1月

正月恒例「初詣」の意味や由来は?【参拝期間はいつからいつまで?など初詣のQ&Aも解説】

✓初詣っていつから始まったの?どんな意味があるの?
✓初詣はいつからいつまでに行けばいい?
✓混雑しやすい時間帯は?

初詣に関するこんな疑問を解消します。

 

新年を迎えて、初めて神社やお寺に参拝へ行く『初詣』。日本人にとっては非常に馴染み深く、当たり前に行っている慣習なのですが……。

なぜ日本人は年の初めに初詣に出掛けるのか、その理由をご存知でしょうか?実は、初詣が現在のような形式に落ち着いたのはごく最近のことなんですよ。

その他にも、初詣の期間はいつからいつまで”なのか、混雑する時間帯など、気になる事も多いと思います。

 

このページでは、初詣の意味と由来、正しい参拝の期間など初詣のQ&Aについて説明します。

初詣とは…意味と由来

初詣の意味と由来

初詣とは――

”年が明けて初めての、神社やお寺への参拝”を指します。

「詣(もうでる)」という漢字は、「神仏におまいりする」という意味を持つので、初詣はそのままの意味。他に「初参・初参り(はつまいり)」ともいわれます。

 

初詣に行く目的は、一般的には神様に一年の感謝を捧げたり、新年の挨拶願掛けを行うため。

おみくじを引いたり、御守りを購入したり、絵馬に願い事を書いたりする人も多いですね。

 

また、お正月に飾り付ける正月飾りや鏡餅は、家に歳神様をお迎えし、感謝を捧げるという慣わし。つまり、家で神様に感謝を捧げ、その後に神社で再度神様を参拝するわけです。

なぜ2度も神様を参拝するのかと言うと、家にお迎えする神様と神社の神様は別の神様だから。

  • 各家にやってくる神様が「歳神様」
  • 神社におわす神様は同じ地域に住む人達が祀る「氏神様」

最近は地元の神社ではなく、有名な神社やお寺に参拝する方も増えていますが、ご自身が住む地域の人たちを守っていただいている地元の神様も大切にしたいですね。

 

初詣の歴史と由来

現在の初詣の形式は、「正月に地元の神社、もしくはご利益の大きそうな有名神社かお寺を参拝する」というのが一般的。

しかし、こうした形式が定着したのは意外にも最近で、初詣の慣わしは時代と共に大きく変化してきました。

 

年籠り➡元日詣➡恵方詣り➡初詣

初詣のもともとの由来とされているのは、平安時代からある「年籠り(としごもり)」という風習。

大晦日から元旦にかけて、家長や村長がその土地の氏神様を祭る神社で寝ずにこもり、新しい年の豊作や家内安全を夜通し祈願すること。

 

年籠りはやがて、

  • 元旦に参拝する「元日詣」
  • 大晦日に参拝する「除夜詣」

この2つの形式に分かれます。初詣の原型とされているのは前者の元日詣。

 

元日詣は江戸時代中期頃から「恵方詣りとして盛んに行われるようになります。

恵方詣りとは、元日の朝に自宅から見て恵方の方角にある神社やお寺に参拝することです。

 

交通網の発達によって現在の初詣スタイルが確立!

その後、2つに分かれた風習は時代の流れと共に簡略化されていき、元旦にだけ神社を参拝する習慣が広まっていきます。

ちなみに、現在だと除夜の鐘が鳴る前から神社を参拝し(除夜詣)、現地で年をまたいで新年を迎える(元旦詣)という人が増えており、これを「二年参り」と言います。

 

さらに、大正時代から昭和時代の鉄道登場による交通網の発達によって、かつての氏神様や恵方にこだわる慣わしが薄れ、「有名な神社やお寺に自由に参拝する」という現在のスタイルが一般的になりました。

「初詣」という言葉が使われるようになったのも大正時代頃からと言われています。

 

交通の便が改善されたことで、近くの恵方の社寺だけでなく、遠方の恵方にある有名な社寺へ参拝に出向きやすくなりました。このように、当初はまだ恵方の慣わしは盛んだったのですが……。

正月になると各鉄道会社が自分たちの沿線にある神社仏閣こそ「恵方だ!」と宣伝合戦を開始。それが原因で大正時代末期から徐々に恵方の意味が失われていき、恵方が関係ない「初詣」が一般的になっていったのです。

 

初詣に関するQ&A|参拝期間はいつからいつまで?混雑する時間は?

毎年当たり前に行っている初詣ですが、意外と知らないことも多かったりしませんか?初詣に関する素朴な疑問をまとめましたので、一つずつ解答していきます。

 

初詣の参拝期間はいつからいつまで?

新年に行う大切な行事のため、初詣の参拝期間は厳格に定められていると思われがちですが…

実は初詣に”何日から何日まで”という決まりはありません。

 

ただ、一般的には三が日(1月1日~3日まで)、

もしくは松の内(多くは1月7日、関西など一部地域では1月15日)まで、

遅くとも小正月(1月15日)までに済ませるのが良いとされています。

 

もちろん1月中でも、2月や3月になっても、年の初めての参拝は初詣となりますし、縁起が悪いということもありません。

しかし、どうせなら歳神様がいらっしゃる松の内までに行う方が、縁起が良く、ご利益も得られそうですよね。

 

混雑する日にちと時間帯は?

やはり1月1日の元日・元旦は最も混雑しており、元日は9時頃から昼にかけての時間帯が多くの寺社で混雑がピークになります。

「混雑は絶対無理!」という人は元日は避けた方がいいでしょう。

それでも元日に空いてる時間を狙うのであれば、早朝の4時~6時、または7時~8時くらいの早朝がおすすめ。また、場所によっては夕方まで混雑が続くことも珍しくありませんが、ピーク時よりは多少マシです。

 

1月1日以降はだんだん少なくなってくるとはいえ、有名な寺社だと三が日の間は混雑を避けられないでしょう。三が日が過ぎると、混雑はいっきに和らいでいきます。

1月4日以降に行くと人込みはかなり少なくなってますよ。

 

初詣は神社でないとダメ?お寺は相応しくない?

初詣のお参りは神社とお寺のどちらでも問題ありません。

神社とお寺では祀る対象が異なりますが、奈良時代から「神仏習合」といって、神道をはじめとした日本古来の神と仏教とを結びつけて信仰するのが一般的でした。

明治時代に神仏分離によって区別されましたが、その名残が現在にも色濃く残っているのです。

 

 

喪中の初詣はNG?

喪中であっても神社やお寺に初詣の参拝に行くことはできますが…。

故人が無くなってから四十九日の法要までは「忌中」といって、”神社への参拝”は避けた方がよいと言われています。50日目の五十二祭で忌明けとなるので、50日以降は神社への参拝が可能になります。

お寺に関しては気にしなくて構いません。

 

初詣のお賽銭はいくら供えるべき?

まず一つ誤解を解いておきますが、お賽銭は神様に願い事を聞いてもらうためのお供えではありません。

お賽銭の本来の意味は、神様に感謝を捧げるためのお供え物です。

 

本題に戻りますが、お賽銭には金額の決まりは特にありません。

ただし、縁起が良いと言われている金額、逆に縁起が悪いと言われている金額はありますので、それを参考にするのも一つの方法。

 

■縁起の良い金額

5円(ご縁がありますように)、5円×2枚(重ね重ねご縁がありますように)、5円×7枚(再三ご縁がありますように)など

 

■縁起の悪い金額

10円硬貨(遠縁になる)、65円(ろくなご縁がない)など

 

詳しくは「初詣のお賽銭はいくら入れると縁起が良い?【勘違いされてるお賽銭の意味も解説】」の記事で解説してますので参考にしてください。

 

おみくじは結ぶ?持ち帰る?

初詣といえば、おみくじを引く人も多いですよね。ここで気になるのが、おみくじは境内に結んでいった方が良いのか、または持ち帰った方が良いのか?…ではないでしょうか?

初詣で引いたおみくじは境内に結ぶも持ち帰るも個人の自由。

※神社によっては結ぶことを禁止にしてるところもあるので注意してください。

 

ただ、どちらかと言うと持ち帰った方が良いとされています。

神社のおみくじというのは【神様から頂くありがたいお告げであり、あなたへ向けた助言】だからです。生活や人生の指針となるメッセージなので、持ち帰ってたまに読み返す方が望ましいでしょう。

 

 

初詣の意味と歴史を知って新鮮な気持ちで参拝しよう!

お正月の慣例行事である初詣。日本人にとっては当たり前の風習ですが、現代スタイルの初詣の歴史は浅く、時代の流れと共に慣わしが変化してきた文化だったのです。

 

今のように好きな寺社に自由に参拝するようになったのが、「交通の便の改善」と「商業事情」の影響を受けての事というのは面白いですね。

時代と社会が変化するごとに文化の形も変わっていったということは、初詣がそれだけ我々の生活とも密接な関りがあり、大切にされてきた証なのだと思います。

 

このような歴史や由来、意味を知ったうえで参拝すると、何気なく行っていた初詣も新鮮な気持ちでお参りできるもの。

せっかくの初詣ですので、マナーを守った正しい参拝を心掛けて、気持ちよく新年をスタートさせましょう。

 

【初詣の神社とお寺の参拝作法・マナーは下記の記事で詳しく説明しています】

おすすめ記事初詣の参拝は神社とお寺どちらが正しい?【社寺それぞれの参拝の仕方とマナーも解説】

初詣の記事まとめ

-1月
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5