお歳暮として贈れます。少なくとも、12月の中頃にお歳暮が相手方へ届くようにすれば間違いはないです。

 

時期が過ぎてしまった場合はどうする?

諸事情により、お歳暮を年内に送れない事もあると思います。何かと忙しい時期ですから、そういう事だって起こりえます。

  • うっかり忘れていた
  • お歳暮のお返しがギリギリになって年内に間に合いそうにない

「お歳暮」の表記は12月31日までの期間に届く場合に用います。遅れてしまった場合は「のしの表書き」を変更して贈りましょう。

POINT

1月1日から1月7日までなら――「御年賀」「お年賀」
(但し、関西は1月1日から1月15日までが「御年賀」になります)

1月8日から2月4日までなら――「寒中御見舞」「寒中御伺」

立春を過ぎた場合――余寒見舞い

となります。

「年賀」の表記は”松の内”の期間になります。松の内とは、門松などのお正月飾りを飾っておく期間のこと。

松の内は1月7日までの地域がほとんどなんですが、関西に限っては15日までとしています。それもあって、のしの表書きも関西だけは15日までなら「御年賀」となるのです。

 

お歳暮の予算は?立場別の相場は?

贈るタイミングが分かったところで気になってくるのがお歳暮の”相場”

安すぎると相手の気分を損ねてしまいそうですし、逆に高すぎると相手に気を遣わせてしまいそうで悩みます。

それに、最初に高い贈り物をしてしまうと、後々の負担にもなりかねないので、なるべく負担になり過ぎない範囲の金額設定が大切です。

一般的な相場▼

3,000円から5,000円

だいたいこのくらいの金額が相場と言われています。この範囲なら失礼にあたる心配はないでしょう。

但し、お歳暮の相場は贈る相手との関係や立場で異なります。

POINT

立場別のお歳暮の相場▼

  • 友人・知人――3,000円程度
  • 親戚・両親・上司――5,000円程度
  • 特別お世話になった方――5,000円から10,000円程度

これはあくまで目安です。この金額でなければダメという決まりはありません。

どれだけお世話になっているか、付き合いの長さや気持ちの大きさによって金額にも違いが出てきます。あとは年齢や経済状況も加味して考えるといいでしょう。

あと、前年にもお歳暮を贈ってる相手の場合、前年の贈り物と比べて明らかに金額の差が出る物は控えた方がいいです。お中元を贈ってる場合も同様ですので、注意してください。

 

その他、心掛けておきたいマナー

金額や期間以外にも、お歳暮には守った方がいい基本的なマナーがありますので、一つずつ説明します。

喪中のときは?

お歳暮を贈る際に悩ましいのが相手や自分が”喪中”の場合。「贈ってもいいのかな?」と躊躇ってしまう人もいるかと思われます。

結論としては、全く問題なく贈ることができます。

自分が喪中の場合 ⇒ OK

相手が喪中の場合 ⇒ OK

お歳暮はあくまでお世話になった事に対する感謝の気持ちを表したものなので、喪中のいかんにかかわらず贈っても大丈夫です。

とは言っても、不幸があった方へのお歳暮はどうしても気になる方もいると思います。その場合は、事前に先方へお断りを入れ、了承をいただいてから贈るようにすると、安心です。

一つだけ気を付けて欲しいことがあります。

お歳暮期間を過ぎた場合、1月7日(関西は15日)までなら「御年賀」として贈るのがマナーだと述べました。

しかし、相手が喪中であるなら、「御年賀」の「賀」という文字が「祝う」という意味も含んでいるため、喪中の間は使うことができません。

なので、松の内の時期からズラして、「寒中御見舞」「寒中御伺」として贈るようにしてください。

 

お歳暮の正しい渡し方

現代ではデパートなどから宅配を利用してお届けする事が増えていますよね。宅配便で送る際は、挨拶状(送り状or添え状)をお歳暮が届く前に郵送するか、品物に同封しておくのがマナーです。お礼の言葉やお歳暮を送った旨をしたためておきましょう。

宅配が増えてるとはいえ、本来は手渡しするのが正式なマナー。持参する際の正しい渡し方は、品物は風呂敷に包んで持参に、相手の前で風呂敷を外して風呂敷はそのまま持ち帰るようにしてください。

POINT

  • 風呂敷に包む
  • 風呂敷は相手の前で外し、風呂敷のみ持ち帰る
  • デパートの袋に入れてる場合も袋から出しておく
  • 手渡す際はのし書きが相手から見て正面になるように
  • 食事時や早朝は避ける

 

お歳暮とお中元は両方贈った方がいいの?

お歳暮とお中元というのは意味合いとしてはほとんど違いはありません。どちらも、日頃お世話になってる人への感謝と挨拶のためのものです。

そのため「両方贈った方がいいのかな?」と悩むこともあると思います。

もちろんお世話になっている方ならば、贈れるのなら両方贈った方が好ましいです。しかし、必ず2つとも贈らなければいけないという事でもありません。

どちらか一方だけでもOKです。

その場合は、どちらかというとお中元よりお歳暮の方が重んじられているので、お中元はやめてお歳暮に贈るようにした方がいいですよ。

また、お歳暮だけを贈る際は一年分の感謝の気持ちを表すようにしましょう。

 

まとめ

お歳暮は初めての人や慣れてない人だと、分からないことが多いと思います。

贈る際にはマナーを守る事が大切ですが、基本さえ抑えておけば特に困ることはありません。

期間もそこまで悩む必要はなく、12月中に届けば特に問題はないですし、過ぎたとしてものし書きを変更することで贈ることはできます。

大切なのはあくまで日頃お世話になってる方への感謝の気持ち。一年の締めくくりにお歳暮を利用して感謝の気持ちを伝えてみてください。

-12月, ギフト・プレゼント
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5