9月

秋の七草って食べるの?意味から草花の種類や覚え方まで紹介します

秋の七草の意味は?種類は?覚え方は?

”七草”というと七草粥でも知られる「春の七草」を思い浮かべる人が多いと思います。

でも、春の他に「秋の七草」があることをご存知でしょうか?

聞いたことはある。
でも、どんな草花があるのかも、何をするためにあるのかも分からない。・・・食べるの?

食べませんよ。

七草粥を食べる行事で馴染みのある春の七草とは違い、分からないことは多いですよね。

今回は、秋の七草の由来や意味、覚え方を紹介しようと思います。

秋の七草の由来は?

秋の七草の由来は、万葉集に収められている山上憶良(やまのうえのおくら)の2首の歌が始まりだと言われています。

「秋の野に 咲きたる花を  指折り(およびをり)
かき数ふれば  七種(ななくさ)の花 」

この1つ目の歌で、「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」と歌われています。

「萩の花 尾花 葛花(くず) 
撫子の花  女郎花(おみなえし) 
また藤袴(ふじばかな)  朝貌(あさがお)の花」

2つ目の歌で7種類の草花が「萩の花、尾花、葛の花、撫子の花、女郎花、藤袴、朝貌の花」であることを説明されています。

最後の朝貌については「朝顔」であるという意見もありますが、当時の日本には朝顔は無かったことから、現在では「桔梗」が有力です。

上記の2つの歌が秋の七草の由来になったと考えられています。

 

秋の七草にはどんな草花がある?花言葉は?

秋の七草の種類

さて、秋の七草にはどんな草花があるのかを詳しく見ていきましょう。

1.萩(はぎ)

蝶型の赤紫色の花。名前の中に秋が含まれている通り秋を代表する植物の1つ。万葉集で最も多く詠まれているなど、古くから日本人に親しまれてきた花です。

花言葉 ⇒ 思案・内気・想い

 

2.尾花=すすき

尾花とは「すすき」の別名。動物の尾に似てることから尾花と呼ばれているとのこと。「すくすくと真っ直ぐ立つ植物」という意味があり、豊作を祈願するお月見にお供えされることも多いです。

花言葉 ⇒ 活力・活気・元気・生命力・勢い

 

3.葛(くず)

甘い香りを放つ植物。葛切り・葛餅・葛菓子など和菓子の材料に使われたり、漢方薬として重宝されたり、日本では古くから生活と密接な関係にあった植物です。

花言葉 ⇒ 活力・治癒・根気・努力・恋の溜息・芯の強さ

 

4.撫子(なでしこ)

ピンク色で花びらの先が細かく分かれた花。”撫でたくなるほど可愛らしい子”という意味があります。「撫子」を見立てた「大和撫子」の名称が有名なように、日本の花というイメージが強い花です。

花言葉 ⇒ 純愛・無邪気・思慕・貞節・大胆

 

5.女郎花(オミナエシ)

黄色い小花を密集させて咲く花。特に歌人から愛好された花で、多くの歌や句が詠まれてきました。オミナは”女性”、エシは”圧す”が変化したもので、「女性を圧倒するほど美しい」と言われる花です。

花言葉 ⇒ 美人・親切・優しさ・儚い恋

 

6.藤袴(ふじばかま)

薄紫の粒のような花を咲かせる植物。花の形が袴を連想させることから藤袴の名称がつけられました。とても良い香りを放つ花であり、多くの和歌の中で藤袴の匂いが触れられています。現在は絶滅危惧種に指定されている花です。

花言葉 ⇒ ためらい・遅延・優しい思い出・他人の恋の相談役

 

7.朝貌=桔梗(ききょう)

青紫の星形の花。日本では古くから秋の風物詩として愛されてきた花で、美しさと気品を併せ持つ姿は日本庭園とよくマッチします。実は絶滅危惧種に指定されており、野生の桔梗は非常に珍しいです。

花言葉 ⇒ 清楚・誠実・気品・変わらぬ愛・従順

 

秋の七草の覚え方

春の七草にも言えることですが、七草っていまいち上手く覚えられなくないですか?

聞き慣れない植物もちらほらありますし、特定の時期しか意識することもないので、毎年決まって「なんだっけ?」と分からなくなってしまいます。

この場合は、歴史の年号を暗記するように、ちょっと工夫することで覚えやすくなります。

有名な覚え方は次の2パターン。

「5・7・5・7・7」で覚える

一つ目の方法は、「5・7・5・7・7」のリズムに合わせて覚える。

これはご存知の通り和歌のリズムです。

九九を覚えるような感覚で、リズムに乗せて口ずさむと暗記しやすくなります。

ハギ・キキョウ ⇒ クズ・フジバカマ ⇒ オミナエシ ⇒ オバナ・ナデシコ ⇒ 秋の七草

組み合わせ方は自分の覚えやすいように組み替えて構いません。

これを複勝します。

なんだか覚えられそうな気がしてきませんか?

語呂合わせで覚える

2つ目の方法は、頭文字の語呂で覚える。

歴史の年号や元素の周期表を暗記するときによく使われるアレです。

多くの方が学生の頃にやったことがある方法なので、馴染みやすいと思います。

語呂合わせ①:お好きな服は?

<おすきなふくは?>

みなえし(女郎花)

すき(尾花)

きょう(朝貌)

でしこ(なでしこ)

じばかま(藤袴)

ず(葛)

ぎ(萩)

語呂合わせ②:ハスキーなおふくろ

<はすきーなおふくろ>

ぎ(萩)

すき(尾花)

きょう(朝貌)

でしこ(なでしこ)

みなえし(女郎花)

じばかま(藤袴)

ず(葛)

語呂合わせ③:大きな袴(はかま)穿く

<おおきなはかまはく>

みなえし(女郎花)

ばな(尾花)

きょう(朝貌)

でしこ(なでしこ)

ふじばかま(藤袴)

ぎ(萩)

ず(葛)

 

秋の七草って何をするの?

「春の七草」というのは 7つの植物を「七草粥」に調理して、無病息災・健康長寿を祈願して食べる行事。

”健康”を願い”食”を楽しむものです。

なら、秋の七草も春と同じように食べる行事なの?

と思われるかもしれませんが、秋の七草は食べません。

ススキは天ぷらにできますし、葛のように和菓子に使われる植物はあります。

でも、他は生薬や漢方に使われるものの食材には向きませんし、藤袴にいたっては毒があるので絶対に食べてはいけません。

なら何をするのかというと――

秋の七草は鑑賞して風情を楽しむものです。

行事に使われるために選ばれたのではありません。

見た目にも綺麗な花、秋の訪れを感じる植物ばかりのように、鑑賞目的に選ばれた草花と思われます。

ただ、昔は薬としても重宝されていた植物が複数あるので、現在よりもずっと実用的で身近なものでもあったのでしょう。

 

時期はいつ?

なお、春の七草は1月7日に食べると決まっていますが、秋の七草の場合はズバリこの日といったような決まりはありません。

ざっくり言うと、秋の七草は旧暦で7月~9月。

現在の暦だと9月中旬~11月初旬ごろ。

ただ、七草に選ばれている草花の開花期間はそれぞれ異なります。

全ての草花を鑑賞しやすい期間は、9月中旬~9月の末くらいの初秋の頃ですね。

開花時期は場所や毎年の気候によって若干ズレますし、4月や5月くらいから咲いてる花、11月を過ぎても咲いてる花もあります。

そういうわけで、秋の中草は春に比べると結構長いあいだ楽しむことができます。

 

まとめ

秋の七草は、食べる行事である春の七草とは違い、鑑賞を目的とした風情を楽しむためのものです。

秋の風情の楽しみ方といえば、紅葉やお月見の印象が強いと思います。

ですが、秋の七草のように素朴で野趣に富んだ風情の楽しみ方も素敵ではないでしょうか?

家に飾ってみたり、のんびり散歩するなどして、秋の七草を心で味わってみてください。

-9月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5