豆知識・ライフハック

飛行機にお気に入りの水筒は持ち込める?国際線と国内線でも制限に違いがある

こんにちは、ワチイツキです。

旅行や出張、遠方での冠婚葬祭に出席するときに、移動手段として「飛行機」を利用することもあると思います。

ただ、飛行機の場合、機内に持ち込む荷物のルールが分からなくて困ってしまうことも。

例えば、スーツケース、バッグ、食べ物、ベビー用品など。そして、「水筒」の機内への持ち込みも悩ましいところ。

日頃から水筒を携帯してる人であれば、マイボトルに好きな飲み物を入れて利用したい人もいることでしょう。

そこで今回は、飛行機に搭乗した際の水筒や飲料の持ち込みについてのルールを解説させていただきます。

国内線なら機内への水筒の持ち込みは可能

まずは国内線の持ち込みについて。

国内線では、水筒を機内へ持ち込むことは可能です。例え中身が入ってる状態だとしても大丈夫。

もちろん係員による検査はあります。

蓋を開けて、係員が匂いなどの簡単の検査をした後、危険物でなければそのまま持込みOKです。

水、お茶、コーヒーなど、基本的には問題なく通過できますのでご安心を。マイボトルにお気に入りの飲み物を入れたり、赤ちゃんのミルク用のお湯を入れて持ち込むこともできます。

ただ、お湯に関しては機内に用意してありますし、キャビンアテンダントさんに頼めば作ってくれることもあります(注:LCCだと有料の場合もある)。

 

アルコール飲料は?

アルコールは持ち込めるのかな?…と気になってる人もおられるでしょう。

個人的には意外でしたけど、アルコール飲料も機内への持ち込み・お預け共に可能です。これはJALでもANAでも変わりません。

ただし、すべてのアルコール飲料がOKなわけではなく、アルコール度数が24%を超え、70%以下のものはお一人様5リットルまで。

※アルコール度数が24%以下なら制限はない。

このルールが守られる範囲でなら、アルーコールを機内に持ち込んでもいいそうです。

 

化粧水や香水は

ちなみに、化粧品や香水、あと医薬品(非放射性のもの)に関しても、機内に持ち込むことは可能。

こちらにも制限があります。化粧水やスプレーなどの化粧品は――

  • 一つの容器あたり0.5kg(550g)または0.5リットル(500ml)以下。
  • お一人さまあたり2kgまたは2リットルまで

これ以上の容量になると持ち込みNGになるので注意してください。550gまたは500mlを超える場合は容器を調達して入れ替えれば、2kgまたは2リットルを超えなければ大丈夫です。

 

国際線は国内線よりも制限が厳しい

次に国際線のケースを解説します。国際線は、制限がゆるめな国内線に比べると、少々ルールが厳しいうえにややこしいです。

まず最初に。

飛行機への荷物の持ち込みについては、国ごとによって基準が違う場合もあります。日本では大丈夫だったとしても、海外での検査では引っかかってしまうケースは珍しくありません。また、持ち込み規制は年々変わることもあるので渡航前には必ず確認するようにしてください。

国際線では、水筒の中身が空っぽの場合は持ち込み・お預け共に可能です。

ただし、中身が入ってるとなると、もしかしたら液体類の機内持ち込み制限に引っかかることがあるのでご注意を。

 

液体類の持ち込み制限

海外旅行で水筒を持参するときに気をつけたいのは、あらゆる液体類・ジェル・エアゾール類などは、100ml以下の容器に入れること

100ml以上になると機内に持ち込めなくなります。100ml以上の容器に100ml以下の液体類でもNG。その場合は預け入れになります。

なので、そもそも水筒に飲み物を入れて機内に持ち込むことはほぼ不可能と言えます。

 

さ・ら・に、液体類を100ml以下の容器に入れたうえで、40cm以内の透明なジッパー付きプラスチック袋に入れておかなければいけないという厳しさ。

飲料類、クリーム類、ジェル、オイル類、香水、スプレー、シャンプー、シェービングフォーム、エアゾール類、歯磨き粉、その他の液体類も含まれています。

袋の数はお一人につき一つまで。自身で事前に用意しておく必要があります。

厳しいように感じるでしょうが、近年の世界情勢を鑑みるとこれくらい厳しくしてもらった方がむしろ安心です。

 

赤ちゃん用のミルクは制限の対象外

でも、100ml以内ではさすがに赤ちゃんのミルクとしては量が全然足りませんよね。これでは困ってしまいます。

でもご安心を。

ベビーミルクやベビーフードの液体物に関しては機内持ち込み制限の対象外です。ジッパー袋に入れておかなくても大丈夫とのこと。

もちろんこの場合は、乳幼児が一緒に搭乗していることが絶対条件です。まあ当然ですよね。

検査の際に担当の係員に提示してください。

航空会社によっては、粉ミルクと哺乳瓶をCAさんに渡せば作ってくれることもあります。なので必ずしもお湯を入れて持ち歩く必要はないのですが、機内が混雑してるとCAさんの対応は難しくなるかもしれません。一応自分でも用意しておくほうが安心です。

 

まとめ

水筒や液体類の機内への持ち込みは、国内線なら問題なく持ち込めるケースが多いのですが、国際線だと厳しい規制が発生します。

国際線は制限がやや複雑かもしれないので、分かりやすくまとめておきます。

国際線への持ち込みのポイント

  • 水筒は空っぽなら持ち込み可能
  • 液体類は100ml以下の容器に入れる
  • 100ml以上の容器に100ml入れて持ち込むことは不可
  • 40cm以内のジッパー付プラスチック袋に収納(一人ひとつまで)
  • ベビーミルク/ベビーフードは制限の対象外

これらのルールをしっかり守る必要があります。

中身が空っぽなら国際線でも持ち込み・預け入れ共に可能なので、旅先で持参した水筒を使用することは可能ですからね。

お気に入りの水筒を探しておくのもいいと思います。

参考記事

上でも述べたように、飛行機への持ち込みは国ごとに基準の違いがあるうえ、年々規制が変わることもあるので、事前にご自身でしっかりチェックしておいてください。

この記事がどなたかのお役に立つことができたなら幸いに思います。

 

-豆知識・ライフハック

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5