12月

お歳暮のお返しは必要?お礼状の書き方は?【基本的なマナーを解説】

お歳暮にお返しは必要?お礼状の書き方は?

✓お歳暮にお返しは必要?
✓お返しをするときのマナーは?
✓お歳暮のお返しの相場は?

このような疑問を解消します。

 

年の瀬になると、お歳暮の品が届く方も多いことでしょう。贈っていただけるのはとてもありがいのですが、なかにはお歳暮のお返しはどうしようかと悩まれてる方もいるかもしれません。

「お返しは何を贈ればいいんだろう」「相場は?」「そもそもお返しって必要?」など、特にお歳暮を受け取り慣れてない方だと分からないことばかりですよね。

 

このページでは、お歳暮のお返しは必要か不要か、贈る場合の相場や送るタイミングなどの基本マナーをご紹介します。

 

お歳暮をいただいたらお返しは必要?

お歳暮をいただいた場合、お礼と一緒にお返しの品を送った方がいいのでしょうか?

お歳暮というのは、日頃お世話になっている方に対して、感謝の気持ちと年末の挨拶を伝えるための贈り物。

お祝いの品ではないため、本来はお歳暮のお返しは必要ないというのが基本的な考え方です。

 

いただいたお歳暮に対しては、お心遣いに感謝する旨を記したお礼状を送るのが一般的。

まずは電話でお礼を伝えたうえで、その後に手書きのお礼状を送ります。お歳暮を贈ってくれた相手に感謝と喜びの気持ちを伝えましょう。

 

一概に不要とも言い切れない現代のお歳暮事情

お歳暮は基本的に目下の人から目上の人へ贈られるもの。この関係性でお返しをすると相手が恐縮してしまうかもしれません。そのため、部下や後輩からのお歳暮にはあえてお返しをしないのがマナーとなります。

しかし、現代はお歳暮の形が多様化しており、贈る相手が必ずしも目上とは限りません。友人や同僚に日頃の感謝を伝えるためにお歳暮を贈るケースが増えているようです。ときには目上の方から予期せず贈られてくることも。

さすがにお礼状だけというのは気が引けます。それに、関係性を問わずお返しをしたいケースもあるかもしれません。

 

このように、一概にお返しは不要とも言い切れない事情が現代のお歳暮にはあります。

基本はお返しをする必要はないのですが、相手が友人や同僚もしくは目上の方なら、お返しをしても差し支えないでしょう。

 

お歳暮のお返しをする場合の基本的なマナー

もちろんお返しにも守るべきマナーがあります。お歳暮は期間が決まっており、適切とされている相場もあるため、贈ってくれた相手に対して失礼がないよう気を付けてください。

 

お返しを送るタイミング

お返しのタイミングは「なるべく早く!」が基本。

というのも、お歳暮の時期はだいたい12月初旬から12月25日ごろ。遅くとも年内の31日までには届くようにする必要があります。

当然お返しの品物はお歳暮が届いた後に考えなければいけないため、のんびりしているとお歳暮の期間が過ぎてしまうなんてことも。できるだけ年内にお返しが届くように速やかに準備しましょう。

 

問題は年内ギリギリにお歳暮が届いた場合。どうしても間に合わないときは「お歳暮」ではなく「御年賀」として贈ります。お年賀の期間は1月7日まで(関西は15日まで)。

あと、品物だけではなくお礼状も決して忘れないように。お歳暮のお返しだと相手に伝わらないと、先方が別のギフトだと勘違いして逆にお返しをされてしまうかもしれません。

 

お返しの予算の相場は?

お歳暮のお返しの相場は、半額から同額程度の金額が一般的。

もともとお歳暮は感謝が目的で贈るものであり、お返しは不要であるため、いただいた品物より効果な品物を送るのは控えましょう。

 

また、贈ってもらったお歳暮より高価な品物を贈り返す行為は、「来年からはお歳暮は贈らないでください」という意味になります。

お歳暮を辞退したいならその旨をお礼状に記せば問題ありませんが、知らずにこれをやってしまうと配慮に欠けた失礼な印象を与えてしまうかもしれません。十分に注意してください。

 

お返しにはどんな品物が向いてる?

お返しの相場にも十分気を付けたうえで、貰って邪魔にならないもの、負担にならないものが好ましいです。

お茶請けになるお菓子、季節のグルメが人気。どちらも来客が増えるお正月には重宝される贈り物になります。

 

お返しの有無に関わらずお礼状は送るのがマナー

お返しをするしないに関わらず、お歳暮をいただいた場合はなにはともあれお礼状を送るのが正式マナーです。

お礼状は感謝の気持ちを示すと同時に、「受け取りましたよ」という相手への受け取り報告も兼ねています。贈られた方はちゃんとお歳暮が届いたのか、受け取ってもらえたのか気になっているもの。

なので、お歳暮が届いたらできるだけ早くお礼状を出すようにしましょう。これは目下の立場であっても、同僚・友人であっても、目上の立場であっても同じく大切なマナーです。

 

日頃から連絡を取り合う親しい間柄なら電話やメールだけでも問題ありません。しかし、相手が会社関係や目上の人の場合はきちんとした形をとってください。

お礼状はお歳暮が届いたらすぐに出します。遅くとも3日以内。それ以上遅れるようなら詫びの言葉も添えておきましょう。

 

お歳暮のお礼状の書き方

お礼状の基本的な構成はこちら▼

  1. 冒頭
  2. 時候の挨拶
  3. お礼の言葉
  4. 相手の健康を気遣う言葉
  5. 結びの言葉

この構成を踏まえた上で書いた文例がこちらになります。

拝啓 師走に入りあわただしい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

さて、この度はご丁寧にもお歳暮の品をお送りいただきまして、誠にありがとうございます。
早速、美味しくいただきました。
(家族がいる場合+「家族全員、大変喜んでおります。」)
(相手が既婚者の場合+「奥様にもくれぐれ宜しくお伝えください。」)

いつもながら細やかなお心配りを頂き、恐縮するばかりです。

本日別便にて心ばかりの品を送らせていただきました。お口に合うかどうかわかりませんが、ご笑納ください(又は「ご笑納いただければ幸いです」)。

寒さはこれから本番を迎えます。 時節柄、くれぐれもご自愛ください。

略儀ながら書中にてお礼申し上げます。ありがとうございました。

この文例は、お歳暮のお返しを別便で贈る場合を想定したもので、事前にとり急ぎ送る場合のお礼状となります。

お礼状をお返しの品に同封するなら、「本日別便にて~」の箇所を「本日は感謝の気持ちを込めまして、心ばかりの品をお送りいたしました」と文章を変えてください。

 

まとめ

お歳暮を貰うとお返しをした方がいいのか迷われる方は多いでしょうが、お歳暮はお返しをしないパターンが一般的です。

それでも、お礼状はしっかり出すようにしましょう。お歳暮の感謝の気持ちと、受け取ったことを伝えるのはマナーです。受け取ったらできるだけ早めにお礼状を出すようにしてください。

 

ただ、どうしてもお返しをしたいケースもあるかもしれません。現代はお歳暮の形が多様化しているため、相手が友人や同僚、目上の方であるならお返しをしても差し支えないです。

お礼状だけでは気が引けてしまうのなら、お返しを贈っても問題ありませんよ。その際は、いただいたお歳暮の半額から同額程度の品物にするのがマナーとなります。

お歳暮のお返しもまた、お互いが不快な思いをせず、幸せな気持ちになれるように配慮することが大切です。

 

お歳暮の関連記事は下記にまとめてあるのでご参考にしてください。

お歳暮・お中元の記事まとめ

-12月
-

© 2022 暮らし道標 Powered by AFFINGER5