11月

11月1日は紅茶の日!由来や開催イベント【日本人で初めて紅茶を飲んだ人物とは?】

11月1日の紅茶の日とは?どのように誕生した?イベントは?

✓紅茶の日が11月1日の理由は?
✓紅茶の日の由来は?
✓紅茶の日にイベントはある?

こんな疑問を解消します。

 

肌寒くなってくると飲みたくなるのが温かい紅茶。紅茶は世界中で愛されている飲み物です。種類がとても豊富で茶葉ごとに個性があり、さまざまな味や香りを楽しめます。

そんな紅茶に関する記念日があることをご存知でしょうか。実は毎年11月1日は紅茶の日として定められています。どうしてこの日なのか、その由来が気になるところです。

 

このページでは、紅茶の日が11月1に制定された由来と、記念日の関連イベントをご紹介します。

 

紅茶の日とは|制定された由来

紅茶の日が制定された由来、11月1日の理由

POINT

毎年11月1日は紅茶の日。

日本紅茶協会が1983年(昭和58年)に制定した記念日。

比較的新しく生まれた記念日となります。

 

記念日がこの日に制定された理由は、”日本人が初めて紅茶を飲んだ日が11月1日”だから。その記念として制定されたのです。

しかし、それは1791年の出来事。しかも飲んだ人物は普通の一般人。その頃の日本は鎖国中だったので、外国の飲み物である紅茶を飲めるのはおかしいですよね。

いったい日本人の誰がどのような経緯で紅茶を飲んだのかを見ていきましょう。

 

日本で始めて紅茶を飲んだのは船乗りだった?

■嵐で遭難してロシア領の島に上陸

時代は鎖国政策只中の江戸時代。時の将軍、第11代・徳川家斉の時代です。

1782年(天明2年)12月9日。伊勢の国(現在の三重県)の船頭「大黒屋光太夫」は、積み荷を載せた廻船・神昌丸で江戸へ向かっていたところ、嵐に見舞われて遭難。そのまま漂流した神昌丸は、当時ロシア領だったアレウト列島(現:アリューシャン列島)のアムチトカ島に上陸しました。
※アムチトカ島の位置は北方領土よりさらに東

 

■女帝に帰国嘆願のためシベリア横断

アムチトカで約4年過ごした大黒屋光太夫は、カムチャッカ半島に渡って帰国嘆願するも、鎖国状態の日本はそれを拒否。それでも帰国を諦めなかった光太夫らは、女帝エカテリーナ2世に直接嘆願するため、シベリアを横断して首都サンクトペテルブルクまで移動しました。

それはアムチトカに漂着してから8年もの歳月が過ぎた1791年(寛永3年)2月のこと。

 

■帰国前に欧州文化を体験する中で紅茶と出会う

エカテリーナ2世に謁見が叶うと、その境遇に同情した皇帝によってようやく日本への帰国を許されました。そして、遭難してから実に9年半後の1792年(寛永4年)に帰国できたのです。

皇帝への謁見から帰国までの間、光太夫は皇太子や貴族などロシアの上流階級の方々から歓迎を受け、さまざまな欧州文化を体験します。

1791年11月1日にはエカテリーナ2世のお茶会にまで招かれ、そこで光太夫は日本人としては初となる紅茶をいただきました。このときの出来事を記念して制定されたのが、11月1日の紅茶の日。

 

紅茶の日の関連イベントは?

紅茶の日の関連イベント

■紅茶の日記念ティーセミナー

日本紅茶協会は毎年11月1日に、明治記念館で「紅茶の日記念ティーセミナー」を開催しています。セミナーでは、トークショーやミニコンサートなどを楽しみつつ、美味しい紅茶の淹れ方や嗜み方を学べる内容となっています。日本紅茶協会会員各社からの紅茶のお土産がつくそうです。

参加するには事前申し込みのうえ抽選となります。紅茶好きの方は応募してみてはいかがでしょうか。

 

■アフタヌーンティー・ティールームの「ティーフェス(TeaFes)」

アフタヌーンティー・ティールーム(Afternoon Tea TEAROOM)では、6週間にわたって紅茶を楽しむ企画「ティーフェス」を開催します。

2023年開催期間:10月12日(木)〜11月15日(水)

開催されるのは全国のアフタヌーンティー店舗(一部取店舗を除く)。美術館とのコラボ企画、秋限定スペシャルセットや限定ボックス「Tea for Peace BOX」の販売など、様々な限定企画が実施されます。

 

その他にも紅茶関連の企業・団体がイベントや紅茶の講座を開催しています。また、紅茶を提供している専門店や喫茶店、BARなどでキャンペーンが実施されていたり、期間限定商品を出していることも。興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

紅茶の日らしく素敵なティータイムを♪

11月1日は紅茶の日ということで、ちょうど温かい紅茶が恋しくなる秋にはピッタリの記念日と言えます。

この日に制定された理由は、「11月1日は日本人が初めて紅茶を飲んだ日」だから。日本で紅茶を初めて飲んだ人物が、帝や貴族、武家など上流階級の者ではなく、一般人だったというのは意外でしたね。

11月は紅茶の日があることから、紅茶関連のイベントが多く開催されています。この時期にしか楽しめない限定商品や企画も盛り沢山です。紅茶好きの方はもちろん、少しでも興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。キャンペーンを利用すればお得に紅茶を楽しむこともできますよ。

-11月
-

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5