11月

知ってた?11月17日は将棋の日【由来・イベント・楽しみ方を紹介】

将棋の日とは|どうして11月17日?

✓将棋の日って?どのように生まれたの?
✓将棋の日はいつ?
✓どんな楽しみ方がある?

こんな疑問を解消します。

 

みなさんは将棋を指して遊んだことありますか?最近は、将棋界に旋風を巻き起こしている天才棋士・藤井聡太さんの活躍もあって、将棋への注目が高まっています。

彼の影響を受けて将棋を始める子も増えていますよね。

そんな将棋には「将棋の日」という記念日があるのをご存知ですか?11月17日に制定されている記念日なのですが、どうしてこの日なのでしょうか?

 

今回は、将棋の日の由来について調べて分かったことをご紹介します。

将棋の日はいつ?その由来は?

11月17日は将棋の日。由来は江戸時代の御前将棋!

POINT

毎年「11月17日」が将棋の日です。

なぜ11月17日が将棋の日なのか?その由来をご説明します。

 

将棋の日は、日本将棋連盟が昭和50年(1975年)に定めた記念日。その由来は古く、江戸時代にまでさかのぼります。

 

きっかけとなったのは、徳川将軍の御前で年1回行われていた対局「御城将棋(おしろしょうぎ)」

将棋好きだった徳川家康は、将棋を幕府公認の技芸(ぎげい)とし、1680年ころから御城将棋を行うようになりました。家康の影響もあって歴代将軍の中には将棋好きの方が多く、第8代将軍・徳川吉宗も趣味としていたそうです。

享保元年(1716年)吉宗公はそれまで不定期に行っていた御城将棋を旧暦11月17日と定め、御前対局を制度化しました。

 

現代の「将棋の日」は、この御城将棋にちなんで11月17日に制定されたのです。

 

将棋の日のイベントは?

将棋の日のイベント

日本将棋連盟は、将棋の日を「将棋の普及とファンとの交流」を目的としており、この日を中心に全国でさまざまな将棋イベントが開催されています。

 

規模がもっとも大きいのは、同連盟が毎年主催している将棋の日イベント。NHKが協力しており、後日にNHK教育テレビジョンで放送されます。

内容は、プロ棋士・女流棋士が参加し、指導対局やプロ同士の公開対局などが行われます。多くの将棋ファンが来場する将棋界最大級のイベントです。

他にも、関西将棋会館も同様にイベントを開催していますので、将棋好きの方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、第一回となる記念のイベントは、当時大相撲の本場所が開催されていた蔵前国技館で行われ、メインは十段戦(竜王戦の前身棋戦)第2局の対局が土俵上で指されたそうです。

 

将棋の日には何をする?

将棋の日は何する?将棋を指す・観る、将棋が題材の漫画やアニメを楽しむ

将棋の日には、せっかくなので将棋に触れてみてはいかがでしょうか。

将棋は老若男女が楽しめる遊戯ですので、試しにルールを学んで実際に指してみるのもいいでしょう。もしかしたらハマってしまうかも?

最近はネット将棋が普及してるおかげで対戦相手もすぐに見つかります。オンラインで気軽に対局を楽しめますよ。

 

その他、将棋を題材にしてる漫画やアニメも豊富。「指すのはまだちょっと・・・」という方でも楽しみ方はいろいろあります。

『3月のライオン』や『将棋めし』など、アニメ・漫画はルールを知らない未経験の方でも意外と楽しめるのが魅力。

参考記事

実際に読んで面白かった将棋漫画を、「面白い将棋漫画のおすすめ5選!」の記事で紹介してますので、よければ参考にしてください。

 

それから、もちろん将棋の日のイベントに参加してみるのもいいでしょう。

冒頭でも述べたように、プロ棋士・藤井聡太さんの活躍によって将棋に興味を持つ子供が増えています。ただ、最初から将棋教室に連れていくのは敷居が高いかもしれませんので、初心者でも楽しんでもらえる工夫をしている将棋イベントはおすすめです。

 

思い思いの形で将棋を楽しもう!

将棋の日は、日本将棋連盟が将棋の普及とファンとの交流を目的として、11月17日に制定した記念日です。

そのルーツを辿ると、江戸時代までさかのぼり、将棋好きだった徳川家康とも関わりがあることが分かりました。

 

将棋は日本を代表する伝統遊戯。特に近年はその注目度が高まっており、子供から大人まで幅広く将棋を始める人が増加中!

同テーマのアニメや漫画作品の人気も高く、馴染みのなかった方でも将棋に触れやすくなっていると思います。

 

せっかくですので、将棋の日をきっかけに、将棋を始めてみてはいかがでしょうか?もしかしたらあなたの趣味になるかもしれませんよ。

-11月
-,

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5