4月

十三参りの意味は?時期はいつ?【正しい参拝方法や初穂料の相場も紹介】

十三参りとはどんな行事?意味・目的・参拝方法を解説

✓十三参りってどんな行事?
✓十三参りはいつ?
✓お参りのやり方は?

こんな疑問を解消します。

 

「十三詣り(十三参り)」という言葉をご存知でしょうか。主に京都を中心とした関西地方で行われており、七五三と同じで子供の成長をお祝いする行事。

一般的にはあまり知られていませんが、徐々に京都から全国に広がってきているようです。いったいどんな行事で何をする日なのか、気になりますね。

 

このページでは、十三参りの意味・目的、時期はいつなのかをご紹介します。

 

十三参りとは?

十三参りは別名「知恵詣り」「知恵もらい」とも呼ばれる日本の伝統行事です。

十三参りとは、数え年で「13歳」になった子供をお祝いする記念行事。

親子で神社やお寺で知恵の菩薩「虚空蔵菩薩」を参拝して、健やかな成長に感謝し、「知恵」「福徳」を授かります。

全国的にはあまり知られていませんが、主に京都を中心とした関西では七五三と並んで大切にされてきた行事です。また、13歳は男女ともに初めて”厄年”を迎える年なので、厄払い・厄除けをするという意味も含まれています。

 

13歳でお祝いする理由は?

十三参りは「13歳(※数えで13歳なので満12歳)」でお祝いする行事ですが、13歳で行われる理由は複数の説が存在します。

平安時代の初めに清和天皇が京都嵐山の法輪寺で勅願法要を催したのが数え年で13歳であったから

初めて十二支が一周して自分の干支に戻ってくる年齢であるから

十三参りが始まった江戸時代中期頃では数え年で13歳が元服の年だったから

昔は数え年で13歳になると、立派な女性に成長したことを祝う「髪上げの儀式」や「成女式」を行っていたから

このように、昔から13歳というのは大人に成長する節目の年齢とされていたのです。

大人への通過儀礼と、十三仏の十三番目の菩薩「虚空蔵菩薩」の縁日13日と結びついたと考えられています。

 

十三参りを行う時期はいつ?

十三参りを行う年齢は男女ともに数え年で13歳になる年です。

POINT

その年の旧暦3月13日。

現在使われている新暦では4月13日にあたる日にお参りするのが基本。

でも、最近は必ずしも4月13日でないとダメというわけではなく、その前後1ヶ月くらいの都合の良い日にお参りするのが一般的です。目安はだいたい中学校入学式前後の「3月13日~5月13日」くらい。

基本的には数え年で13歳になった子を対象としていますが、神社やお寺によっては満年齢でもお参りは可能です。

 

十三参りはどこで祈祷する?正しい参拝方法は?

次に、十三参りを行う場所とお参りの正しい作法についてお話します。

 

お参りする場所

基本的に十三参りをする場所は、”虚空蔵菩薩が祀られている神社やお寺”となります。でも、虚空蔵菩薩を祀っている神社やお寺が近所に無い場合も多いです。

最近は虚空蔵菩薩と関係ななくても、十三参りのご祈祷を受けてくれる神社・お寺が増えています。

お宮参りで参拝した場所、もしくは日頃お世話になっている神社・お寺があるなら、可能かどうか問い合わせてみると良いでしょう。

 

正しいお参りの方法

十三参りには普段のお参りとは異なる特徴的な儀式があるので、お参りの方法を解説します。

「漢字一字」を書いてお供えする儀式

  • 自分が大切にしていること
  • これからの想い
  • 授けていただきたいもの

これらを神社に用意されている半紙や絵馬に毛筆を使って”漢字一字”で書きます。例えば「福」「幸」「楽」「学」「笑」など。それをお供えしてご祈祷を行い、御守りやお供物を頂いて終了です。

POINT

■帰りは後ろを振り向かない■

参拝の帰りは本殿を出てから鳥居をくぐるまで、決して後ろを振り返ってはいけないとされています。

後ろを振り返ると、ご祈祷で授かった知恵を返上しなければいけないという伝承があるからです。

 

参拝する際の服装は?

参拝時の正式な服装はこちらになります。

  • 男の子は「羽織袴」
  • 女の子は「振袖」

着物は大人の寸法(本断ち)で着るため、そのままだと子供にはサイズが大きいです。なので、事前に肩上げをしてサイズを調整しておきましょう。お参りから帰ったら肩上げした糸をほどくのが正式なお参りの作法となります。

ただ、最近は着物で参拝する子は減っており、学校の制服やラフすぎない洋装でお参りするケースが増えています。

着物は高価で保管も気を遣うため、購入すると何かと大変です。着物でなくても相応しい服装を心掛ければ特に問題ありません。

 

「祈祷料(初穂料)」の相場はいくら?

参拝の際には感謝の気持ちを込めて「祈祷料」を納めるのが一般的。これを神社では「初穂料」と呼びます。

十三参りで納める祈祷料の相場は「5,000円~10,000円」。

一般的にはだいたい5,000円くらいが多いです。神社によっては祈祷料があらかじめ定められている場合もあります。

祈祷料は買い物のときのように財布から出して渡すのはマナー違反なのでご注意を。

しっかりご祝儀袋を使って納めてください。

正しい祈祷料の包み方

  • 水引きが紅白の蝶結びの祝儀袋、もしくは無地の白封筒
  • 表書き【お寺】・・・「御布施」「御祈祷料」
  • 表書き【神社】・・・「初穂料」「御初穂料」
  • 下段の名入れにはご祈祷を受ける方の名前
  • 中袋の表に金額、裏に祈祷を受ける方の住所と名前を記載

祈祷料として納めるお札は、なるべくシワのない綺麗なお札を用意するようにしましょう。

 

十三参りを迎えた子にお祝いの品は必要?

十三参りは内々のみで行われるお祝いなので、基本的にはお祝いの品を贈る必要はありません。同時にお祝いを貰ったとしても、お返しをする必要はありません。

もちろん贈る贈らないは自由です。お孫さんや姪・甥っ子にお祝いを包むことは普通にあります。お祝いを渡したいのなら、祝い金やプレゼントを贈ってあげて構いません。

十三参りの相場と渡し方

  • 水引きが紅白の蝶々結びになってるもの
  • 表書きは「祝十三参り」
  • 金額は3,000円~10,000円程度を目安に

 

十三参りは子供の健やかな成長に感謝するお祝い

十三参りは数え年で13歳、満12歳に成長したお子さんをお祝いする記念行事です。内容的に似てる七五三ほど有名ではありませんが、京都を中心とした関西で広くお祝いされており、徐々に関西以外の各地でもお祝いする人が増えているのだとか。

プレゼントや祝い金を包む必要はありませんが、十三参りはちょうど中学校に入学する時期なので、何か贈りたいのであれば入学祝いとして贈るのも一つの手です。

正式なお参り方法を解説しましたが、あまり堅苦しく考える必要はありません。大切なのはお祝いしたいという気持ち。中学生となるお子さんの成長と新たな門出を家族みんなで祝ってあげましょう。

 

中学生の入学祝いについてはこちらの記事が参考になります▼

【中学校入学祝い】貰ってうれしい贈り物【相場・マナー・おすすめプレゼント】

-4月
-

© 2024 暮らし道標 Powered by AFFINGER5