11月

七五三は何歳でお祝いする?【満年齢と数え年どちらが正しいのか】

迷い勝ちな七五三の年齢問題を解決!男の子は?女の子は?満年齢と数え年どっちが正しい?

✓七五三を祝う子供の年齢はいくつ?
✓男の子と女の子で違いはあるの?
✓数え年と満年齢、どっちが正しい?

こんな疑問を解消します。

 

子供の成長を祝い、長寿を願う日本の伝統行事である七五三。子を持つ親にとって、七五三は一大イベントですよね。

しかし、いざ親の立場になると「七五三っていつ祝えばいいんだろう?」…と悩まれてる方も多いのではないでしょうか。

男の子と女の子で祝う年が違ったり、日本には年齢の数え方も2種類あったりと、何かとややこしい・・・。

 

そこで今回は、七五三を祝う年齢や男女別の違い、満年齢と数え年の考え方について分かりやすく解説します。

七五三を祝う年齢、男の子と女の子で違う?

七五三をお祝いする年齢は男の子と女の子とで違う

七五三の行事はその名前の通り、3歳・5歳・7歳の子供を対象とした人生儀礼。

 

これは、「3歳の髪置きの儀」「5歳の袴着(はかまぎ)の儀」「7歳の帯解(おびとき)の儀」を由来としており、明治時代に3つをまとめて七五三と呼ぶようになりました。

古くからの慣わしだと、3歳の髪置(男女)、5歳の袴着(男の子)、7歳の帯解(女の子)。

 

そのため、現代でも七五三を祝う年齢は男の子と女の子で変わります。

POINT

一般的には、

  • 男の子は3歳と5歳
  • 女の子は3歳と7歳

の年齢の子供を対象にお祝いします。

 

しかし、年齢には地域による違いもあり、男の子だと本来の3歳と5歳の計2回行う地域もあれば、5歳しかやらない地域もあります。

女の子は男の子と違い、3歳のお祝いが一般的で、7歳と計2回行うご家庭が多いです。

 

現代の七五三は「数え年」と「満年齢」どちらでもOK!

七五三は「数え年」でも「満年齢」でも、どちらで数えても良い。どちらかと言えば満年齢が現代の主流。

次に、七五三のお祝い年齢を、「数え年」「満年齢」のどちらで考えるか迷う方も多いと思います。

数え年と満年齢

「数え年」は、生まれた年を1歳とし、元日を迎えるごとに1歳年をとる数え方。

「満年齢」は、生まれた年を0歳とし、誕生日を迎えるごとに1歳年をとる数え方。

 

例えば、七五三それぞれのお祝いは、満年齢ならそのまま3歳・5歳・7歳を迎えた年となり、数え年だと以下のようになります。

  • 3歳の七五三・・・数え年3歳(満2歳)
  • 5歳の七五三・・・数え年5歳(満4歳)
  • 7歳の七五三・・・数え年7歳(満6歳)

 

ただ、昔は数え年でお祝いするのが正式でしたが、時代と共に満年齢で行うご家庭が増え、現在ではむしろ満年齢の方が主流。

ですので結論を言うと、七五三のお祝いは「数え年」「満年齢」どちらで行ってもOKです!

 

タイミングはお子様の成長に合わせるのが一番良い

3歳のお祝いの場合、数え年で行うと子供の実年齢は2歳ということになります。

個人差もありますが、この時期の子供は月齢の成長がとても早いので、2歳と3歳では身長から体重まで1年で大きく変わります

 

まだ幼い年頃だと、着物の着付けを怖がらないか、着付けから参拝・写真撮影まで体力が保つか、疲れてぐずってしまわないか…そんな心配が拭えません。

なので、七五三のタイミングは子供の成長に合わせて決めるのが一番です。

 

不安がある場合は、数え年ではなく満年齢の3歳を待ってからお祝いする方がいいでしょう。

もちろん、2歳なら赤ちゃんのようなあどけなさが残っているので、数え年でお祝いする七五三には、その愛らしい姿を写真に残せるというメリットがありますよ。

 

早生まれの子の七五三は?

もう一つの悩ましい問題が「早生まれ」

早生まれとは、1月1日~4月1日の間に生まれた子のことで、学校では1つ上の学年に組み込まれます。

 

早生まれの悩みが、同級生とお祝いのタイミングが1年ズレてしまうこと。

3歳ならまだ成長に合わせて行えばいいでしょうが、5歳・7歳になると「お友達と一緒に七五三をやりたい」という気持ちも出てくるので、中には気にする子もいるかもしれません。

 

この場合は、現在だと七五三は満年齢で行うケースが増えているので、早生まれの子は5歳・7歳のお祝いは数え年で行えば、同級生のお友達と一緒に七五三を祝えます。

 

七五三のお参りはいつ行くのが正解?

お祝いする年齢がわかったところで、次に決めるのはお参りの時期。

古式にのっとるのであれば、七五三の正式な日にちは「11月15日」です。この日に、氏神様や大きな神社を参拝して子供の成長を祝い願います。

 

実際には、前後の週末にお参りに行く方が多く、やはりこの時期は神社も混雑します。

混雑してる場合、慣れない着物での移動が一層大変になったり、ご祈祷を希望する場合は予約してないと長時間待たされたり、最悪断られてしまうことも・・・。

 

なので、混雑を避けたいのでしたら、10月~12月の期間内で都合の良い日、且つ吉日で調整するのがオススメ。

また、参拝する神社に、ご祈祷を受け付けているか(希望する場合)、予約が必要か、駐車場の有無など、事前に問い合わせて確認しておきましょう。衣装レンタル・写真撮影も考えていのなら、なるべく早めに抑えておいた方がいいです。

1、2ヶ月の長い期間があるとしても、「祝日+吉日」はやはり人気で混雑しやすいですから。

 

参考記事

七五三のお参り時期については、「はじめての七五三!意味や由来は?【年齢ごとの意味やいつ何するかを解説】」で、もっと詳しく解説しています。

 

七五三は家庭ごとのちょうど良いタイミングでお祝いしよう

七五三をお祝いする年齢は、男の子と女の子で違ったり、満年齢と数え年の2つの考え方があったり、早生まれの子もいたりと、少しややこしいから迷ってしまいますよね。

 

ですが、七五三は伝統的な行事であっても、現在は昔ほど厳密なルールはないのでご安心してください。

  • 一般的には、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳
  • でも、1回しかやらないご家庭も多い
  • 年齢は、「数え年」と「満年齢」どちらでもOK
  • 兄弟・姉妹でタイミングを合わせるケースもある
  • お参りの時期は、10月~12月の間で都合の良い日

家庭ごとにちょうどいいタイミングは違いますので、子供の成長、家族の状況に合わせて調整してください。

 

ただ、この時期は神社・写真館・衣装レンタルなどは、七五三関連で混雑が予想できますので、準備は早めに取り掛かった方がいいですよ。

子供の成長の節目となる行事ですので、事前準備を整えて、素敵な想い出になる七五三のお祝いにしてくださいね。

-11月
-

© 2020 ゆるタメ生活 Powered by AFFINGER5