3月 ギフト・プレゼント

脈なし?ホワイトデーにお返しがなかった・・・【お返しをしない男性心理を解説】

ホワイトデーのお返しがないのは脈なし?お返しがない理由は?

バレンタインの”アンサーデイ(返答する日)”とされている【ホワイトデー】。

女性の中には、勇気を出して気になる男性に本命チョコを贈った人もいるはず。ホワイトデーにどんなお返しという名の反応が返ってくるのか気になっているでしょう。

なのに、ソワソワしながら一日待ったけど何もお返しがなかった場合

「脈なし?何とも思ってないのかな?」

とすごく不安になったりへこんでしまいますよね。

もしかしたら何か理由があるのかな?と余計に相手の気持ちが気になってしまう人もいるのでは?

今回は男の立場から、ホワイトデーのお返しがなかったら脈なしなのかどうか、またお返しをしない理由についてお伝えしていきます。

ホワイトデーのお返しナシ!?これは脈なし?

バレンタインに本命チョコを渡した女性が最も気になっているのは、お返しがなかったら”脈ナシ”なのかどうかだと思います。

男の立場ではっきり申し上げますと、その男性は脈なしの可能性大だと思ったほうがいい。

  • 照れてるのかな?
  • 忘れてるだけかもしれない

その可能性も確かにあります。

しかし、好意がはっきり伝わる形で本命チョコを渡した場合に限っては、さすがに忘れてるとは考えにくいですし、普通は恥ずかしくても何かしらの反応は返すもの。

 

ホワイトデーを面倒だと思ってる男性もそれなりにいますが、それでも多くの人は義理に対してすらマナーとしてお返しはします。

さらに言うなら、男というのはおめでたい生き物。

誰が見ても義理だと分かるチョコだとしても、「もしかしたら気があるんじゃ・・・」なんてアホな勘繰りを始める人だっているんです。

 

そんな男が、
自分に気がある女性の本命チョコに一切反応ナシなんてありえますか?

それ以上に、
気がある女性にチョコを貰った男性がホワイトデーのお返しをしないなんてありえますか?

好きな女性、気になる女性、興味がある女性なら、ほとんどの男はホワイトデーに何かしらのお返しはします。

なのに義理的なお返しすらないのなら、残念ながら現時点ではあなたに興味がない可能性の方がはるかに高いと言わざる負えません。

 

ただし、あまり期待を持たせるような事は言わない方がいいのかもしれませんが、1割~2割くらいの割合でこの結論には当てはまらないケースがあることも確か。

そのホワイトデーにお返しがない理由は以下にまとめておきました。

 

ホワイトデーなのにバレンタインのお返しがない理由

理由1:すっかり忘れている

女性はありえないと思われるかもしれませんが、ホワイトデーの存在自体を”すっかり忘れてる”可能性はなくもないです。

日本全体がイベント一色に染まるバレンタインに比べると、ホワイトデーはどうも存在感が薄い。雑誌やテレビなどメディアでの扱いは控え目、企業の販促も地味な印象です。

イベントとしていまいち盛り上がりに欠けるため、忘れられがちな存在に・・・。

そのせいか、当の男性たちもホワイトデーを意識する機会が少なく、気づいたら終わってたなんて場合も多いです。「バレンタインのおまけ」程度の認識しかない人も結構います。

また、他に重要なことを抱えているせいで意識が逸れてる場合も。

男性は女性に比べて複数のことを同時に考えるのが苦手なのです。あなたの事がどうでもいいわけではなく、別の事で頭がいっぱいになってるせいで、それ以外の事に意識が向かなくなってるのかもしれません。

 

理由2:お返しは準備済み!でも渡しそびれてしまった・・・

これは一つ前の”忘れていた”に通じる理由なのですが、”お返しを準備はしていたけど渡しそびれてしまった”というケース。

先ほども述べたように、ホワイトデーはバレンタインに比べて存在感が薄く、いつの間にか終わっていたというケースは決して少なくありません。当日が土曜日や日曜日だったら尚更。

なら、「別の日にでも渡せばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、遅れて渡すのは「よくない」「かっこ悪い」と考えてしまい、そのまま渡すことなく無かったことにしてしまうんです。

渡しそびれたではかっこ悪いので、忘れたというポーズをとってるのかもしれません。

 

理由3:お返しが決まらないうちにホワイトデー当日になってしまった

あなたに興味がないのではなく、お返しをどうしようか考えてるうちに当日を迎えてしまう男性もいます。

バレンタインのチョコレートのように、ホワイトデーといえばコレ!というお菓子ってありませんよね。ホワイトデーに何を贈ればいいのか分からない男性って結構多いんです。

特に普段あまり人にプレゼントする機会がなかったり、女性との交際経験が少ない人、まだ関係が浅く相手の好みが分からない場合など。

そのうちにホワイトデーを迎えてしまった・・・という可能性もあるのです。この場合は本当に悪気はないので、できれば怒らないであげてください。

 

理由4:シャイ!恥ずかしい!

恥ずかしがり屋の”シャイな男性”なのでは?

忘れてるわけではなく、お返しをする気がないわけでもなく、お返しを渡すのが恥ずかしくてできないんです。

この手の男性はあれこれ考えすぎてしまう傾向もあり、何を渡そう、いつ渡そう、どうやって渡そうと悩んでるうちに、結局渡せずホワイトデーが終了。

シャイな男性にとって、”女性に声を掛けて渡す”というのはとてつもなく勇気が必要な行為なんです。チョコをもらって嬉しくても・・・。

この場合、男性は申し訳ない罪悪感でしばらく気分が沈んでるかも。少なくとも、心の中では「ごめんなさい」とあなたに謝ってるはず。

そんな一面も許容できるのであれば、あなたの方から助け舟を出してあげてください。

 

理由5:本命チョコだと気づいてない

もしかしたらですが、バレンタインに贈ったあなたのチョコが本命だと”気づかれてない”可能性もあります。

例え義理チョコにお返しは必要ないと考えてる男性だったとしても、さすがに本命チョコになら何かしらの反応はあるはず。

それすらないということは、そもそも本命だと気づかれてないのかも。

というのも、たとえ気合を入れてブランド物のチョコを贈ったとしても、男性はチョコのブランドに詳しくない人が多いです。

そのため、有名パティシエが手掛けたチョコを「コンビニかスーパーで買ったのかな?」くらいに受け取られてしまい、義理チョコだと勘違いされてる可能性も無きにしも非ず。

思い返してください。本命だとハッキリ伝わる意思表示、好意をアピールはしましたか?

 

理由6:実は付き合ってる彼女がいる

本命チョコに対して何の反応もない理由としては、その男性には既に恋人がいる可能性も考えられます。

「そんな気配は・・・」と思われたとしても、恋人がいることを職場でオープンにしていない男性は珍しくありません。

聞かれてもいないのに、わざわざ自分から発表することでもないと考えてる人だっているでしょう。

これがハッキリ義理だと分かるチョコなら別ですが、他の女性に贈り物をするのは「彼女に悪い」と思ってる可能性は高いです。

 

まとめ

バレンタインで気になる男性に本気のチョコレートを贈った女性としては、ホワイトデーのお返しをしない男性の心理はすごく気になりますよね。

いろんな可能性はありますが、残念ながら脈アリの可能性は極めて低いと思っておいた方がいいです。

ただし、これはバレンタインにどんな物をプレゼントしたのか、どんな贈り方をしたのかによっては、脈なしには当てはまらないケースがあるのも確か。

興味ないんだ・・・と諦めてしまうのは早いかもしれません。

もちろん、脈ナシと判断して次の恋に走り始めるのもあなたの自由。

どちらを選ぶにしろモヤモヤした気持ちはさっさと振り払ってしまい、ここを新たなスタートだと思って、気になる男性をあなたの魅力で振り向かせてしまいましょう。

 

-3月, ギフト・プレゼント
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5