3月

これって脈なし?ホワイトデーにお返しなし【何もしない男の本音は?男性心理とは?】

 

ホワイトデーのお返しがないのは脈なし?お返しがない理由は?

✓ホワイトデーにお返しを貰えなかった・・・脈なし?
✓ホワイトデーにお返しをしない男性の心理は?
✓バレンタインのお返しをくれない理由は?

こんな疑問や悩みを解消します。

 

バレンタインの「アンサーデイ(返答する日)」と言われているホワイトデー。勇気を出して意中の男性に本命チョコを渡した方は、ホワイトデーにどんな反応(お返し)が返ってくるのかとソワソワしているでしょうが…。

——ホワイトデーなのに何もお返しをもらえなかった・・・。

寂しさと同時に「どうして?」「脈なし?」「あなたの気持ちは?」…モヤモヤして余計に相手の気持ちが気になってしまうことも。

 

このページでは、ホワイトデーのお返しをしない男性の本音と心理を、男の立場からお伝えさせていただきます。

ホワイトデーのお返しが無い!?これって脈なし?

バレンタインデーに本命チョコを渡した女性にとって、ホワイトデーは男性の気持ちを知る・探る意味でも大切なイベント。どんなお返しを貰えるかドキドキするでしょうが、そもそもお返しが無い場合も以外とあります。

 

お返しを貰えなかった場合、何より気になるのが「脈なし」なのかどうか?

男の立場からはっきり言わせていただきますと、残念ながらその男性は脈なしの可能性が高いです。

 

「照れてるのかな?」「忘れてるだけかも」…

その可能性もゼロとは言いません。しかし、好意がはっきり伝わる形で本命チョコを渡した場合に限っては、さすがに忘れてるとは考えづらいです。普通は恥ずかしくても何かしらの反応はあるはず。

 

気になる女性に対して無反応は考えづらい

ホワイトデーを面倒だと思ってる男性でも、多くの方はマナーとしてお返しをします。

さらに、男というのはおめでたい生き物。義理チョコに対してすら、「もしかしたら気がある?」なんてアホな勘繰りを始める男も少なくありません。

 

普通に考えて、気になる女性からバレンタインのチョコを貰った男性が無反応なんて考えられますか?お返しをしないなんてありえますか?

好きな女性、気になる女性、興味がある女性なら、ほとんどの男はホワイトデーに何かしらのお返しはします。義理的なお返しすらないのなら、期待薄と言わざるを得ません。

 

ただし、絶対に無いのかと聞かれると、その限りではなかったりします。脈がある場合でもお返しをしない事もあるからです。

ホワイトデーにお返しがない理由は以降で紹介します。

 

脈なしではないかも?ホワイトデーのお返しをしない理由

CASE1:すっかり忘れている

女性はありえないと思われるかもしれませんが、ホワイトデーの存在自体を”すっかり忘れてる”可能性はなくもないです。

 

■ホワイトデー自体の存在感が薄い

日本全体が一色に染まるバレンタインに比べてホワイトデーは存在感が薄いんですよね。メディアでの扱いは控え目、企業の販促も地味な印象です。

イベントとしていまいち盛り上がりに欠けるため、忘れられがちな存在に。男性もホワイトデーを意識する機会が少なく、気づいたら終わっていたなんて事も多いです。バレンタインのおまけくらいにしか思われていないのが原因。

 

他に重要なことを抱えているせいで意識が逸れてる

男性は女性に比べて複数のことを同時に考えるのが苦手。あなたの事がどうでもいいわけではなく、別に重要な事を抱えていて、そのことで頭がいっぱいになっているのかも。

それ以外の事に意識が向かなくなっている可能性も考えられます。

 

CASE2:お返しは準備済み!でも渡しそびれた

CASE1に近い理由ですが、”お返しは準備していたけど渡しそびれてしまった”という可能性も。

先ほども述べたように、ホワイトデーはバレンタインに比べて存在感が薄く、いつの間にか終わっていたというケースは決して少なくありません。当日が土曜日や日曜日だったら尚更。

 

だったら「別の日に渡せばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、遅れて渡すのは「よくない」「かっこ悪い」と考えてしまい、そのまま渡すことなく無かったことにしてしまう人も意外といます

渡しそびれたではかっこ悪いので、忘れたというポーズをとってるのかもしれません。

 

CASE3:お返しが決まらないうちにホワイトデー当日になってしまった

あなたに興味がないのではなく、お返しをどうしようか考えてるうちに当日を迎えてしまった男性もいます。

 

というのも、ホワイトデーには「バレンタイン=チョコレート」のような定番が無いため、何を贈ればいいのか分からない男性って結構多いんです。

特にプレゼント慣れしてない人、女性との交際経験が少ない人だと、経験不足ゆえに頭を抱えがちに。まだ関係が浅く相手の好みが分からない場合は余計に悩みます。おろおろしてる内にホワイトデーを迎えてしまった…という可能性もあるのです。

 

この場合は本当に悪気はないので、できれば怒らないであげてください。

 

CASE4:シャイ!恥ずかしい!

もしかしたら、恥ずかしがり屋の”シャイな男性”なのでは?忘れてるわけではなく、お返しをする気がないわけでもなく、お返しを渡すのがただただ恥ずかしい方なのかも。

この手の男性はあれこれ考えすぎてしまう傾向があり、「何を渡そう」「いつ渡そう」「どうやって渡そう」と悩んでるうちに、結局渡せずホワイトデーが終了。シャイな男性にとっては、”女性に声を掛けてプレゼントを渡す”という行為は非常にハードルが高く、とてつもなく勇気が必要なんです。

 

男性は申し訳ない罪悪感でへこんでいるかも。心の中では「ごめんなさい」とあなたに謝ってるはず。そんな一面も許容できるのであれば、あなたの方から助け舟を出してあげるのも一つの手。

 

CASE5:本命チョコだと気づいてない

これまた残念なお知らせになりますが、バレンタインに贈ったあなたのチョコが「本命だと気づいてない」可能性もあります。

 

本命の相手には気合を入れて高級ブランドチョコを渡すという女性も多いでしょう。

しかし、男性は女性に比べてチョコのブランドに詳しくない人が圧倒的に多いです。「コンビニかスーパーで買ったのかな?」くらいに受け取られている可能性も。義理チョコだと勘違いされているかもしれませんよ。

 

本命だとはっきり伝わる意思表示をしましたか?

 

CASE6:実は付き合ってる彼女がいる

本命チョコに対して何の反応もない理由としては、その男性には既に恋人がいる可能性も考えられます。

「そんな気配は・・・」と思われたとしても、恋人がいることを職場でオープンにしていないケースは決して珍しくありません。聞かれてもいないのに、わざわざ自分から発表することでもないと考えてる人だっているでしょう。

 

誰が見ても義理だと分かるチョコなら別ですが、他の女性に贈り物をするのは「彼女に悪い」と思ってるのかもしれません。

 

まとめ

バレンタインデーに本命チョコレートを渡した女性としては、ホワイトデーにお返しがないとモヤモヤしてしまいますよね。絶対とは言い切れませんが、残念ながら脈なしの可能性が高いです。

 

ただし、脈なしには当てはまらないケースがあるのも事実。忘れていたり、本命だと気づかれてなかったり、何か渡せない理由があるのかも。また、バレンタインを貰い慣れていなくて、お返しをする習慣がない男性も意外と多いんですよね。

 

なので、「ダメかな・・・」と諦めてしまうのは早いかもしれません。それに、一つのきっかけにはなるでしょうが、ホワイトデーが全てではありません。それでも好きなら諦める必要はないですよ。

もし、はっきり気持ちを知りたいのであれば、チョコレートを渡すときにあなたの気持ちも一緒に伝えてみることをおすすめします。

 

ホワイトデーの関連記事は下記にまとめてありますので是非参考にしてください。

ホワイトデーの関連記事まとめ

-3月
-

© 2021 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5