4月 ギフト・プレゼント

【中学校入学祝い】貰ってうれしい贈り物【相場・マナー・おすすめプレゼント】

・中学校の入学祝いっていくら包めばいいの?
・品物ならどんなプレゼントが喜ばれる?
・相場はどのくらいだろう?

こんな疑問を解消します。

 

姪や甥、孫が小学校を卒業したと思ったら、すぐにやってくる中学校の入学式。

身内ならそのお祝いに【中学校入学祝い】を贈る方も少なくないでしょう。

しかし、中学生くらいの子は何を貰ったら嬉しいのか、現金なら金額はいくらが妥当なのか、分からないことも多いですよね。

今回は、中学校の入学祝いの相場やマナー、品物の場合のおすすめプレゼントについてお伝えします。

中学校の入学祝いは誰まで渡すの?

まず気になるのが、「入学祝いとは、どの程度(何等身)の関係性にある子供まで贈るもの?」という疑問。

一般的には、親、祖父母、兄弟姉妹など、近しい身内(親族)の中でお祝いするのが普通です。

最低でも贈っておきたい範囲は――

3親等までの身内・親族

  • 1親等=父・母・息子・娘
  • 2親等=祖父・祖母・・兄弟・姉妹
  • 3親等=叔父・叔母・甥・姪

という事になります。

 

入学祝いというのは一般的に親族間で行うものなので、基本的には血縁関係のない友人・同僚のお子さんに贈る必要はありません。

と言っても、贈るのが絶対にダメというわけではないです。

特別親しくしてる友人・知人、とてもお世話になった方のお子さんに中学校入学祝いを贈るのはOK。相手と普段どのような付き合いをしてるかで判断すると良いでしょう。

 

現金の場合は「子供に渡す?」「親に渡す?」

また、入学祝いを現金で渡す場合、「子供本人に渡していいのか」「それとも親に渡した方がいいのか」迷いませんか?

 

入学祝いは子供のお祝いではあるのですが、入学準備・学校生活を送るうえでの”援助金”としての意味合いも強いからです。

これが、文房具や洋服など、品物でプレゼントするなら子供に直接渡しても問題ないです。

 

しかし、”現金で渡す”場合はよく考える必要があります。

子供に直接渡すと、お小遣いやお年玉のような臨時収入だと勘違いされてしまうかもしれないからです。

贈る側がそのつもりで渡すならまだしも、学校生活に必要な物を購入するための援助金とするなら、親に渡した方がいいでしょう。

 

渡し方は――

  • 当事者である子供がいる前で”親に渡す”
  • 大学生なら”子供本人に渡すのもアリ”(但し、親がいる前で渡す)

自由に使って欲しい場合も、親に渡しておくのが無難。

貯金するか、入学費用にあてるか、子供に自由に使わせるかは、各家庭で話し合って決めてもらえばいいかと。

お小遣いとして直接渡したいなら、親がいる前で子供に渡すようにしましょう。義務教育中は両親を通じて贈るのがマナー。

 

入学祝いを渡すタイミングはいつ?

入学祝いを渡すタイミングは、3月初旬~3月中旬頃(入学式の2、3週間前)が理想。

その理由は、入学式当日・前後の時期は親も子供も忙しくなるからです。慌ただしくしてる時に渡すと迷惑を掛けてしまうかもしれません。

なので、遅くなとも1週間前には渡しておきたいところ。

 

遠方に住んでいて頻繁に会えない方は、正月のような親戚が集まる機会に渡しておくか、郵送で送る方法(現金書留)もあります。

また、入学式前に渡せなかった場合は、入学式後に渡してもOKです。

ただし、時期がズレると入学のお祝い感にもズレが生じやすくなりますので、遅くなり過ぎないように注意してください。

 

中学校の入学祝いの金額相場

まずは、中学校の入学祝いに適した金額”相場”を確認していきましょう。

 

現金を渡すにしろ、プレゼントを用意するにしろ、入学祝いに掛ける金額にはざっくりとした相場があります。

相手との関係性によって金額は上下しますが、双方の負担を抑えるためにも、相場から離れ過ぎる金額は避けた方がいいです。

注意点は、贈る側の家計を圧迫しない金額であること。且つ、受け取る側に気を遣わせない金額であること。

 

金額の相場はだいたい以下の通り▼

贈る相手 相場となる金額
10,000円~50,000円程度
甥・姪 3,000円~10,000円程度
親しい友人の子供 3,000円~5,000円程度

中学の場合は小学校の相場とあまり差異はありません。

お爺ちゃん・お婆ちゃんの金額が少し上がるくらいですね。

 

また、贈る側の年代によって金額に若干違いが出てきます。

やはり若い人ほど金額は低くなり、年代が上がるほど金額は上がる傾向にあるようです。

違いが出やすいのは、特に贈る相手が姪っ子や甥っ子の場合ですね。

例えば、

  • 贈る側が【20代・30代】ならば、甥・姪への入学祝いの金額は3,000~5,000円が相場
  • 贈る側が【40代以降】ならば、甥・姪への入学祝いの金額は5,000~10,000円が相場

このくらいの金額を目安にするといいでしょう。

現金ではなく、図書券や商品券の場合もこのくらいの金額が目安になります。

 

中学入学祝いに品物をプレゼントするならコレ!

入学祝いに品物を贈る場合の選び方のポイントは5つ。

  • 勉強・学校生活で必要な実用品
  • 子供の趣味や興味を持っているもの
  • いくらあっても困らない消耗品
  • 学校指定もなるべくチェック(公立か私立かも踏まえて)
  • 両親の意向・方針に反するものはNG

次におすすめの入学祝い品をご紹介します。

 

活動範囲が広がる中学生には「自転車」

中学校の入学祝いには自転車がおすすめ

まずは、親抜きで遠くに出掛ける機会が増える中学生の必需品【自転車】

中学生に進学すると、小学生の頃に比べて活動範囲が一気に広がります。そのため、特に男の子は足となる自転車は欠かせない移動ツールとなります。

小学生の頃にも自転車は使っていたかもしれませんが、子供用の可愛らしい自転車を使っているケースが多く、中学生になって使い続けるのはさすがに恥ずかしいです。

自転車の値段はピンキリですが、比較的高額の買い物になるため祖父母から孫へのプレゼントにオススメ。

日常使いに便利な「シティサイクル」がいいでしょう。

 

学生には勉学に役立つ「文房具・勉強グッズ」

中学生への贈り物の定番といえば、実用性No1の【文房具】&【勉強グッズ】

中学生になると鉛筆からシャープペン・ボールペンがメインになり、小学生のときに使っていた物では幼過ぎることもあるため、文房具を一新することが多いです。

さらに、勉強に用いるアイテムの幅も広がりますよね。

  • シャープペンやボールペン
  • 筆箱
  • ノートやメモ帳
  • 電子辞書
  • 卓上ライト

など。

便利でおしゃれな文房具、自分では買いにくい勉強アイテムなど、勉強に役立つ文房具&勉強グッズはプレゼントにおすすめ。

文房具は一つ一つはそれほど値段は高くないので、まとめてプレゼントするのもアリです。

■立体にも平面にもなる面白い筆箱

■おしゃれ且つ高級感のあるシャープペン

■授業でも受験対策にも役立つ電子辞書

 

おしゃれ&実用的な「財布」「時計」「カバン」

中学校入学祝いには財布・時計・カバン・リュックなど実用的でおしゃれなアイテム

入学祝いは学校生活で必要な物を揃えるための援助金としての意味合いが強いので、なるべく実用的な物の購入費用にあてたいところ。

でも、中学生というのはオシャレにも興味を持ち始めるお年頃。

なので、【実用的】でありながら、且つ【オシャレ】にも気を配ったプレゼントもおすすめです。

  • 財布(中学生になると持つお金が増える)
  • 時計(通学時やプライベートでの時間確認用)
  • カバン・リュック(持ち歩く物が増える)
  • ポーチ(リップクリームや手鏡など小物の収納用)
  • 靴(学校用orプライベート用に)

など。

このようなアイテムは好みもあるので、事前に聞いておくか、お子さんや親御さんと一緒に選ぶのもいいでしょう。

中学生らしさから外れないように気をつけながらも、ちょっとくらいは大人っぽいオシャレな物を贈ってあげたいですね。

■スポーツブランド「アディダス」の可愛い腕時計

■体への負荷が小さい&軽く感じる通学カバン

 

このあたりが定番の中学校入学祝いプレゼントです。

他にも、趣味が分かっているなら趣味関連のプレゼント、入部する部活が分かっているならスポーツ用品も、プレゼントすると喜ばれる可能性は高いです。

 

祝儀袋・熨斗の書き方とマナー

続いて、入学祝いを贈る際の「祝儀袋・熨斗(のし)」の書き方について解説します。

【水引き】の結び目は、主に「蝶結び(花結び)」と「結び切り」の2種類あります。

入学祝いで使用するのは、

☞ 「紅白の蝶結び」

蝶結びは何度でも結びなおせることから、「何度あっても良い」という想いが込められており、出産・進学など一般的な祝儀・お礼の際に用いられます。

 

【熨斗(のし)】の表書き(上側)には、

☞ 「入学御祝」「祝御入学」「御入学御祝」など

と書きます。

表書きの上側にはメッセージを入れても構いません。上段というのは思ってる以上に自由なんです。

表書きの下側には、贈り主の氏名を書きます。夫婦連名にする場合は、右側にご主人のフルネームを書き、左側の奥様は名前のみ記載します。

 

【中袋】の表側には、

☞ 漢数字で金額を記入

金額が10,000円なら縦書きで「金一万円」というように。

漢数字は「大字(壱・弐・参・伍・萬)」が正式ですが、現代では普通の漢数字「一・二・三・・・」でも構いません。

裏側には贈る側の住所と氏名を記入します。

お札の入れ方ですが、お札の表側(肖像画が印刷されてる側)と中袋の表側が揃うように入れてください。

 

【祝儀袋の包み方(上包みの折り方)】には注意が必要。

上下の折り方を逆にしてしまうと、通夜や葬式の際に包む不祝儀袋の形になってしまうからです。

祝儀袋の包み方は、袋の上の折り返しに下の折り返しが重なるように。

反対に不祝儀袋は、先に下を折ってから上の折り返しが重なるように折ります。

 

中学校入学祝いを貰ったらお返しはするの?

このようなご祝儀を貰ったとき、気になるのはお返しが必要なのかどうか。

入学祝いというのは、収入のない子供に対して行うお祝いであることから、基本的にはお返しの必要はありません。

 

入学祝いを貰ったときには、まずは本人である子供自身が「お礼」の言葉を相手に伝えることが大切。

  • 子供が電話で「ありがとうございました」と伝えた後、親がお礼状を出す
  • 親のお礼状と一緒に、子供が書いた感謝の手紙を同封する

また、入学式に学校で撮影した写真も同封すると喜ばれますよ。

 

但し、ご家庭の考え方、相手との関係性によっては、お返しをするケースも少なくありません。

内祝いというのは、本来は喜びを分かち合うという考え方なので、お返しが必要だと考える方もいるでしょう。

この場合、熨斗の下段には”子供の名前のみ”書くことが多いです。

 

中学生に成長する姪や甥、お孫さんをお祝いしてあげよう!

中学校に進学する子供への入学祝い。何を贈ればいいのか分からないと悩んでる方は多いと思います。

せっかく贈るなら喜んでもらいたい、又は学校生活の助けになりたいと思ってる方も多いはず。

現金でお祝いする場合は――

  • 孫なら10,000円~50,000円程度
  • 甥・姪なら3,000~10,000円程度
  • 友人の子供なら3,000円~5,000程度

この辺りが目安の金額になります。

また、中学生はまだ義務教育中の年代ですので、お子さん本人に渡すよりも親御さんに渡した方がいいでしょう。

 

品物をプレゼントするなら、

  • 学校生活に役立つ実用的な物
  • 子供の好みに合う物
  • オシャレにも少し気を配った物

を意識したプレゼント選びをするといいですよ。

中学生になるお子さんにとって素敵な思い出になる入学祝いの贈り物ができることをお祈りしています。

参考
【小学校】貰ってうれしい入学祝いの贈り物【関係別の金額相場やマナー】

・小学校の入学祝いっていくら包めばいいの? ・どんな物を贈ればいいのかな? ・相場はいくらだろう? こんな疑問にお答えします。   春、お孫さんや親戚のお子さんが小学校へ入学。 とてもおめで ...

続きを見る

-4月, ギフト・プレゼント
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5